【生活課題】耳鼻科で花粉症の薬だけを待たずに処方してもらう方法

(階層カテゴリ:生活課題/全般 )
●おすすめ度:80%
投稿日 19/01/08   更新日 19/01/08

花粉対策

 花粉症の人にとって、毎年、2~4月はつらい季節。処方薬がないとやってられません。そこで今回は、比較的、待たずに、耳鼻科で花粉症の薬を処方してもらう方法について、考えてみます。

目次【本記事の内容】

この記事の対象者

 この記事は、花粉症の人で、花粉症の薬は、耳鼻科で処方された薬を使っている人を対象とします。

また、スギ花粉のピーク時期の、耳鼻科の大混雑を避けたい人、改善策を知りたい人を対象とします。

 -PR-

タイトルの説明

 この記事のタイトルですが、ちょっと説明が足りないところがあります。

正確には、耳鼻科で診察して花粉症の処方せ んをもらう方法です。そう、とらえてもらえればと思います。

花粉症の人にとって薬がないと死活問題

 花粉症の人にとって、2~3月は年中行事です。この時期、いろいろな対策をとってスギ花粉をしのぐしかありません。

自分もこの季節になると、花粉用のメガネをかけたり、マスクをしたりしています。

そして、もちろん花粉症の薬も飲みます。花粉症の人にとっては嫌な季節で、この時期、花粉症の薬がないと死活問題です。

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

毎年の課題

 花粉症の人の毎年の課題として、2月くらいからスギ花粉がひどくなる。

そして、それに反応して、2月に耳鼻科の病院に行く。そうすると、耳鼻科の病院は、患者さんで大混雑。

診察まで、2~3時間待ちになる。それ以上のときも。耳鼻科の病院で、処方せんをもらい薬局で薬をもらう。

そんなことをしていると、スギ花粉のピーク時、2~3月は、花粉症の薬を手にするまで4,5時間かかるなんてことはざらです。

花粉症の薬をもらうだけなのに、こんなに時間がかかるのは、いつも苦痛でしたし課題でした。

そして、これを何とかしたいと思っていました。

 スポンサーリンク

今回は早めに結論/待たずに処方してもらう方法

 今回は、この問題の結論を早めにお話しします。スギ花粉のピーク時に、耳鼻科を訪れるから、大混雑に遭遇する。そして長時間待ちに堪えないといけない・・。

 ならちょっと発想を変えて、「耳鼻科のピーク時じゃないときに、行けばいいんじゃない」と思いました。

そうすれば、あの大混雑の中で長時間待ちをせず、花粉症の処方せんをもらえるのではないかと、ひらめきました。

 要するに、花粉症のピークは2,3月なので、そのちょっと前の1月に花粉症の処方せんを耳鼻科でもらえば、あの大混雑は、避けられるのではないかと考えました。

またさらに、1月、しかも年の明けた1月上旬から中旬あたりに、花粉症の処方せんをもらいに行けば、大混雑を避けられるのではないかと考えました。

これが、僕の耳鼻科の大混雑、長時間待ちを回避するための結論です。

「年が明けたら、すぐに耳鼻科に行き花粉症の処方せんをもらう」ことを習慣づければよいと考えました。

1月に処方してもらった感想

 今年の1月(2019年)、そう考えたので実行しました。「正月三が日」の次の週、1月上旬に耳鼻科に行き、花粉症の処方せんをもらいに行きました。

 感想としては、2月よりは混雑していないのですが、1月上旬でも耳鼻科は、意外に混んでいました。このときは、約1時間待ちでした。

 僕の感想としては、「1月上旬でも耳鼻科はけっこう混んでいるんだな」という印象を受けました。

また、「多少、混んではいたけど花粉症のピーク時の2,3月に比べれば患者さんはまだ少ないな」と思いました。

そして、「1時間待ちなら、まだ、許せるかな」と思いました。

 自分の読みは正解で、ある程度の待ち時間で、花粉症の処方せんを耳鼻科で診察して、もらうことができました。

まあ、僕の大混雑の回避策としては正解だったかなと思っています。

あと花粉症の薬についてなんですが、花粉症のピーク時の少し前の1月に薬をもらい、花粉症ピークの2,3月に2ヶ月分の薬を飲もうと考えています。

 こうすれば、診察1回と2ヶ月分の花粉症薬で、1シーズン乗り切れると考えています。

僕個人の実行と感想では、「1月上旬に耳鼻科に行き処方せんをもらう」は正解と考えています。

待ち時間も、長時間待ちや大混雑を避けられたのでよかったです。

 -PR-

僕の結論/1年行事

 花粉症の人は、一般的に2,3月が花粉症のピークです。そして、この時期の花粉症対策は毎年の行事です。花粉症の人は、避けて通れません。

 そして、耳鼻科の大混雑、診察までの長時間待ちも年中行事です。でも、これは避けれるものなら避けたいです。

 そんなことから、僕の結論として、「これからは1月上旬に、耳鼻科に行き、そんなに混んでいないときに花粉症の薬の処方せんをもらう」と決めました。

これが僕個人の結論です。そして、このことを習慣づけようと思いました。そうすれば、耳鼻科での大混雑を避けられると思いました。

要するに、「耳鼻科で受診して処方せんをもらうなら、時期をずらせよ!」ということが言いたいです。

スギ花粉と人間心理の行動パターン

 わかりやすく、スギ花粉と人間心理の行動パターンをグラフにしてみます。

通常はこんな感じでしょうか。

グラフ1
 オレンジ線: スギ花粉の度合い
 赤丸:    一般的に、耳鼻科で診察する時期

これを、スギ花粉を、まだ意識しない1月にするのがよいと思いました。

グラフ2
 青丸:    耳鼻科の大混雑をさけて診察する時期

個人的には、1月下旬当たりから花粉症を意識しだすので、その前がよいかと考えます。

ちなみに、こうすると患者さんも、お医者さんも混雑が分散できて、よいかと思います。

また、患者さんとお医者さんのお互いにとって、win-winの関係を築けると考えます。

薬は2ヶ月分もらう

 処方される花粉症の薬なのですが、一般的には2ヶ月分が最大です。これは薬事法などで決められています。

花粉症が長い人は、2ヶ月分、処方してもらっていると思います。僕は、耳鼻科に行くといつも2ヶ月分、処方してもらっています。

お医者さんと信頼関係を築き、2ヶ月分のお薬をもらいたいものです。

そうすれば、うまくスギ花粉のピーク時に、服用を合わせて1シーズン、2ヶ月分の薬で乗り切れます。

これ、僕のオススメです。

通説的には耳鼻科で処方してもらうのがよいという

 通説的に花粉症のお薬は、「耳鼻科で処方してもらうのがよい」と言われています。

自分も、その通説を耳にして、耳鼻科での処方薬を服用するようになりました。実際に、効き目もよいです。

お薬もヒスタミン系でしっかりしています。一般人で深い薬の知識はないけど。

花粉症のお薬で、お悩みの人は、耳鼻科の処方薬をオススメします。

インターネット予約できる耳鼻科は便利

 余談話なのですが、うちの近所の耳鼻科は、インターネット予約ができる耳鼻科です。

インターネット予約は、たいへん便利です。待ち時間を、病院以外で時間をつぶすことができます。

自分の場合、インターネット予約で受診の予約を取り、待ち時間の間、家で雑用をして、受付番号が近づいてきたら病院に行き、診察するようにしています。

時間を有効に使えます。今の時代、インターネット予約ができる耳鼻科の病院、とてもオススメです。

まとめ

 毎年1回、花粉症の時期になると、耳鼻科での、長時間待ちの診察は苦痛でした。ちょっとした生活課題でした。

これを毎年、改善したいと思っていました。

そこで、耳鼻科での受診時期を前倒しするアイデアが浮かびました。実際にやってみて、個人的には満足しています。

この記事が、花粉症のピーク時の、耳鼻科での長時間待ちを回避する参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告