一人暮らしに便利な家事用つけ置き重石の作り方!安くて簡単!

(階層カテゴリ:一人暮らしの知恵/重石)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/03/09   更新日 18/05/26
 
 
 一人暮らしをしていて、たまに、家事用の使いやすい重石が欲しいときはありませんか? でも、使いやすい重石がなかなか見つからない・・。そこで今回は、自分で使いやすい家事用の重石を作る方法について、ご紹介します。
 

一人暮らしと重石

 一人暮らしの家事をしていて、たまに、使いやすい重石が欲しいときがあります。たとえばこんなときです。

 ・食器をつけ置きするとき
 ・軽いシューズをつけ置きするとき
 ・水筒の蓋をつけ置きするとき

  など

 このようなとき、適度な重さの重石がほしいものです。でも、なかなかよいものがなく困っていました。

 -PR-

ネット通販サイトでも見つからない

 一人暮らしに便利で、家事で使いやすく、安全な重石はないかとネット通販サイトで、調べてみました。

でも、使いやすそうな家事用の重石を、見つけることができませんでした。

自分が、便利そうと思える、重石は見つけられませんでした。

自分で家事用の重石を作る

 ネット通販サイトで、気軽に家事用の重石を購入しようと思ったけど、自分がピンとくる商品を見つけられませんでした。そこで、仕方なく自分で作ることにしました。

家事用の重石の条件

自分で、一人暮らしに便利な、家事用の重石を作る条件として以下がありました。

 ・適度な重さがあって、つけた物が浮いてこない
 ・一人暮らしの家事用の重石として使いやすい
 ・使っていて安全
 ・費用が安い

これらの条件を満たす、使いやすい重石を自分で作ることにしました。

アイデア

 家事用の重石で一番悩んだのが、ある程度の重さ、重量のある材料を探すことでした。

重石の材料となる物の、重量が軽いと、つけ置きしても、浮力に負けて、つけた物がプカプカ浮いてしまいます。

そう考えると、家事用の重石の材料は、ある程度の重量がないといけません。そこで、なんとなく思いついたのが「河原の石」でした。

石だったら、適度な重量があるので、重石の材料としてはよいと考えました。でも、自宅の近所には河原はありません。

そこで、最終的に思いついたのが、ガーデニング用の石でした。これなら、ホームセンターで気軽に買えると考えました。

実際に、ホームセンターにガーデニング用の石を買いに行きました。10kg、300円程度で購入できました。

重石の材料を安く購入できました。あと、石を詰める容器を考えました。

そこで思いついたのが、ペットボトルの容器でした。

1L、1.5L、2Lのペットボトルは、よく購入するので、ペットボトル容器はいくらでもあります。

これならお金もかからないし、使っていて樹脂なので安全だと思いました。これで、家庭用の重石の材料は、そろいました。

ガーデニングストーンの参考記事

 → 砂利 ガーデンストーン ホワイト 10kg / カインズ

 -PR-

家事用の重石の作り方

 僕が考えた、一人暮らしの家事に便利な、重石の作り方についてご説明します。

① ホームセンターに行き、ガーデニング用の石を購入する

 ガーデニング用の石10kgは、300円程度です。10kgあれば十分です。ちょっと多いかも・・・。

購入については、近所のホームセンターで石を購入するのがオススメです。そして、丸みをおびた石を購入するのがオススメです。

■イメージ画像

画像引用: カインズ

② 適度な大きさのペットボトル容器を用意する

 自分の場合は、1Lと1.5Lのペットボトル容器を利用しました。1Lはアイスコーヒー、1.5Lは紅茶のペットボトルを利用しました。

ペットボトル容器については、自分でうまく用意してください。

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

③ 石を洗う

 購入したガーデニング用の石は、研磨されているため汚いです。白い粉がでます。なので、米を研ぐようにして、バケツで石をいったん洗い、きれいにしましょう。

洗ったら、天日干しして石を乾かしましょう。

■イメージ画像

(石を洗った後は、干しましょう)

④ ペットボトルに石を詰める

このような手順で、家庭用のペットボトル重石を作ります。

 (1) ペットボトルの1/4を輪切りにする
 (2) ペットボトルに石を詰める
 (3) 輪切りにしたところをテープで貼る

■イメージ画像

 輪切りにしたところは、ダクトテープで止めるのがおススメです。ダクトテープ、密閉性にとても優れています。

 スポンサーリンク

⑤ 完成

上記の手順で家庭用の重石を作り、ペットボトル重石の完成です。

■イメージ画像

ペットボトル重石以外の重石

 あまった石や、小さい重石を作りたいときは、チャック付きの整理パックに、石を詰めると便利です。

■イメージ画像

10kgの石でどれくらい重石が作れるの?

 だいたい10kgの石だと、1Lまたは1.5Lのペットボトルで6本くらい作れます。また、整理パックの重石は数個作れます。

■イメージ画像

個人的にオススメのガーデニングストーン

 個人的には石が丸みを帯びていて、5色の色の石があるこの商品がオススメです。参考までに。10kgです。

■イメージ画像

ペットボトル重石を使った感想

 バケツに食器をつけ置きしたときや、洗濯機にシューズをつけ置きしたときにペットボトル重石を使ってみました。石なので適度な重さがあります。

適度な重さがあるため、つけ置きしたものが見事に沈んでくれました。使い勝手は、よいです。

イメージ画像

整理パック重石を使った感想

 軽いシューズをつけ置きしたとき、プカプカ浮いて困っていました。

そこで、整理パック重石をシューズの中に入れシューズを沈めてみました。見事に沈むようになりました。

使い勝手はよいです。

■イメージ画像

この重石のメリット

 この重石は安全です。鉄を重石にすると、どうしても赤さびが発生してしまいます。その点、この重石は赤さびが発生しません。安全です。

参考記事

 → 鉄をつけ置きの重石にするのはやめよう!家事でよくやる失敗

 また、作る費用が安いです。基本的にガーデニング用の石をホームセンターで購入するだけで作れます。

安全で安心、安い費用で作れて使いやすいとメリットは大きいです。

まとめ

 今まで、食器をつけ置きしたり、軽いシューズをつけ置きするときに、物が浮いてしまい、うまく、つけ置きできず困っていました。

そこで、ガーデニング用の石と、ペットボトルを使って、家事用の重石を作るアイデアを思いつきました。

実際に作ってみました。そして、実際に使ってみました。

感想としてはとても便利でした。見事に重石の機能を果たしてくれました。安くて便利、安全な重石です。簡単に自分で作れます。

この記事が、家事用の重石で困っている人の参考になればと思います。

【合わせて読みたい記事】

家庭用の重石(おもし)関連の記事です。オススメです。

費用が安くて簡単に作れる!家庭で使いやすい手作り重石
家庭で使いやすい重石が欲しい。でもピンとくる商品が通販サイトで検索してもない。そこで自分で使いやすい家庭用の重石を作ることを考えました。今回はそんなお話です。
靴のインソールを水に沈めるオリジナル重石
靴のインソールをつけ置きの水に沈めたい。でも、インソールは軽いので、プカプカ水に浮いてしまう・・・。そこで今回は、この問題について考えてみます。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告