風邪で寝込んだとき家にあるもので簡単におでこを冷やすアイデア

和室の布団 生活の知恵

(階層カテゴリ:生活の知恵/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 19/02/09   更新日 19/02/09

 

和室の布団

 

 風邪で寝込んだとき、なぜか、おでこを必ず冷やしたくなります。そこで今回は、家にあるもので、簡単におでこを冷やす方法についてご紹介します。

 

目次【本記事の内容】

 

 

風邪でよくある寝込んだときの課題

 風邪で熱があり体調が悪い。そんなときは寝て安静にする。そんな、寝込んでいるときは額(おでこ)に冷たいものをのせて体の熱を下げたいものです。

 しかし、そんなときに限って額(おでこ)にのせて冷やすものがなく困ります。

 

 

 -PR-

 

 

風邪で寝込んだときの定番

 風邪で熱があり寝込んだ。そんなとき、おでこに冷たいものを当てて寝るのは定番です。

 自分は、普段はしませんが風邪をひいて熱があり、寝込んだときだけ額(おでこ)に冷たいものを当てて寝たくなります。

 

こうすると気分的に安心します。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

はじめに結論

 今回は、はじめに結論をいいます。風邪で寝込んでいるときに、簡単におでこを冷やしたい・・。

そんなときは、どこの家にでもある、レジ袋とタオルを利用すれば簡単におでこを効率的に冷やせます。これが今回の結論です。

 

これから、レジ袋とタオルを使った簡単な氷嚢(ひょうのう)の作り方や、このアイデアのきっかけ、

そして、風邪のときの簡単な知識など、いろいろ交えながら説明していきます。

 

■レジ袋とタオル

タオルとレジ袋

 

 

アイデア1/ オススメの簡易氷嚢の作り方

 僕がオススメする簡易氷嚢の作り方をご説明します。みなさんも試してみてください。

 

 

① タオルを水で濡らす
 (タオルの濡れ加減はご自分で調整してください)

濡れタオル

 

 

② 濡れたタオルをレジ袋に入れる

簡易氷嚢1

 

 

③ ②のタオルを入れたレジ袋をさらにレジ袋に入れる。

 

 

④ 簡易氷嚢の完成

簡易氷嚢2b

 

 

アイデア2/ 敷布団を濡らさない方法

 簡易氷嚢に続いて、敷布団を濡らさな方法についてご説明します。

 

① 頭部分の敷布団の上にレジャーマットをひく

 

■イメージ画像

マット1

マット2

 

こうしておくと、簡易氷嚢から水がこぼれても、敷布団を水で濡らさないで済みます。オススメです。

風邪で寝込んで、おでこを冷やしたいとき、アイデア1,2をすると、とても便利です。

 

 

 スポンサーリンク

 

このアイデアを思いついたきっかけのお話し

 これ以降から、このアイデアを思いついたきっかけをお話ししていきます。まあ、苦労話です。(そんなに苦労したか?)

 

 

僕のおでこ冷やしの失敗例

 年数回、風邪をひき寝込む。そんなとき、おでこを冷やしながら寝たい・・。

そこで僕がよくやるのが、タオルを水で濡らし、濡らした冷たいタオルをそのまま額(おでこ)にのせることです。

 

 これをやると、そこそこ、おでこがひんやりして気持ちいいのですが問題もあります。

それは、水がしたたり落ちることです。

 

当たり前ですが直接、濡れたタオルをおでこにのせているので、水がだんだんとしたたり落ちます。

そして、その水が枕や敷布団を濡らして困ります。

 

 いつも、風邪で寝込んだとき、よくやる失敗なのですが、これを何とかしたいと思っていました。

 

 

アイスノンの不満

 おでこを簡単に冷やしたい・・。そう考えてよく思いつくのが、アイスノンです。

僕も何回かベルト式のアイスノンを使て、おでこを冷やしたことがあります。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 便利といえば便利なのですが、個人的に不満も感じます。

 それは、アイスノンは壊れやすいことです。アイスノンの中身はジェルです。

 

アイスノンは何回か使っていると壊れやすく、どこかに穴があき、アイスノンのジェルが飛び出します。

 このジェルが使っているときに、顔につくとイラっときます。

 

年に数回しか使わないのにアイスノンがすぐ壊れるのもランニングコスト的にどうかなとも思います。

 あとアイスノンを冷凍庫で凍らし、いざ使うときも、カチンコチンで固く使いにくいのも不満です。

 

 

使いたいときだけ簡単に使いたい

 おでこを冷やしたい・・。でも、アイスノンは不満がある・・。水で濡らしたタオルを直接、おでこに置くと水がしたたり落ちるので使いにくい・・。

 もっと簡単で柔軟、そして効率的なおでこを冷やす方法はないかと思いました。

 

あと、家にあるもので簡単に、おでこを冷やしたいときだけ簡易的な氷嚢を作って、用が済めば、また元に戻せるものがよいと思いました。

 

 

簡易氷嚢のアイデアが浮かぶ

 冬の季節に風邪をひき、熱が出て寝込んでいました。そして、いつものように濡らしたタオルを直接、おでこに当て、おでこを冷やしていました。

 案の定、水がしたたり落ち、枕がずぶ濡れ。そして、敷布団も濡れてしまいました。「また、やっちゃったな」と思いました。

 

■寝込む絵

寝込む画像

 

 そんなとき、ふと思いました。

 

「この水で濡らした冷たいタオルをレジ袋に入れちゃえばいいんじゃない?」

「そうすれば、氷嚢みたいになって便利なんじゃない?」

「それに、濡れたタオルをレジ袋に入れるので、水がしたたり落ちてこないんじゃない?」と思いました。

 

 実際に風邪で寝込んでいるときに、アイデアが思いつきました。

 

 

簡易氷嚢アイデアの実行と感想

 風邪で寝込んでいて、調子が悪いときに、すぐひらめいた、このアイデアを実際にやってみました。

まず、タオルを水で濡らす。そして、その濡らしたタオルをレジ袋に入れる。レジ袋に入れたタオルをおでこに当てて寝てみる。

 

これ実際にやってみましたが、「なかなかいいじゃん!」と思いました。

 

 冷凍庫で凍らせたアイスノンをすぐ使おうとした場合、カチンコチンで使いにくい。

その点、水で濡らしたタオルをレジ袋に入れて、おでこに当てても、形が柔軟に変わる。おでこにフィットして使いやすい。

 

 また、レジ袋にタオルを入れているので水がしたたり落ちてこない。枕や敷布団も濡れにくくなりました。

 このアイデア、「なかなかやるな、俺」と思いました。自画自賛しました。

 

 

さらに進化させたアイデア

 風邪で寝込んでいるときに、さらによいアイデアが浮かびました。レジ袋が一重だと隙間から水が若干こぼれてくる。

なら、レジ袋を二重にすれば、水がレジ袋から出てこなくなるんじゃないかと思いました。

 

 そして、どうしても若干、レジ袋から水がこぼれてくる。

それなら、頭付近の敷布団にレジャーマットを当てれば、水がこぼれても敷布団が濡れないで済むんじゃないと思いました。

 

枕が多少、濡れるのはあきらめました。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 風邪で寝込んでいるときに、このアイデアが浮かんだのでやってみました。感想としてはたいへん満足しました。

 

 レジ袋を二重にすることにより、水がほとんどこぼれなくなりました。レジ袋が一重のときより安心して簡易氷嚢が使えるようになりました。

また、頭部分の敷布団の上にレジャーマットをひくことにより、水が漏れても敷布団が濡れることがなくなりました。

 

 このアイデア、実際に試してみて「おおー、グッド」と思いました。

 

 

顔面の打撲などにも使える

 このアイデアの応用として、顔面を打撲したときなどにも使えます。これも便利です。

 

 

タオル2枚使用

 これは、僕が風邪をひいたときによくやる方法です。それは、水で濡らしたタオルを2枚用意することです。

 1枚はもちろん、おでこの上に当てる。そしてもう一枚は、冷凍庫で凍らせておく。

 

おでこにのせていたタオルがぬるくなったら、冷凍庫に入れてあるタオルと交換する。

そしてぬるくなったタオルは軽く絞り、冷凍庫で凍らす。

 

冷凍庫のタオルは凍っていて固いので、おでこの上にのせるときは、水に濡らして少しタオルをふやかす。

 

 これを何度も繰り返せば、常に冷たいタオルで、おでこを冷やすことができます。

ちょっとしたアイデアですが、僕が、いつも風邪で寝込んだときに、している方法なのでオススメです。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

使用後は簡単に元に戻せる

 簡易氷嚢で使った、濡れタオルとレジ袋なのですが、使用後は簡単に元に戻せます。

濡れタオルは洗濯すればそれでおしまい。レジ袋も普段はゴミ袋に使っているので、簡単にゴミ袋になります。

 

 おでこを冷やしたいときは、タオルとレジ袋で簡単に簡易氷嚢として使えて、使用後はまた、簡単に元に戻せます。お金もかからないし便利です。

 

 

風邪の予備知識

 前にテレビで「風邪をひいたときは首にネギを巻いて寝るとよい」というのを見ました。

これをやってみると本当に効果があります。個人的に風邪をひいたときオススメです。知らない人は試してみてください。

 

また、まとめ記事があるので、参考にどうぞ。

 

 

[関連記事]
 → 風邪の対処法1 首にネギを巻く

 

 

まとめ

 いつも風邪で寝込んでいるとき、「家にあるもので簡単に氷嚢みたいなのを作れないかな」と思っていました。

 そこで風邪で熱があり、寝込んでいるときに今回、説明したアイデアが浮かびました。

 

レジ袋と水で濡らしたタオルで簡易氷嚢を作り、寝込んでいるときに実際に使ってみました。とても便利でした。

 このアイデアが、風邪で熱が出て寝込んでいて、簡単におでこを冷やしたい人の参考になればと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい