駅で音鉄とマイク棒を目撃してプロを感じた瞬間

ゆふいんと電車 日常の雑記

 先日、ローカルな駅で初めて音鉄を見ました。そのプロフェッショナルな動きを見て感動を覚えました。そこで今回は、そんな日常の一コマを語ってみます。

 

ローカル駅での一コマ

 先日、週末にハイキングサークルのハイキング企画がありました。このハイキングサークルは、ハイキングとなる最寄り駅が集合場所となります。

 

 そのため、中央線のローカルな駅が集合場所となったので、その駅に、朝早く行きました。

集合時間まで、ちょっと時間があったので、時間つぶしに、プラットホームのベンチに座っていました。そんなときに、初めて音鉄をみました。

 

 -PR-

 

 

なんだこの人?

 ローカルな駅で、集合時間まで時間があったので、プラットホームのベンチに座り時間つぶしをしていました。

 

■ローカル駅

ローカル駅

 

 そんなとき、背中ごしに上りの電車がきました。何気なく周りを見渡してみる。そのとき、奇妙な人を発見しました。

 先端にマイクが付いている棒を持った人が、駅の天井にあるスピーカーにマイクを当てて、じっとしてる。

 

■イメージイラスト

音鉄

 「なんだろう。この人は?」

 

 初めは地味な服装をしていて、おもむろにたたずんでいたので、「スピーカーの整備をする業者の人かな?」と思いました。

 駅のスピーカーの調子が悪くて、マイクをスピーカーに当てて、検査でもしているのかなと思いました。

 

 でも、なんかおかしい。地味な格好はしているけど、よく見ると私服でした。そこで、業者の人ではないと思いました。

 でも、動きや仕草がプロっぽい。そして、やけに落ち着いている。この人は、なんなんだろうと思いました。

 

 雰囲気は、テレビの屋外ロケの撮影スタッフの中にいる、マイクのついた棒を持っている、音声スタッフみたいでした。

 

■音声スタッフ

スタッフ

 

 

プロってる

 この奇妙な人、仕草が落ち着いているし、機材もしっかりしていたので、何かのプロだなと思いました。

 黒い棒の先端には、ごっついマイクが付いている。そして、そのマイクの先端には、なぜかスポンジが付いている。

 

片手に自撮り棒みたいな棒を持ち、反対の手には、ICレコーダーみたいなのを持って操作しているみたい。でも、その行動は落ち着いている。

このときは、どういう人かわかりませんでした。(まあ後で音鉄と知ったのですが・・)

 

音鉄と言ってもピンとこない人がいると思います。そこで、音鉄の雰囲気がわかる、とてもいい写真があります。これ見てください。

 

参考画像 → 音鉄

 

(このブログに写真掲載したかったけど、禁止みたいなので・・)

これで、実際の音鉄の雰囲気がわかってもらえればと思います。僕が見た人もこんな感じでした。

(初めて見ると、「なんだこの人は?」とびっくりするよ)

 

 スポンサーリンク

 

 

いつの間にか消えていた

 上りの電車が、背中ごしに停車しているとき、妙な人がいるなと思いました。でも気にせず、また正面を向いてボーとしていました。

上りの電車が出発してから、しばらくして、また、周りを見回してみました。そうしたら、さっきまでいた奇妙な人が消えていました。

 

「あれ?いつの間にか、いなくなっちゃたなぁ」と思いました。素早い行動でした。(上りの電車に乗ったのかな?)

 

 

飲み会で正体が判明

 ハイキングをした後、メンバーで飲み会になりました。そのとき、数人、この奇妙な人を目撃している人がいました。

そこで、この人の話題になり、あの人は音鉄だったことがわかりました。

 

 

音鉄とは・・(自分の解釈)

 鉄道マニアで「撮り鉄」は有名です。鉄道や電車の写真を撮る人を「撮り鉄」と言います。僕もそれくらいなら知っています。

 鉄道マニアでも、電車のブレーキ音や、発車メロディー、車内アナウスなどの鉄道に関する音のマニアがいます。

 

これを「音鉄」と呼ぶそうです。そして鉄道マニアには、いろいろな分類があるそうです。

(この件で、鉄道マニアを深く調べてみて、いろいろな分類があるのを初めて知りました)

 

 

音鉄といえば中川家礼二

 なんとなく、鉄道マニアで音鉄といえば、漫才師の中川家礼二を思い出します。あの人、よく車内アナウスの物まねをやっているような気がします。

 ただ、発車メロディーのああいう音鉄は、初めてみました。

 

 -PR-

 

音鉄を一般人が深く掘り下げてみる

 ああいう、マニアックな音鉄を初めて見ました。そして、初めて音鉄マニアを知りました。せっかくなので一般人が音鉄について、もう少し深く掘り下げてみたいと思います。

 

音鉄の3点アイテム

 音鉄の鉄板アイテムといえば、この3点だそうです。

 ・マイク
 ・一脚
 ・ICレコーダー

 

■3つアイテム

 

 スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

 

 

 うーん、一般人の僕は知りませんでした。勉強になりました。

 

参考記事
 → 音鉄用ニューフェイスのご紹介
 → 【音鉄】機材の紹介 ( 鉄道、列車 ) – 妙典の東武線撮影記

 

 

マイクにスポンジ

 僕がスピーカーの音をとっている音鉄を見ていて、不思議に思ったことがありました。それは「何でマイクにスポンジが付いているのだろう?」と思いました。

 ネットで調べたら、風の音を拾うのを防止するために、マイクにスポンジをつけているそうです。へーえ、そうなんだ。音鉄は芸が細かい!。

 

 スポンサーリンク

 

あの棒は何?

 駅のホームにいた音鉄を見ていてもう一つ、気になることがありました。それは、マイクをつけた伸び縮みする棒は、なんていうのかなと思いました。

 また、ネットで調べてみたら、あの伸び縮みする棒は、一脚というそうです。

 

カメラの台に使う三脚は知っていましたが、一本しかないものを一脚というんだ、ということを初めて知りました。

勉強になりました。一本の伸び縮みする棒を一脚というんだ。へーえ。

 

 スポンサーリンク

 

 あと余談ですが、あの棒は「自撮り棒」ではないそうです。プロの音鉄は強度の高い一脚を使うそうです。「自撮り棒」では強度が弱いそうです。

 

 

音鉄の気持ちがわかる動画

 音鉄を調べていたら、参考になる動画を見つけました。これ試しに見てください。なんとなく音鉄の気持ちが分かります。

 

参考動画
 → 音鉄ならだれでも1回は味わったことがあるであろう屈辱 – YouTube

 

 

まとめ

 たまたま、ローカルな駅で、発車メロディーを収音する音鉄を初めて見ました。その落ち着いていて、慣れた手つきに、ちょっぴり感動を覚えました。

 この記事が、一般人で音鉄マニアを知らない人の参考にでもなればと思います。

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい