がっくり!自分の顔が「ねり餌」臭かったという悲しい現実の話

(階層カテゴリ:身近な問題/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/08/24  更新日 18/08/24
 
 
 どうも、シケポンです。今は夏、真っ盛り。そんな中、顔の周辺がなんか「ねり餌」くさい・・。そして、その原因が顔の油だったという悲しい話をします。
 

真夏のある日・・

 もうちょっとで50歳になる、おっさんのシケポンです。男性です。いわゆる中年です。そんな真夏のある日・・。

うーん、なんか「ねり餌」くさい。そして、ねり餌くささが鼻につく・・。

 「この嫌な臭いどこから来るのだろう?」と思いました。まあ自分のどこかが、くさいのは確かですが、このときは特定できませんでした。

 -PR-

いろいろ特定してみる

 なんか顔の周辺あたりが「ねり餌」くさい気がする。たぶん上半身のどこかかなと思いました。

 なので、一つ一つ確認してみました。

まずは、「わきの下」

わきの下といえば、どちらかというとワキガ臭なんだけど、一応、お風呂場に行ってわきの下を石鹸で洗い、そしてにおいを嗅いでみる。

 わきの下を洗ったので、わきの下を嗅いでも臭くない。でもうっすらと、「ねり餌」クサさは感じる。これによりわきの下では、ないのがわかった。

つぎに、「頭皮」を疑ってみる

 指の腹で、頭皮をゴシゴシこすり、その指を嗅いでみる。確かに頭皮くさいけど、この「ねり餌臭」とは違う。

また、どこからか、「ねり餌臭」がする。これにより頭皮でもないことがわかった。

では、この「ねり餌臭」の原因はどこ? と思いました。

まさか「顔」?

 もしかして顔の油が「ねり餌」クサイの? と思いました。でも、まさかなぁ~

でもいちおう、確認してみるかと思いました。そこで指の腹で、顔をこすり、顔の油を指に取り、その指を嗅いでみました。

「うーん、ねり餌クサイ!」、ビンゴでした!。ビンゴじゃねーよ。

顔の周辺が「ねり餌」臭かったのは、これで顔の油ということがわかりました。結果がわかって・・、 がっくり・・ v(ToT)/

泣きてえなぁ~ 切ないなぁ~ もうオッサンだしなぁ~
加齢臭か~

現実を受け止めるしかないか・・・

 スポンサーリンク

がっかり・・

 真夏に何気なく、ねり餌くさい。顔の周辺に、ねり餌臭が漂う。原因を調べたら、顔の油が、ねり餌クサイことが判明。まあ、もうオッサンだし、加齢臭だな。

 確かに油が酸化したような、ねり餌のような、なんとも言えないニオイ。そして枯れたようなニオイ。顔がねり餌クサイなんて、再度、がっかり・・

でも僕は、顔の油がくさくても泣きましぇん~

■イラスト

ネットで調べる

 もう中年だし、顔の油がクサイのは仕方ありません。

そこで、顔がクサイ関連のよい記事がないか調べてみました。そうしたら、下記の記事が参考になり、勉強になりました。

参考記事
 → 自分の顔が臭くて気持ちが悪い?原因はオイリー肌のせい?それとも加齢臭?

 これを読むと、食生活がよくないのではとのこと。中性脂肪になりやすい物の食べ過ぎではないかとのこと。

確かに、夏で食欲がないので肉やチーズなどをよく食べていました。肉やチーズを中心にがっつり食べていました。

まあ一人者なので、食生活が偏っているのは確かだなと思いました。改めなくては・・。ヘルシーな食生活にしなければ・・。

それに加齢もあるのでは、とのこと。これはもう50歳だし仕方ないかな・・

まあこの記事を読んで勉強になりました。改善したいと思いました。

 -PR-

確かに顔がくさかったけど・・

 確かに顔がねり餌臭かった。でもちょっと言い訳すると、普段は1日1回、お風呂に入るのだけど、このときはお風呂に入っていない2日目でした。

真夏の時期でした。わきの下と髪の毛は、臭くなるので濡れタオルで簡単にふき取って手入れをしました。

でも、顔は特に手入れをしなかった。夏の暑い時期、2日間、顔の手入れをしていなかったので、顔がねり餌くさくなりました。

たぶん、油が酸化したようなにおいでした。まあ、夏なんだし1日1回、お風呂に入れよという意見もあると思いますが・・。

いちおう、このような状態で顔の油がくさくなりました。

1日1回は顔を洗おう

 この体験をして、1日1回は、洗顔剤で顔を洗うべきと思いました。そうでないと、顔の油が酸化して臭くなります。

最低、1日1回は顔を洗えば、顔がくさくなるということはないと思います。

自分は普段、1日1回、お風呂に入って顔を洗っているときは、それほど顔がクサイと感じたことはありません。

まあ後は、食生活に注意すべきかなと思いました。

オススメの顔の油を取る石鹸

 自分は夏になると、よく使う石鹸があります。このせっけん、炭と泥の成分で、できていて、体を洗ったり、顔を洗ったりするとサッパリします。

なので夏になると、このせっけんをよく使います。このせっけん、体全身に使えて便利です。「ペリカン 泥炭石」という石鹸です。オススメです。

 スポンサーリンク

 このせっけんで、半日に1回、または1日に1回、顔を洗えば、顔の油を取ってくれて嫌なニオイはなくなると思います。

洗顔剤として使ってみるのも一つの手です。また、体全身のボディーソープとしても使えます。1個300円程度なのでリーズナブルです。

この商品、僕のイチオシ商品です。

泥炭石の注意

 このせっけんを使うと、体の油分みたいなのを取ってくれてサッパリします。すっきりします。

でも成分的に、刺激が強いのか、このせっけんで顔を洗い、3分くらい放っておいて洗い流すと、顔がヒリヒリします。

自分が敏感肌なのかわかりませんが・・。使うとサッパリして気持ちよいのですが、肌の弱い人は注意が必要です。

肌の弱い方は、サッと顔を洗って、サッと石鹸を洗い流すのがよいです。これだけでも効果があります。いちおう注意点です。

ふき取りシート

 デオドラント商品で、体のあらゆる部分をふき取るシートがあります。これでたまに、顔をふくのも、顔の油落としにはよいかな。手軽だし。もう一つの案です。

 スポンサーリンク

これも、おすすめです。

顔の洗いすぎに注意

 前に健康番組で、顔を洗いすぎて乾燥肌になってしまったというのを見たことがあります。

この人は、顔の油のテカリが嫌で、1日に何回も顔を洗っていたそうです。そうしたら顔の油機能が落ちてしまい乾燥肌になってしまったそうです。

そして顔の皮膚の状態が悪くなってしまったそうです。

 顔の油を、洗顔剤などで顔を洗って落とすのもよいですが、やりすぎは注意です。1日、1~2回程度でよいのかなと思います。人により回数は異なると思いますが・・

 人が皮膚に油を発するのは、いわゆるコーティング機能みたなものだと思います。これは人間に備わっている機能です。

これを無理やり取るのも考えものだと思います。なので、適度な顔の油取りをすべきと考えます。

まとめ

 真夏のある日、顔の周辺がねり餌くさい・・。そこでいろいろ調べた結果、顔の油がねり餌くさいことがわかりました。

がっくりしました。でも中年だし仕方ないとあきらめている部分もあります。

 改善策として、まめに顔を洗い、顔の油を取りニオイを防ぐべきと思いました。最低、1日1回は洗顔剤、または石鹸で顔を洗おうと思いました。

 この記事が、顔の周辺でねり餌くさい、または、油が酸化したような嫌なにおいがするといった悩みを持つ人の参考になればと思います。

【合わせて読みたい記事】

ボディーケア関連の人気記事です。オススメです。

【夏限定】男のベタベタする夏の身体をさっぱりさせる石鹸(泥炭石)
男性のみなさん、夏場は暑く身体がベタベタになり、すっきりしたくはありませんか。でも、一般のボディーソープで身体を洗っても、いまいちすっきりしない・・・。そこで今回は、身体がすっきりするオススメの石鹸についてご紹介します。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告