最近、コロナ禍で疲れたなぁ。家にばかりいて「ステイホーム」で飽きた
そんなあなたへのオススメ商品

コロナ解消グッズ9選

冬の一人暮らし部屋の快適室内温度はどれくらいがベストか?

コーヒーカップ 冬の部屋暖房対策

こんばんは、さしはらタラコです。
一人暮らし歴、約25年。
そんな経験から、一人暮らしの悩みや便利なことをご紹介していきます!

 一人暮らしのみなさん、冬の部屋の温度は何度にしてますか?

 そこで今回は、冬の部屋の温度と暖房調整について考えてみます。

 

 

この記事の対象者

部屋と椅子

 この記事の対象者は一人暮らしの人を対象としています。また、地域としては関東圏を対象としています。

 ただし、対象から外れている人でも参考にできることがあれば参考にしてください。

 

 -PR-

 

東京でも冬は寒い

冬の東京

 関東圏に住んでいるんだけど、それでも冬になるとやっぱり寒い。 東京でも、寒いときは零度近くになる。当然、部屋も寒い。

冬の時期、ある一定温度を部屋で保って健康管理には注意したいものです。

 

 

冬の部屋の快適温度は?

指さし少女

 部屋を暖め過ぎると暖房代がかかってしまう。しかし、部屋の温度が低くても体調が悪くなってしまう。

なかなか冬の部屋の温度調節は難しいものです。

 

一般に冬の快適温度は18~22度と言われています。私の場合は部屋の温度を20度前後に保つようにしています。

 

ネットで調べた結果、多くの人が冬の部屋の快適温度は20度くらいがよいと言ってました

 

 スポンサーリンク

ダイニチ:石油ファンヒーター(Sタイプ)(ライトシルバー)/FW-3221S-S
ダイニチ:石油ファンヒーター(Sタイプ)(ライトシルバー)/FW-3221S-S

 

結論/冬の部屋の快適温度は20度がベスト

結論

 個人的な冬の時期の部屋の快適温度ですが、20度がベストです。これが僕の結論です。

この根拠はというと、長年の一人暮らしの経験からです。そこから算出しました。

部屋を暖かくし過ぎても費用がかかる。また、寒すぎても風邪をひいたりして体調が悪くなる。

そんなことから、冬の部屋の快適温度は20度で落ち着きました。

冬の一人暮らし部屋の温度は20度がベストです。 これからもう少し詳細を話していきます。

 

 スポンサーリンク

コイズミ ヒーター シーズヒーター 電気ストーブ 200~800W オフタイマー付き 自動首振り シルバー KSS-0811/S
●シーズヒーター搭載 ●W数強弱を簡単ダイヤル調節 ●首振り機能/オフタイマー/5時間自動オフ ●仕様 ・消費電力:800W ・電力切換:200W~800W/切 ・コード長:約1.8m ・タイマー:1/2/3時間 ・自動オフタイマー:5時間 ・首振り:○ ・二重安全転倒スイッチ:○ ・本体サイズ:約310(W)×310...

 

冬の室内温度の温度調整方法

暖炉

 冬の一人暮らし部屋を20度にキープする温度調整方法についてご説明します。あくまでこれは私個人の部屋温度の調整方法となります。

 

部屋室内温度 調整方法
10度以下 ファンヒーターとカーボンヒーターを同時につけ部屋を一気に暖める
10~17度 ファンヒーターとカーボンヒーターをつけ部屋を暖める。または、ファンヒーターだけ、カーボンヒーターだけにして部屋を暖める
18~21度 カーボンヒーターをつけたり消したりしながら、部屋の温度が20度前後になるようキープする

※ 昔はカーボンヒーターを使っていました。今は最新の電気ヒーターを使っています。カーボンヒーターは電気ヒーターに置き換えてください。

 

今の時代、カーボンヒーターより電気ヒーターの方が便利です

 

 スポンサーリンク

アラジン 電気ヒーター 遠赤グラファイトヒーター グリーン CAH-G42GB-G
大型ガード搭載で防滴仕様 ■〔グラファイトヒーター〕 航空・宇宙開発に欠かせない高分子フィルム(※ポリイミド)をグラファイト結晶化した素材です。この素材を利用した グラファイトヒーターは高熱伝達性を実現し、立ち上がりが速く、暖かいヒーターです。 ■〔大型ガード〕 フォルムは可愛さだけでなく、機能性を兼ね備えております。...

 

 ファンヒーターや電気ヒーターをこまめに、つけたり消したりすることにより、灯油が長持ちします。そして、暖房費の節約になります。

僕の場合は、このようにして部屋の温度をキープしています。冬の部屋の温度は20度前後が適度かと思います。

 

ファンヒーターと電気ヒーター併用のおすすめ理由

鉛筆少年

 なぜ、ファンヒーターと電気ヒーターの併用がよいのかというとズバリ、灯油を使う量が減るからです。

 それイコール、灯油をガソリンスタンドに買いに行く回数が減るからです。 なので、ファンヒーターと電気ヒーターの併用はおすすめです。

 スポンサーリンク

Sea the Stars 暖炉型ファンヒーター 暖炉型ストーブ 2段階切替 電気暖炉 マイクロストーブ 暖炉 (ブラック)
【商品詳細】 本体サイズ:(約)幅36.5×奥23.5×高42cm カラー/ 黒 白 本体重量:(約)4.3kg 電源:AC100V 50/60Hz 消費電力:弱 600W、強 1200W コード長:(約)1.5m 安全装置:過昇防止機能、転倒時自動電源OFF機能 セット内容:本体、脚部品×4本、固定ネジ×12本、取扱...

 

自分の体験では以下でした。

ファンヒーターのみ使用:
 → 灯油を2週間に1回購入

ファンヒーターと電気ヒーターの併用:
 → 灯油を3週間に1回購入

 

一人暮らしの人は、ガソリンスタンドに灯油を買いに行く回数を減らしたいので、ファンヒーターと電気ヒーターの併用がおすすめです

 

寒い部屋の悪害

部屋

 10度以下の寒い部屋で、毛布にくるまり我慢したことがありました。そのとき、風邪を引いて体調を悪くしてしまいました。

そういった経験から、部屋の温度は最低でも15度以上にしたほうがよいです。

 

また、一般に基礎体温が1度下がると免疫力が30%ダウンすると言われています。

風邪対策としても部屋を適度に暖め、基礎体温が下がらないようにしたほうがよいです。

 

 -PR-

 

冬の一人暮らし部屋の快適温度のまとめ

冬の一人暮らしの部屋温度についてまとめるとこうなります。

 

・部屋の温度は20度前後をキープする
・暖房器具のスイッチをこまめにつけたり消したりして、暖房費を節約する
・基礎体温が下がると風邪を引きやすいので、部屋を暖かくして基礎体温が下がらないようにする

 

冬の一人暮らし部屋は、適度な暖かさを保ち体調管理に気をつけましましょう。

 

 

まとめ

 一人暮らしの冬の部屋の快適温度は20度がよいと思います。自分の経験からはそうなりました。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい