小銭でパンパンになった折り畳み財布は腹が立つ!そんな男性の賢い生活術

(階層カテゴリ:生活の知恵/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/06/15   更新日 18/06/15
 
 
 どうも、シケポンです。僕は普段から小銭をジャラジャラ持ち歩くのが嫌いです。パンパンな折り畳み財布が嫌いです。そこで、なるべく小銭を手元に持たない方法について考えてみます。
 

小銭処理をしない生活

 どちらかといえば現金主義派の僕。普段の支払いは現金が多いです。

クレジットカードの支払いは、お金の流れが見えにくいので、たまに使いますがあまり使いません。必要最低限にしています。

 現金主義で困るのが、小銭がすぐたまることです。小銭でパンパンになった財布を持つのは、イラっと感じるので嫌いです。何とかしたいものです。

 -PR-

財布がパンパン

 僕は、普段は折り畳み式の財布を使っています。それをズボンの後ろポケットにしまっています。

このとき、嫌なのが、小銭でパンパンになった折り畳み財布を後ろポケットに入れることです。

小銭でパンパンになった折り畳み財布は違和感があります。これが嫌いです。

 スポンサーリンク

女性は平気?

 よく女性を見てみると小銭でパンパンな財布を持っている人を見かけます。女性は男性と違いパンパンな財布は平気なのかな?

 男性は後ろポケットで財布を携帯する人が多いけど、女性は財布をバックに入れて携帯することが多いです。

それで平気なのかな? 女性は男性と違い小銭で財布がパンパンでも平気みたいです。

小銭がいっぱいだと腹が立つ

 自分としては、折り畳み財布が小銭でパンパンになると腹が立ちます。それはたかが、小銭が1000~2000円程度で財布の容積を取るからです。

これ、なんとなく合理的でないので腹が立ちます。1000~2000円の金額ならお札でスマートに持ち歩きたいものです。

自分は不合理なもの効率的でないものは嫌いです。 ヾ(。`Д´。)ノ彡☆ムキー!!

そう僕は、そんな小さい男です。

小銭処理が面倒くさい

 何も考えずに現金払い。そうする、小銭ですぐ財布がパンパンになります。財布がパンパンになってから小銭処理をするとけっこうさばけず苦労します。

いつまでも財布がパンパンな状態が多いです。これ僕、嫌です。

小銭をなるべく持たない方法はないか?

 折り畳み財布が、小銭でパンパンになる不満。これを何とかする方法はないかと思いました。

そして、なるべく普段から小銭をあまり持たないで済む方法はないかと思うようになりました。そこで対策を考えてみました。

小銭を普段からあまり持たない方法

 小銭を普段からあまり持たず、なるべく財布が小銭でパンパンにならない方法について考えてみました。そして、その対策について以下に上げてみます。

① 電車賃は交通系ICカードで支払う

 交通系ICカードで電車賃を支払うと、小銭を持たないので便利です。交通系ICカードのチャージは、1000円単位なのでお札だけで済みます。

小銭を持たないようにするには便利です。

画像引用:パスモHP

② ホームセンターでのお買い物の支払いはキャッシュカードで支払う

 自分はたまに、ホームセンターで日用品のお買い物をします。月に2,3回程度です。日用品の支払いは、まとまった額が多いです。

3000~7000円といったところです。なので、そのときには、ワザとキャッシュカードで支払うようにしています。

こうすると小銭を持たないので済むので便利です。あと、またまとまった額の支払いなのでポイントが付きます。これもお得です。

画像引用:JCB HP

③ コンビニの支払いは電子マネーを使う

 コンビニでの支払いは電子マネーで支払っています。こうすると小銭を持たず便利です。そして、コンビニはよく利用するものです。

電子マネーで支払う習慣を身に着けておくと小銭を持たずにすむので便利です。ちなみに自分は、セブンイレブンのnanacoカードを利用しています。

画像引用:nanaco HP

④ スーパーでの支払いは小銭をさばくようにする

 スーパーで食料品や、夕食の弁当、飲み物を買うことが多いです。このようなときは、手持ちにある小銭をなるべくさばくようにしています。

端数は、なるべく財布の中にある小銭で支払うようにしています。

この習慣を身に着けておくと、財布の小銭を減らすことができ便利です。

⑤ 小銭を貯金する

 折り畳み財布に小銭が多くなってきたなと感じたら、小銭を貯金箱に貯金すると小銭を持ち歩くことがなく便利です。

ちなみに自分は100円玉、もしくは500円玉を貯金しています。

貯金もよく溜まり、小銭も財布で持つことがないので、一石二鳥でよいです。

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

 上記の5つの事柄を心がけると、財布が小銭でパンパンにならずにすみ、適度に財布に小銭が持てて便利です。

自分のオススメの財布に小銭をなるべく持たないですむ方法です。

小銭をなるべく持たない方法をまとめると・・

 小銭をなるべく持たない方法をまとめてみると・・

なるべく、電子マネーや交通系ICカードを使って支払いをして小銭を持たないようにする。

月数回の、たまにの、お買い物であればキャッシュカードを使って小銭を持たないようにする。

要は、いろいろな各種カードを使って支払い、なるべく小銭を持たないようにする。こうすると小銭を持たずに済み便利です。

また、小銭をさばきたい場合は、スーパーでお買い物をしたときに小銭をさばく、小銭でなるべく支払う。

そうすると、財布の小銭を減らせて便利です。最後は、財布の小銭を貯金すると、これも小銭を減らせて便利です。

こういう習慣を身に着けておくと、普段から適度な小銭を持つことですむようになり便利です。

 -PR-

自分の感想

 現金主義派の僕で、何も考えずにお金で支払い小銭が溜まっていたころ、小銭で財布がパンパンになるのに、たいへん不満がありました。

 そこで、なるべく小銭を持たない方法を考え、上記に上げたことを実行してみました。そすしたら、小銭をあまり持たないで済むようになりました。

自分ではこのアイデア、生活がしやすくなったし、生活環境もよくなり、満足しているので合格点です。

まとめ

 僕と同じように、小銭で財布がパンパンになるのを嫌がっている人、不満のある男性は多いと思います。

そんな人は、僕のアイデアを真似してみてください。財布に小銭をあまり持たないで済むようにまります。

小銭で財布がパンパンになる不満が減ります。この記事が僕と同じ悩みを抱えている人の参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告