白い腕時計ベルトの効率的な洗い方と汚れ取りの説明

腕時計 生活課題

 白い腕時計のゴムベルトは、どう洗えばよいかわからない・・。そんな人も多いはず。そこで今回は、白い腕時計のゴムベルトを効率よく洗う方法について、ご紹介します。

 

 

白い腕時計はオシャレだけど手入れがたいへん

 白い腕時計は、色がいいアクセントになりオシャレです。しかし、白いがゆえに汚れが目立ってしまいます。なかなか白さをキープするのは大変です。

 白という色のため、黄ばんだり、黒ずんだり、汚れが目立ってしまいがちです。

 

 スポンサーリンク

 

 

白い腕時計のゴムベルトはどう洗うの?

箱とカギ

 白い腕時計のゴムベルトの白さをキープするには、酸素系漂白剤で薄めた水に、ゴムベルトを浸しておくのが一番です。

 これが、白いゴムベルトを洗うとき、いちばん効果的です。黄ばみや黒ずみも取れます。

 

僕がいろいろ試した中で、この汚れ落としが一番、効果的でした

 

 

関連記事

 

・白い腕時計ゴムベルトの具体的な黄ばみの落とし方

 

 

 -PR-

 

 

一つ注意点

 一つ注意点として、安価な腕時計を対象とします。高額な腕時計は対象としません。悪しからず。

(ゴムベルトの掃除方法は説明しますが、自己責任でお願いします。一切責任は持ちません)

 

ちなみに僕のは、2000円くらいの安い時計です

 

 

ゴムベルトだけ洗うのがよい

 白い腕時計の、白いゴムベルトを掃除するときは、本体とベルトを取り外して、ゴムベルトだけ洗うのがベターです。

 ゴムベルトを取り外したり、取り付けたりするのは、多少、面倒くさいですが、面倒くさがらず、ベルトと時計本体は取り外して掃除しましょう。

 

では、さっそく、ベルトを取り外しての、ベルト掃除方法についてご説明します。

 

 

具体的な腕時計ベルトの掃除方法

 これから、白い腕時計ゴムベルトの掃除方法について、一例をご紹介します。参考にしてください。

 

イメージ1

 

① 腕時計の本体とベルトを取り外す。

 

1-1 ベルトはバネ状のバネ棒で止められています。バネ棒を細い工具で押し込むと、バネ棒が縮まりベルトが取れます。

イメージ2

 

1-2 繊細なボルトのネジを回す、精密ドライバーのマイナスドライバーを使うと比較的、簡単にバネ棒を縮めてベルトを取ることができます。

 

 スポンサーリンク

 

こういう奴ね

 

僕個人としては、腕時計のバネ棒を縮めるとき、精密ドライバーのマイナスドライバーを使うのがオススメです。代用できます。

 

専用工具を持っていれば、それを使えばいいけど・・

 

 

1-3 腕時計のバネ棒の仕組みが、わからない人は、この記事を一読するとよいです。

参考記事
 → 時計のバンド交換方法(バネ棒)

 

 

② 酸素系漂白剤を薄めた水を用意する

 

 スポンサーリンク

 

イメージ3

イメージ4

(容器は、家にあるものか、100円ショップでタッパを購入すれば十分かな・・)

 

③ 酸素系漂白剤を薄めた水にベルトを浸す

イメージ5

(つけ置きは、2~3日で十分と思います)

 

④ つけ置き後、メラミンスポンジでベルトをこすって汚れを落とす

(つけ置きだけよりも、さらに黄ばみや黒ずみが落ちます)

ただ、ベルトがすり減るので注意してね

 

 

⑤ 掃除し終わったベルトをはめなおす

(ベルト外しの反対の要領でやれば、ベルトを取り付けられます)

イメージ1

 

⑥ ベルト掃除の完了です。

 

 

感想

 個人的な感想ですが、このベルト掃除方法が安全で効率的と考えます。

 

まあ、僕の時計は2000円程度なので、失敗してもあまり気にしないけど・・

 

Gショックなどの高額時計などは、納得してから掃除してください。なお、責任は持ちません

 

 スポンサーリンク

 

 

まとめ

 白い腕時計の白いゴムベルトを効率的に掃除したい。そう思い、個人的に腕時計の掃除手順をまとめてみました。

この記事を読んだ人の参考になればと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい