サウスポーしかわからない!左利きのよくあること

日常の雑記

(階層カテゴリ:日常の雑記/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/04/05   更新日 18/04/05
 
 
 僕はいちおう左利き。サウスポー。そこで当たり前にやっていたことが、通常の人と違っていたり、左利き特有の能力があったりします。そこで左利きのよくあることについてまとめてみます。
 

 

いちおう左利き

 僕はいちおう左利きです。しかし、小さいころに書くのは右に直されたそうなので、文字を書くのは右です。書くこと以外の全般については、ほぼ左利きです。

 

-PR-

 

 

 

 

左利きのあるあるをまとめてみる

僕が感じる左利きの小さい「あるある」をまとめてみます。

 

① 缶切りが前に進む

 左手で缶を缶切りで切ると、前に進んでいきます。これ当たり前だと思っていました。

しかし、よくよく考えてみると右利きの人は自分に向かって缶切りが進んでいく。初めて知りました。

 

 スポンサーリンク

 

 

■缶切りの図

 

 

 

② 右手でペンを持って書き、左手に消しゴムを持って消す

 自分は基本は左利きなのだけど、文字を書くときだけは右利き。そこで、右手で文字を書いて、左手に消しゴムを持ち消していました。

これ当たり前だと思っていたのですがどうやら違うみたいです。右利きの人はペンを置いて右手で消しゴムを持ち換え消します。自分はこのこと知りませんでした。

 

自分の動作を見て、人から「もしかして左利き」と言われて初めて知りました。右利きの人はペンを置いて右手で消しゴムで消すんだと思いました。

 

 

③ 右手で包丁が切れない

 自分は物心つかないときに、無理やり右利きにさせられました。なので文字を書くのとハサミを切るのは右手です。でも包丁は右手ではできない。包丁は左手です。

(これは個人的かな)

 

 

④ スマホの写真が逆さまになる

 左利きの人は、スマホで写真を撮ると写真が逆さまになってしまいます。それは、ホームボタンを左にしてしまうからです。それにより写真が逆さまになります。

この現象はスマホの写真をパソコンに移したときにわかりました。左利きの人は、スマホで写真を撮るときはホームボタンを右にして写真を撮るように心がけましょう。

 

 

参考記事 → 左利きの人がiPhoneで写真を撮る時の注意事項

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

左利きの特殊能力をまとめてみる

左利きの特殊能力についてまとめてみます。

 

① 左利きの人は鏡文字を書きやすい

 以前、テレビ番組で鏡文字についてやっていました。鏡文字とは右手と左手を使い、左右が鏡に映ったように対称に書く文字のことです。

これ左利きの人は鏡文字を書くのに優れているとテレビ番組では言っていました。試しにやってみたら本当にできました。なんか左利きの特殊能力みたいです。

 

■左利きの人が鏡文字を書いたとき

 

■右利きの人が鏡文字を書いたとき

 

 

 

気づけば・・

 左利きの「あるある」があれば、今後も追記していきます

 

 

左利きの人へ

 テレビで学んだ知識ですが、左利きの人は鏡文字をやってみてください。右手と左手でペンを持ち、左右対称に文字を書いてみてください。

左利きの人は、けっこうすんなり書けます。右利きの人が鏡文字をやると対称的に書けないそうです。

 

 

まとめ

 左利きの人が何気なくやっていることが、実は通常の人と少し違っていたということがたまにあります。それを簡単にまとめてみました。左利きの人の共感を得られればと思います。

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい