あーあ、最近、コロナ鍋で疲れたなぁ。家にばかりいて「ステイホーム」で飽きてきたなぁ~
そんなあなたへのオススメ商品
(鍋じゃなくて禍 [わざわい] だから・・)

コロナ解消グッズ9選

夏の扇風機コードの「ねじれ」をなくす!~オリジナルの解消案

扇風機 生活課題

こんばんは、さしはらタラコです。
一人暮らし歴、約25年。
そんな経験から、一人暮らしの悩みや便利なことをご紹介していきます!

 

 扇風機コードのねじれは夏の風物詩。そして、なんとなくイラっとする・・。そこで今回は、扇風機コードのねじれをなるべくなくすアイデアについてご紹介します。

 

 

夏によくある扇風機の光景

 夏の扇風機は必需品。そして、コンセントを差し込んだまま、部屋のあちこちに扇風機を持ち歩いていると扇風機のコードがねじれる。

 

■扇風機コードのねじれ

 

 扇風機コードのねじれも夏の風物詩といえば風物詩。
 でもこの光景、よくありがちですが、ちょっと腹が立つし、ちょっとイラっときます。

 

-PR-

 

 

扇風機コードのねじれを戻すのが面倒

悩む外人(中年)

 小さいことが気になる僕(シケポン)。

そんな僕としては、扇風機コードの「ねじれ」が気になります。この扇風機コードのねじれを戻すのに、コードを逆回転させて戻すと時間がかかりイラっとします。

 

本当に扇風機コードがグルングルンにねじれて、コードを逆回転させて、ねじれを取るのは苦労するし、腹が立つ

 

小さい男だ

 

 スポンサーリンク

 

 また、時間をかけて扇風機コードのねじれを直したにもかかわらず、またすぐ、扇風機を使っているとコードがねじれてしまうのもイラっとします。

 

イラっ

 

 いつも、毎年夏の生活課題でしたが、困っていました。

 

 

扇風機コードのねじれはよくない

 基本的に扇風機コードのねじれはよくありません。断線や変な負荷による、コードからの発火などあり得ます。そして、困るし、気になります。

 

■扇風機コードのねじれ

 

 

 なるべく、家(部屋)のあちこちにコードをつないだまま扇風機を持ち歩いても、扇風機コードがねじれない方法はないかなと思いました。

 

はてな

 

 

扇風機コードのねじれ解消の簡単な結論

ハクビシン

 ここで、扇風機コードねじれ解消の簡単な結論を言います。

通常の扇風機に取り付けてあるコードは使わず、ねじれにくい延長コードを使えば、扇風機コードのねじれ問題は、そこそこ解決できます。

これが僕の結論です。

 

 スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

 

これから、その詳細について説明していきます。

 

 

よくありがちな扇風機コードねじれの解消法

 僕も扇風機コードのねじれ解消法を簡単に考えてみたのですが、この方の意見が一般的かなと思いました。

 

参考記事
 → 電気コードのネジレ解消(扇風機の場合)

 

 この方の意見と同様に、僕も以下を考えてみました。

・透明ビニール管を使用してみる
・断面積がひょうたん型のコードに1本コードを足して三角形にしてみる

 

 「透明ビニール管」のアイデアも考えたのですが、何となく面倒くさそうで、効果が薄そうと感じたのでパス。

 次に、断面積がひょうたん型のコードに1本コードを足して三角形にすれば、ねじれにくいと考えました。

 

■断面積のイメージ図(ひょうたん型)

断面01

■断面積のイメージ図(三角型)

断面02

 

なので、この案、実際にやってみました。

 

 

三角形コードのアイデア失敗

 実際に、扇風機コードの断面積をひょうたん型から、コードを一つ足し三角形にしてみました。

 これで扇風機を使用してみたのですが、コードねじれの問題は解決できませんでした。三角形にしても、コードがねじれてしまいました。

 

ねじれ2

 

このアイデア、失敗でした。

 

 

再度コードがねじれにくいアイデアを考える

芸術家

 また、扇風機コードがねじれにくくなる方法を考えなおしました。

まず思ったのが・・

 

「扇風機についているコード自体がねじれやすいコードなので、これをいろいろやってもムダじゃねぇ。ダメなんじゃない?。」

と思いました。

 

 発想を変えて、コンセント(差込口)から扇風機までのコード区間をねじれにくい素材のコードに変えれば、コードのねじれは解消できるんじゃないかなと思いました。

 

■通常の扇風機コードのイメージ図

コードイメージ01

 

■ねじれにくいコードを使用したイメージ図

イメージ3

 

 差込口と扇風機の間の区間のコードを「ねじれにくいコードを使えばいいじゃん!」という結論に至りました。

 

 

ねじれにくいコードって何?

はてな女性

 だいたい、通常取り付けてある扇風機コードは2mくらい。代替のねじれにくいコードも2mでよいと思いました。

 そして、ねじれにくいコードを考えてみました。自分、部屋で2mの4個口の延長コードを使っています。

 

 スポンサーリンク

 

 延長コードって、普段使っていて「ねじれにくいな」と思っていました。

そこで何となくひらめきました。

 

「扇風機とコンセントの間を1個口の2mの延長コードを使用すれば、扇風機を部屋のあっちこっちに持っていっても、コードがねじれにくく使いやすいんじゃないかな?」

と思いました。

 

なので実際にトライしてみました。

 

■購入した延長コードの写真

延長コード1

 

 

扇風機に延長コードを使用するやり方

天井の扇風機

 扇風機に延長コードを使用するやり方について説明します。

 

① 扇風機に取り付けてある、ねじれやすいコードを扇風機の台の空間に巻き付ける。

■イメージ画像(巻き付けイメージ)

巻き付け1

 

これ僕のアイデアです

 

要は、扇風機に取り付けてある2mくらいのコードを扇風機の台の空間に押し込んじゃえということです

 

■イメージ画像(コードすっきりイメージ)

扇風機2

 

② コンセントと扇風機の区間を延長コードに変更する

延長コード2

 

③ これで完了

 

 

延長コードの感想/なかなかよい

 実際にコンセントと扇風機の区間のコードを延長コードに変えてみました。

延長コード3

 部屋のあちこちに扇風機を持ち歩いても、コードがねじれにくくなりました。

 

 

good男性

 

 

延長コード使用のメリット

 扇風機とコンセント区間を延長コードに変更したメリットは以下です。

・コードがねじれにくくなる
・どの扇風機にもこのアイデアが使える

 

 扇風機は国産の安い扇風機で十分。かつ、部屋のあちこちに扇風機を持ち歩いてもコードがねじれにくい方法はと思っていました。

 これらを満たせるので、この僕のアイデアはメリットが大きいと考えます。

 

 

延長コード使用のデメリット

 扇風機とコンセント区間を延長コードに変更したデメリットは以下です。

・延長コード代がかかる

 

 今ある家の扇風機に、新たに延長コードが必要です。そのため、新たな延長コード代がかかります。しかし、500円程度でコードのねじれが解消できるなら安いと考えます。

 特にこのアイデアのデメリットはないと考えます。

 

 

延長コードでもやっぱりねじれる。しかし・・

 この記事を書いたときは、延長コードを使い始めたときでした。しばらく使っていると、延長コードも写真のようにねじれが発生してしまいました。

 

■延長コードのねじれ

ねじれ3

 

しかし、延長コードの方が標準でついているコードよりも、ねじれにくいと感じました。

また、ねじれを戻すときも標準でついているコードよりも、延長コードの方が簡単にねじれが直せると思いました。

 

アイデア、および、使いやすさについては延長コードの方がよいと感じました。

 

 

おすすめとしては1個口の延長コード

 扇風機に取り付けてあるコードは2mくらいです。延長コードも2mがよいと思います。

また用途は、扇風機コードのねじれ防止なので1個口のタップで十分と考えます。製品をピックアップしておきます。

 

 スポンサーリンク

 

 

備考1/コードレス扇風機という手もありかな

 ちょっと扇風機の価格は高いけど、コードねじれをお金で解決したい。そのような人は、「コードレス扇風機」というのもありかなと思います。

 

これ、僕ずいぶん悩みました

 

 スポンサーリンク

 

 だいたい、コードがあるからねじれが気になる。ならコードレスの扇風機があるならコードレスがいいんじゃないかなと思いました。

 なぜなら、コードがなければねじれを心配する必要がないからです。

 

 お金がある方は、コードレス扇風機、一案かなと僕は思います。

 

 

まとめ

 毎年夏に安い扇風機を部屋で使う。そうするとコードがグルングルンにねじれる。これイラっとするし、逆回転させてねじれを直すのも時間がかかってイラっとしてました。

 そこで、部屋の中で扇風機を持ち歩いてもコードがねじれにくくなる方法はないかなと思いました。

 

そこで、コンセントと扇風機の区間を延長コードに変更するアイデアを思いつきました。このアイデアにより、コードがねじれにくくなりました。生活が快適になり満足しています。

 僕と同じように、扇風機コードねじれで不満を感じている人の参考になればと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい