一人暮らしの知恵!夏に自宅でゴキブリとなるべく遭遇しない方法

(階層カテゴリ:一人暮らしの知恵/全般 )
●おすすめ度:80%
投稿日 18/08/25   更新日 18/09/15
 
 
 毎年、夏になり怖いことといえば、自宅でゴキブリに遭遇することです。怖いです。恐怖を感じます。そこで今回は、夏に一人暮らしの自宅でなるべく、ゴキブリに遭遇しない方法について考えてみます。
 

夏の季語

 ゴキブリといえば夏。夏といえばゴキブリ。ゴキブリは夏の季語ですし、昔から夏といえば、ゴキブリは当たり前です。

あの黒い物体を見ると怖いです。そして、自宅で遭遇すると厄介です。

 -PR-

ゴキブリ怖い、そして格闘

 一人暮らしのシケポンです。夏といえばゴキブリ。そして当たり前ですが、今まで何回も自宅でゴキブリと遭遇し、格闘したことがあります。

ゴキブリを見つけてからの、あの緊張感と恐怖感といったら、たまったものではありません。「ひぇ~」と思います。

ゴキブリを自宅で見つけると、すぐさまゴキブリ用の殺虫剤と、ハエたたきを手に取り、ゴキブリと格闘します。

 スポンサーリンク

ただでさえ夏で暑いのに、それにプラス、変な緊張感、そして、嫌な汗にはまいります。そして、いつも格闘の末、ゴキブリを何とか仕留めます。

仕留めるといっても、ゴキブリが隠れていそうな部分に殺虫剤を噴射して、ゴキブリが死ぬのを待つだけですが・・。

ゴキブリも必死なので、いろいろなところを逃げ回ります。これ、ゴキブリがウロチョロするので怖いです。本当、ゴキブリ怖えよ。

■ゴキブリのイラスト

 (リアルな画像は無理)

 いやー、ネット検索でゴキブリのイラストを探したら、リアルな画像が・・
おえー、ダメだ~。見てらんない。

ゴキブリの後始末

 ゴキブリとの格闘の末、ゴキブリが死ぬ。そして、ゴキブリを処理しないといけません。そんなときは、僕はハエたたきを使います。

ハエたたき、ピンセットみたいなのがついているので、それでゴキブリを取り、網にのせ、外に捨てます。

まあいちおう、いろいろなことに使えるので、ハエたたき、一人暮らしの家に常備しておいたほうが無難です。

 スポンサーリンク

なるべく格闘は避けたい

 平和主義者な僕。なるべくならゴキブリとの格闘は避けたいです。

そこで、ゴキブリが家にいない方法はないかな?、そして、なるべく家でゴキブリに合わない方法はないかなと思うようになりました。

夏のトイレ

 僕は、自宅では、トイレが汚れないように座りションをして用を足します。大きいのも、もちろん座ってします。なのでトイレをするときは、必ず座ります。

参考記事
 → トイレ掃除を手短にしたい人にオススメの「男の座りション」

 夏のトイレは暑苦しいです。そして僕は想像豊か。座って用を足してるときに、便座の裏からゴキブリが出てきたらどうしよう、そんなことあったら怖えなぁと思います。

 でも不思議なことに、今までトイレでゴキブリに一度も遭遇したことがありません。

トイレにゴキブリがいそうな気もしますが、トイレでゴキブリを見かけたことは一度もありませんでした。

ちょっと考えてみる

 トイレにゴキブリはいない・・。でも、台所や居間の物陰などにはゴキブリがいることがある。これは、なぜだろう?と思ました。

 そこで、僕が至った結論は・・・

ゴキブリは、部屋にゴキブリの食べ物となるようなものがあるから、台所や居間には、ゴキブリがいるのではないか?

 また、居間にいるのは、ゴキブリが移動している途中ではないか? と思いました。

 要は、ゴキブリのエサとなるよなものが家にあるから自分の部屋にゴキブリがいるのではないかと考えました。

 逆に、自分が住んでいる一人暮らし部屋に、ゴキブリのエサとなるようなものがなければ、ゴキブリもよってこず、ゴキブリと遭遇することも少なくなるのではないかと考えました。

 たぶんなんですが、トイレに近寄らないということは、ゴキブリも汚いところは嫌い。でも、エサがあるところは好きなんじゃないかと思いました。

考えてみれば・・

 台所でゴキブリによく遭遇します。でも、よく考えてみれば・・

僕はたまに、コンロを使って料理をします。例えばチャーハンを作ったり、野菜を刻んでスパゲティーを作ったりとか。

そのとき、食材の残りかすが出たり、料理を炒めたりしているときに、料理がこぼれたりします。でも、適当にしていることが多いです。

なので、シンクに食材の残りかすがあったり、コンロ周りに料理のかすがあったりします。

 もしかしたら、これらがゴキブリのエサになっているのではないかと思いました。

これからは、夏にゴキブリに遭遇しないためには、夏は特に、コンロ周りや、シンク回りをきれいにしておかなければ、いけないと思いました。

ゴキブリのエサになるようなものが、台所周りになければ、ゴキブリと遭遇する回数も減ると思いました。そして、ゴキブリ自体、部屋にいなくなるのではないかと思いました。

思い切って・・

 台所で調理をすると、どうしてもコンロ周りや、シンク回りで調理かすが出てしまう・・。

 そこで思い切って、「夏の暑い時期。特に7月、8月は台所で一切調理しなければよいのではないか」と思いました。

 そうすれば、台所周りで調理カスがでることはないからです。僕は独身の一人暮らしだし、調理にこだわる必要はない。

外食やスーパーの出来合いもの、弁当やお惣菜、カップサラダなどを買って食事の対応をすればよいのではないか? 

確かに出来合いものだと、食費が高くなってしまう。

でも、夏の暑い時期に自宅で、ゴキブリと遭遇しないためには、多少、食費が高くなってしまっても、この方法がよいのではないかと思いました。

 なので、夏の暑い時期、特に7月、8月は一切台所で調理をするのはやめて、外で弁当などを買ってきて、家での食事をするように変えました。

 -PR-

目指したところ

 普通の季節のときは、一人暮らし部屋は、食料がある倉庫みたいな感じでよいと思います。

でも、ゴキブリが盛んな7月、8月は、無機質な倉庫のような部屋を心がけました。食料がない無機質な部屋を目指しました。

ちょっとした食べ物は、すべて冷蔵庫にしまい込むようにしました。そして、ゴキブリのエサとなるようなものが、一切ない部屋を目指しました。

このアイデアの効果

 7月、8月は一切、台所で調理をするのをやめました。料理をするのをやめました。そして、台所周りに料理カスがない、きれいな台所にしました。

また、スーパーで弁当や総菜を買ってきて、食べ終わった後は、容器を所定の場所に捨てるようにしました。

部屋や台所に、ゴキブリのエサがないようにしました。また、ちょっとした食べ物は冷蔵庫にすべてしまうようにしました。

例えば、封を開けたお菓子とか。とにかく、7月、8月は食べ物がそこらにない、無機質な部屋を目指しました。

その結果でしょうか。今年は、まだゴキブリに遭遇していません。ゴキブリも部屋にエサとなるようなものがなければ、部屋にいる必要はないと考えます。

このアイデア、一定の効果があったと考えます。

9月もダメかな?・・

[2018年9月 追記]

 うーん、9月中旬になり、夏の暑さもやわらいできた。まあ、温度的には25度くらいかな。なので、台所で簡単に野菜をカットして、簡単に料理してみた。

流し台(シンク)の排水溝には、ちょっと野菜をカットしたときの残りカスが残っていた。そうしたら、次の日、台所のシンクで小さいゴキブリを見つけた。

キッチン漂白剤をかけて、ゴキブリをやっつけた。でも、9月中旬では、ゴキブリもまだまだ活動しているらしい。

うーん、9月は微妙だな・・。

9月も外食や弁当にして、キッチンを使わないか、それとも9月はちょっと暑さもやわらいでくるので、台所で調理するべきか・・。

悩んだけど、9月は、台所を使ったら、そのあとすぐ、漂白剤をまいて対処することにしよう。

今回の件でわかったことは、9月はまだゴキブリの活動期間ということだった。

一人暮らし者なら

 家庭を持っている方なら、一家の食費を安くするために、毎日の料理は必要と考えます。でも一人暮らしの人であれば、そこまで考える必要はないと考えます。

 多少、食費が高くなっても、夏にゴキブリと遭遇しないために、7月、8月は一切、台所で料理しないという選択もよいと思います。

食事はこの期間だけ、外食や出来合いもので済まして、残飯や調理カスを作らないことが大事です。そうすれば、ゴキブリと遭遇する機会は減ると考えます。

言いたいこと

 一人暮らしの人なら、7月、8月は台所で一切、料理を作らない。そうすれば、料理かすが出ないので、ゴキブリのエサとなるものがなくなる。

それにより、ゴキブリと部屋で遭遇する頻度が、大幅に減ると考えます。なぜならゴキブリのエサとなるものが部屋にないからです。

このほうが快適に生活できてよいと考えます。

一人暮らしとゴキブリのポイント

 最後におさらいとして、一人暮らしのゴキブリ対策のポイントをまとめます。

① 夏の暑い時期、7月、8月は一切、台所で料理をしない

② ゴキブリが盛んに活動する夏の時期は、コンロ周りやシンク回りに、料理かすが一切ないようにようにして、台所の清潔を保つ。

③ 夏の暑い時期は、食事は外食、または出来合いものの弁当で済ませ、残飯が出ないようにする。また、料理をしないようにする。

④ それなりの食べ物はすべて冷蔵庫にしまい、部屋のそこらに食べ物がないようにする

⑤ 夏の暑い時期、特に7月、8月は食べ物がない部屋、無機質な部屋を心がける

 このようにすれば、部屋に食べ物がなくなり、ゴキブリのエサとなるようなものがなくなる。

このことにより、ゴキブリが部屋にいなくなり、ゴキブリと遭遇する機会が減ると考えます。

まとめ

 夏に部屋でゴキブリに遭遇すると恐怖を感じます。そしてゴキブリとの格闘になります。

なるべく、ゴキブリと格闘しないようにするためには、夏にゴキブリのエサとなるようなものを部屋に一切、置かない作らないことが大切です。

夏の一人暮らし部屋は無機質な部屋を心がけることが大事です。そうすれば、ゴキブリに遭遇する機会も減ると思います。

この記事が、一人暮らしで、ゴキブリが嫌いな人の参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまし

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告