夏はやっぱりカルピス!7倍希釈しておいしく飲むアイデア

(階層カテゴリ:生活の知恵/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/09/23   更新日 18/09/29
 
 
 夏といえばやっぱりカルピス。なぜか飲みたくなります。夏の風物詩です。そこで今回は、カルピスを手軽でおいしく飲む方法についてご紹介します。
 

夏とカルピス

 夏以外の季節はそれなりなんだけど、夏になるとなぜか、カルピスが無性に飲みたくなります。あの白く、乳酸菌の味がした絶妙な飲み物が飲みたくなります。

カルピスとは、不思議な飲み物です。

 -PR-

子供のころの味

 今では、自販機でもカルピスが売っています。ですが、僕が子供のころは、自販機でカルピスが売っておらず、原液を割って飲んでいました。

(まあ、40年くらい前のはなしですがね)

 そうですね、僕が子供のころは原液が茶色いビンに入っていた記憶があります。家庭の味でした。

なんとなく、カルピスを飲むと子供のころを思い出します。

今では・・

 今では進化し、カルピスの希釈用液体は、紙パック、または、ペットボトルで販売しています。

便利になりました。昔は原液と言っていたけど、今では希釈というんですね。

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

子供のころからのカルピスの悩み

 カルピスはおいしいのだけど、子供のころからカルピスについての悩みがありました。

それは、説明どおりに希釈すると、カルピスが僕にとって濃すぎて、なんか喉に引っかかるのが悩みでした。

なんか喉に違和感があるのが悩みでした。

ちょっと濃いカルピスを飲むと、「ンガ、ング」と言いたくなります。

(お前はサザエさんか)(笑)

 スポンサーリンク

喉に引っかかる

 僕は濃いカルピスを飲むと喉に引っかかるような気がします。違和感を感じます。これは僕の喉が細いから?

 原因はよくわかりません。個人的なものでしょうか?よくわかりません。

90年代のカルピス

 1990年代の初頭にカルピスが再ブームしました。このときは、自販機でもカルピスが売られるようになりました。

味もけっこう薄められさわやかで、このときのカルピスは、のど越しもさわやかで飲みやすくなりました。「ンガ、ング」もなくなりました。

乳酸菌のメリット

 カルピスといえば乳酸菌飲料であり乳酸菌。そこで乳酸菌の効果について調べてみました。主にこんな感じです。

・整腸作用
・免疫作用
・便秘解消
・ダイエット効果
・コレステロール減少
・花粉症・アトピー性皮膚炎の緩和
 など

乳酸菌はよいことばかりですね。

参考になった記事をリンクしておきます。

[関連記事]
 → 乳酸菌の効果・効能は?自分に合った乳酸菌と摂取方法果

通常の希釈だとちょっと濃い

 今のカルピスは通常、希釈用のカルピスを買うと「5倍にうすめて」となっています。これで飲んでみるのですが、僕にはちょっと濃く感じます。

そして喉にちょっとカルピスが引っかかるような気がします。

 僕の場合は、100mlのカルピスを400mlの水で薄めて、500mlにして飲んでいました。これだと僕には、ちょっと濃いように感じました。

■5倍希釈

希釈のアイデア

 そこで、「ンガ、ング」がなくなる方法はないかな? と思うようになりました。

そして思いついたのが・・・

「別に5倍の希釈じゃなくてもいいじゃん。もっと薄めてもいいんじゃないの?」とアイデアがひらめきました。

 別に希釈を5倍と決めつけるのではなく、それ以上、薄めてもいいんじゃないかと思いました。

また、5倍以上薄めれば、カルピスも薄まり飲みやすくなるんじゃないかと思いました。そこで、カルピスを5倍以上に薄めて飲んでみることにしました。

「ンガ、ング」がなくなって飲みやすくなった

 希釈用のカルピスを5倍以上に薄めて飲んでみました。感想としては、薄くてさわやかになり飲みやすくなりました。

「ンガ、ング」もなくなり、おいしくカルピスが飲めるようになりました。

 -PR-

どのくらい薄めるのがベスト?

 薄いのがよいといっても、薄すぎると白い水を飲んでいるようになる。濃すぎても「ンガ、ング」となる。

 そこで、個人的にどのくらいの希釈がよいのか試してみました。僕の場合、6~7倍で希釈するのがベターでした。このくらいがちょうどよい希釈でした。

大雑把に希釈用のカルピスを500mlと想定して、希釈を考えてみます。

■カルピス液と希釈の対比表

希釈を5倍以上にするとお得

 希釈を5倍以上にすると、より多くのカルピス水が作れます。お得です。ただし、薄めすぎには注意です。(希釈用カルピスを500mlと想定します)

■希釈とカルピス水容量

言いたいこと

 一般の説明どおりの希釈で、カルピスが濃いと感じる方は、もっと薄めてみることをオススメします。そうすると飲みやすくなります。

また、5倍上に希釈すると作れるカルピス水が多くなり、お得です。こういう、お得なアイデアもありますよということが言いたいです。

まとめ

 僕は希釈したカルピス水が濃いと「ンガ、ング」となります。そこで、もっと飲みやすい方法はないかと考えこのアイデアを思いつきました。

生活の知恵として参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告