毎月のクレジット払いで口座にお金がない、引き落としができない!すぐ支払えないときの対処法~僕の体験記

水上タクシー 体験して学んだ知識

 クレジットカードの毎月の支払い日(引き落とし日)に、口座にお金がなく引き落としができない。かつ、お金がなく、即座に口座への入金もできない・・。困った・・。僕はそんな体験をしました。そこで、こういうときの対処法について考えてみます。

 

 

クレジットの支払い日に口座にお金がなく引き落としができない

悩む外人

 ふと気がつくと、クレジットの支払い日に、口座にお金がなく、引き落としができないことに気づきました。

 お金があれば、口座に、すぐお金を入金すればよいと思うのですが、このとき、お金がなく、即座に口座にお金を入金できず困りました。

 

 

 -PR-

 

 

僕のクレジットカード口座引き落としの体験記

 僕は、毎月のクレジットカードの支払日に、口座にお金がなく引き落としができない。

また、すぐにお金を入金して補充することができない経験をしました。

 

 なので、この体験を書き残しておきます。僕と同じ体験をした方の参考になればと思います。

 

 

体験記前に読んでほしい記事

 毎月のクレジットカードの支払いで口座にお金がなく、かつ補充するお金もない。即座に対応できず困りました。

そして、今回こういう経験は初めてだったので、どういう風に対処すればよいか、わからず困りました。

 

 そんなときに、情報を仕入れようとネット検索していたら、この記事を見つけて、たいへん参考になりました。

この記事、たいへん参考になるので、読者の方は、必ず読んでください。そして、この記事に従い、まず対応してください。

 

参考記事
 → クレジットカード代金の引き落とし日に、残高不足を起こしてしまった時の対処法まとめ!支払遅延を起こしたらどうなるのかも併せて解説。

 

 クレジットカードの知識が、まったくなく対処に困っていたのですが、この記事のおかげで助かりました。

また、勉強にもなり知識にもなりました。ありがとうございます。 m(_ _)m 

 

 

結論としては・・

 口座に預金残高がまったくなく、クレジットの引き落とし(支払い)ができない。かつ、手持ちにお金がなく、すぐに、お金の補充ができない。

 そんなときは、すぐクレジットカードの問い合わせセンターに電話をかけ、正直に相談するのが一番です。

 

 そして、クレジットカード会社の人に言われた指示に従うのが一番です。僕の場合は、相談して、給料日に引き落とししてもらうことにしました。

 これが僕の結論です。まず、電話をかけ相談する。そして、指示に従い対処するのが一番です。

 

 

僕の口座引き落としケース

 僕のケースなのですが、クレジットカードでお買い物をする。

そうすると翌月、前月にクレジットカードで使った、前月分の請求がきて、口座から引き落として支払う。

 

 このケースとします。いたって一般のケースを対象とします。

 

 

僕の今回の状況ケース

 いちおう、毎月のクレジットカード支払いを気にしていて、毎月の支払いを抑えるようにしています。

普段はクレジットカードの支払いを2万円程度にするようにしています。

 

 ですがこのときは、携帯会社の切り替えを2ヶ月前にしました。携帯会社からの説明もあり、一括でお金がかかることは知っていました。

それが2ヶ月後に急にやってきました。そして、金欠状態でした。普段2万円の支払いが、一時的に4万円になりました。

 

状況ケースとしては、こんな感じです。

 

「このくらいのお金、すぐ支払えよ!貧乏人!」と言われれば、それまでなんですが・・

 

 

僕のクレジットカード会社の参考例

 今回対象とするクレジットカード会社、カード種別は以下です。この事例で話を進めていきます。

 

クレジットカード会社: JCB
カード種別:      SEVEN CARD plus
毎月の引き落とし日:  10日

 

僕と違うカード会社の場合、若干、ルールが違うところもあると思います。そういうときは、読者で調整してください。

 

 

ちなみにですが、ど忘れの場合

 ちなみになんですが、ど忘れで、たまたま口座にお金がなかった。

そんな場合は、お金を口座に補充して入金すれば、すぐ対応できます。(当たり前の話ですが・・)

 

 理由としては、未済の場合、クレジットカード会社の引き落とし請求が、1日1回、毎回されるからです。

(オペレータとの話の中で月末(30日)まで、1日1回引き落としの請求がくるそうです)

 

 

ここからクレジットカード支払いの対処体験のお話し

 これから、お金が一時的にちょっとなく、毎月のクレジットカードの支払いができなかった、口座にお金がなかった。

かつ、補充するお金がなかった僕のクレジットカードの体験を時系列でお話ししていきます。

 

雰囲気をつかんでいただけたらと思います。

 

 

体験記1/ 口座にお金がなく未済と知る

 ことの発端は、1本のスマホにきたメールからでした。

銀行の決済メールはたまにくるのですが、このメールを見て、見慣れない文字がありました。それは「未済」という文字でした。

 

イメージ1

 

 「未済」とは支払いができないこと? はじめは何が支払いができない、引き落としができないのだろうと思いました。

 ただ、10日ころだったので、「クレジットカードの支払いが口座にお金がなく、引き落としができないのだろう」と気づきました。

 

 なんとなくピンときました。

 家に帰って、ネットで口座確認したら、やはり、口座の残高不足で引き落としができないのがわかりました。

 

 このとき、お金がなくどうしようと思いました。

 

 

体験記2/ あるお金を口座に入金する

 とりあえず、あるだけのお金をクレジットの引き落とし口座に入金しました。正確には、別口座からの資金移動なんだけど・・

 そんなやりくりをして、クレジットの引き落とし額に若干足りないのですが、入金しました。

 

 でも、しばらく経って口座を確認しても、引き落としされていませんでした。「クレジットの引き落とし額の、満足な口座残高がない困った」と思いました。

 「そして、すぐお金を支払えないからブラックリストに載るのかな」と思いました。クレジット会社から信用なくすのかなと思いました。不安でした。

 

 

体験記3/ クレジット未済についてネットで調べる

 すぐにクレジットの請求額を払えないと、どうなるか不安でした。また、払いたくても、すぐにお金がないので、どうしようと思いました。

 

 このまま、ほっといて何日も払わないと、ブラックリストに載るのかも不安でした。

そこで、口座に預金残高がほとんどなく、すぐにお金を作れず、毎月のクレジットの支払いができない場合の対処法はどうすればよいか、ネット検索してみました。

 

 

体験記4/ ネット上での助言と実行

 先ほどもお話ししましたが、ネット検索してよい記事を見つけました。

 

参考記事
 → クレジットカード代金の引き落とし日に、残高不足を起こしてしまった時の対処法まとめ!支払遅延を起こしたらどうなるのかも併せて解説。

 

 この記事によると、友だちとのお金の貸し借りのように、信頼を失わないためには、すぐに正直に話すのが一番。

そのほうが、信用が失われないということなので、すぐ、クレジットカード会社に電話をかけて相談する、今の状況を正直に話すことにしました。

 

 

体験記5/ クレジットカード会社との話し合い

 クレジットカード会社の問い合わせ窓口に電話をかけ、今の状況を説明し、正直に話しました。相談しました。

 

 そうしたら・・

 

card会社:「今すぐに払える状況ではないのですね。わかりました」
card会社:「給料日が25日で、そのとき、お支払いできるということなので、そのときお支払いください」
card会社:「25日の18時に引き落としがかかるので、そのときまでに入金は済ましておいてください」
card会社:「毎日、引き落とし請求をするのですが、25日までは止めておきます」
card会社:「あと、未済の期間はクレジットカードの使用はできません。ご了承ください」

 

と言われました。

 

この話の結論としては・・

 毎月10日ころにくる、クレジットカードの引き落としが残高不足で引き落とせない。そして、お金がない。

 ならば、25日が給料日で、そのときなら、お支払いができる。それならば25日までは待ちます。

ただし、未済期間はクレジットカードの使用はできません。ということでした。

 

 

体験記6/ このときの会話で知ったこと(分割払いについて)

 参考になった記事の中で、「相談すれば分割払いもできる。してもらえる」ような趣旨の記述がありました。

 なので、このクレジットカード会社と相談したときに、分割払いが、できないか相談してみました。

 

 回答としては、「もう確定してしまったものなので、分割にすることはできません。一括でお支払いください」と言われました。

 

 確かに、過去に確定していることなので、分割払いはできないとのことです。

記事の内容と、ここは違っていたので、注意してください。また、勉強にもなりました。

基本的に、確定したものは分割払いは、できないと覚えておいたほうがよいです。

 

 

体験記7/ 未済期間はクレジットカードを使わなかった

 未済期間はクレジットカードは使用できないとのことなので、未済期間は、クレジットカードは使用しませんでした。参考までに。

 

 

体験記8/ 給料日に支払い確認をする

 いちおう、クレジットカード会社との取り決めで、25日に支払うということになりました。

そして、25日になり、ネットバンキングで口座の引き落とし確認をしてみました。

 

 見てみたら、25日に引き落としされていませんでした。「あれ何で?」と思いました。

また、翌日にも確認してみましたが、引き落としされていませんでした。「何で」と思いました。

 

不安になったので、またクレジットカード会社に電話してみました。

 

 

体験記9/ クレジットカードに再度電話して最終確認をする

 クレジットカード会社に電話している最中に、ネットバンキングの明細表を詳しく見ていました。

そうしたら、僕が口座にお金がないのに気づいて、あるだけのお金を補充した日に引き落としがかかっていました。

 

銀行のカードローン口座があるのですが、そこからも何とか、補充できて、何とか支払えたようです。

「でも25日まで、引き落とし止めてもらったはずなのになぜ?」と思いました。そこで、確認してみました。

 

 

僕:「25日まで引き落としを止めてもらった、はずなのに、なんで引き落としがかかっているんですか?」
card会社:「毎日の引き落としを自動化しているので止めることはできません。毎日の引き落としは必ずかかってしまいます」
card会社:「担当者の説明不足か間違ったのだと思います。説明不足で申し訳ありませんでした」
(前の担当者は、25日まで待つということを言いたかったと思います。別に僕は気にしませんが)
(あと毎日の引き落とし請求は、必ずかかるということを知りました)

僕:「それでは引き落とし(支払い)は済んでいるので、問題ないのですね」
card会社:「問題ありません」

 

支払いについては、お金を補充した日に、支払い(引き落とし)は済んでおり、問題はありませんでした。

ついでに、1日2回目の引き落とし時間について聞いてみました。

 

card会社:「当社については、当日2回目の引き落とし請求時間は18時におこなわれます。ただし、ほかの会社は15時に引き落としがかかるところもあります」

 

と言われました。

 

僕はJCBなのですが、JCBは18時に当日2回目の引き落としがかかるそうです。

他のクレジットカード会社は15時に2回目の引き落としがかかるそうです。会社により2回目の引き落とし時間は異なるそうです。

 

支払いが済んでいることは確認できたし、僕のちょっとした疑問も解決したので電話を切りました。

特に問題なく、解決していました。

 

 -PR-

 

 

前からの謎?クレジットの引き落としはなぜ10日なのか?

はてな

 前から、クレジットカード会社の毎月の支払いが「なぜ10日なの?」と気になっていました。でも理由がわかりました。

 残高不足などで未済を考慮したときに、10日に請求し、もし支払えなければ、給料日の25日に支払ってもらうようにするために、

クレジットカード会社の支払いは10日なんだなと思いました。

 

■説明図

イメージ2

 

 

ブラックリストにのる人達は・・

 ブラックリストは、ちょっと払えないくらいなら大丈夫なようです。

(決してよいことではありませんが)

 

ブラックリストになる人達は、クレジットカード会社に余程のことしている人がなるみたいです。

今回の経験を通じて、そう思いました。

 

 

未済のときのおさらい

 残高不足でクレジットカード請求の支払いができない。かつ、手持ちのお金もなく、すぐお金を用意できない。そんなときの対処法をまとめてみます。

 

① アクション(電話する)

 とにかく、クレジットカード会社の窓口に電話する。そして、今の状況を正直に話して相談することが大事です。

 普通の大手クレジットカード会社なら、鬼ではありません。こちらの状況を把握しながら相談に乗ってくれ、アドバイスしてくれます。

 

 また、すぐに連絡すれば、信用になるので、すぐブラックリストになるということは、ありません。相談が一番です。

 

(大手ではない、クレジットカード会社の場合、どういう対処になるかは、知りませんけど・・)

 

 

② 給料日のときに支払う

 お金がないときは仕方ありません。クレジットカード会社と相談して、給料日に支払うのがよいと考えます。(給料日25日が前提ですが・・)

(たまたまは仕方ないとしても、毎回は考えものだと思います)

 

 

今回の件で勉強になったこと

 今回の件で勉強になったところを箇条書きでまとめてみます。

 

・未済のときは、毎日必ず支払い請求(引き落とし請求)がくる
・カード会社に連絡して、2回目の引き落とし請求がくる時間は各会社によって違う
 (JCBは18時、他の会社は15時が一般的)
・未済の分割払いはできない

 

 

まとめ

 今回、はじめて残高不足でクレジットカード会社からの引き落としができませんでした。そして、すぐに補充するお金がなくて困りました。

 そこで、クレジットカード会社と相談して、何とか対処しました。そして、この経験を通じて、いろいろ勉強になりました。

 

僕の経験が、僕と同様な状況の人の参考になればと思います。

 

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい