ビニール傘にマジックで落書きをして絶対に盗まれなくする方法と2つの効果

(階層カテゴリ:生活の知恵/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/03/07   更新日 18/04/28
 
 
 新品で買ったビニール傘。近所の何気なく出かけた場所や職場で盗まれたりすると腹が立ちませんか。そこで今回は、ちょっとの工夫で新品のビニール傘が絶対に盗まれない方法について考えてみます。
 

始めから結論

 今回は始めから結論を言っちゃいます。新品のビニール傘を購入したらすぐに、ビニール傘の生地にマジックで落書きをすることです。

そうすれば、新品のビニール傘がまず盗まれることはありません。

■イメージ

(こんな感じです)
(ちなみに電話番号は適当に書いた数字です)

 自分はビニール傘の生地に落書きをするようになってから、ビニール傘が盗まれたことはありません。傘泥棒に対し撃退効果があるのは確実です。

傘の部位の名称

 一般の人は、傘の各部位の名称なんてよくわかりません。そこで、ググってみました。よい記事を見つけたのでリンクしておきます。

参考記事 → 傘のパーツ名称について | 前原光榮商店

この方法

 このアイデア、落書きビニール傘は傘泥棒がいそうなパチンコ屋や倉庫アルバイトの出勤時に、このビニール傘を使っています。

要は傘泥棒がいそうな場所に行くときにこの傘を使ったほうがよいということです。そうすれば、万一ビニール傘が盗まれても痛くもかゆくもないです。

この結論に至った経緯

 この結論に至った経緯について、順を追ってじっくり説明していきます。

 -PR-

職場の悩み

 僕は近所の倉庫でアルバイトをしています。100~200人くらいいます。正直、こういうところではどういう人がいるかわかりません。

こういう場所なので、雨のときにビニール傘で行くと、盗まれることが多いです。帰ろうとしたとき持ってきた新品のビニール傘が盗まれていると腹が立ちます。

安い傘とはいえ新品で買ったビニール傘を盗まれるのは腹が立ちます。そこで何か対策を打とうと思いました。

傘泥棒の心理

 だいたい傘泥棒というのはせこい人間です。常識のない人間です。ふつうの常識のある人ならまず盗みません。

それに傘泥棒は新品のビニール傘を盗む特徴があります。中古の傘はまず盗みません。

新品のビニール傘を一般の人が盗まれないようにするには、傘泥棒のせこい心理を理解しておくことが重要です。一言いいたい、傘泥棒に。人間的にせこいよ。

器の小さい奴だな。僕はいつもそう思います。500円くらい出して自分で買え。

せこい傘泥棒にビニール傘が盗まれないようにするにはどうしたらよいか?

 倉庫のアルバイトにビニール傘を持っていくとよく盗まれます。盗まれないようにするにはどうすればよいか悩みました。

そこで思いついたのが、ビニール傘に名前を書くことでした。落書きすることでした。

 皆さんも記憶にあると思いますが、小学校のときに、机に教科書をしまいっぱなしにしておくと盗まれることがあります。僕はたまたま盗まれなかったけど。

こういう時、先生から「教科書に名前を書きなさい」と言われます。それを思い出しました。

 そこで「ビニール傘の生地に落書きをしておけば盗まれなくなるかも」と思いました。これ傘泥棒にも心理的に効果があると思いました。

なぜなら、新品で何もしていない、きれいな傘なら盗みたくなるけど、新品でも落書きしてある傘は盗みたくないと思ったからです。

 スポンサーリンク

落書き傘は効果抜群

 ビニール傘を盗まれないアイデアを思いついたので、ビニール傘の生地にいろいろな落書きをして実験してみました。

落書きした傘を倉庫のアルバイト先の職場に持っていき、傘が盗まれないか確認してみました。

今まで落書きしたビニール傘を職場に何本か持っていきましたが、一度も盗まれたことはありませんでした。もちろんですが傘泥棒は落書きした傘は盗む気はないようです。

落書きは生地に書く

 落書きは傘の取っ手に書く人がいるようです。ネットで検索するとそのような記事を見ました。恥ずかしさからいえばその気持ちわかります。

でもビニール傘を確実に盗まれないようにするには取っ手よりも、傘の生地に書くほうが効果的です。

ちょっと恥ずかしいけど気にしない

 確かにビニール傘の生地に落書きがしてあるとどのような落書きでも、人とすれ違うとちょっと恥ずかしいです。でも自分は気にしません。

はずかしいと思うのは自分だけで、周りはちょっと傘の生地に何か書いてあるな程度しか思ってないからです。だから僕はちょっと恥ずかしいけど気にしません。

恥ずかしさよりビニール傘が盗まれないことが大切です。ビニール傘を盗まれた時の腹立たしさがないことが大切と考えます。

 スポンサーリンク

落書き傘の使う場所を考える

 落書き傘は、使う場所を考えるべきです。もちろん都内にオシャレに出かけたい時などは、落書き傘は使いません。

普通の傘で出かけます。反対に近所のどうでもよいときの用事や、どのような人がいるかわからないアルバイト先などは、落書き傘を使うようにしています。

使い分けが必要と考えます。

落書きの種類

 これは僕の個人的な意見です。今までいろいろな落書きをビニール傘の生地に書いてきました。そこで恥ずかしくない落書き順で落書きを評価してみます。

① 電話番号を書く

 これが一番恥ずかしくなかったです。電話番号をビニール傘の生地に書くけど、もちろん電話番号はデタラメです。

別に人に見られても数字の羅列だし、傘泥棒に盗まれないための嘘の電話番号なので、そんなに恥ずかしくありませんでした。

これなら簡単にマジックで書けるし、一番よい落書きです。

■イメージ

② アニメキャラを書く

 試しに「おばけギャルソン」の落書きを書いたことがありました。これもなかなかよいです。おすすめの落書きです。アニメキャラの落書き、けっこうよいです。

■イメージ

③ 名前を書く

 例えば「田中正義」とか「鈴木三郎」とか、適当な名前の落書きをしてみました。

これは、傘泥棒にビニール傘を盗まれないための嘘の名前、落書きですが、自分の名前ではもちろんないのですがなんとなく恥ずかしかったです

効果は絶大だと思うのですが結構恥ずかしかったです。だって嘘でも名前を町の人に宣伝しているようなものだからです。

■イメージ

④ 適当な模様を描く

 これが一番恥ずかしかったです。なんか自分がバカっぽく感じました。落書きに適当な模様は一番しないほうがよいです。

■イメージ

 自分はビニール傘の生地に落書きするなら、電話番号かアニメキャラがおすすめです。これだと落書きとして納得できます。そんなに僕は恥ずかしくありませんでした。

でも、名前と適当な模様は、けっこう恥ずかしかったです。自分に合う落書きを探すのがよいです。

落書きは手書きで汚く書く

 あと傘泥棒の撃退を狙ってですが、落書きは手書きで汚く書いています。このほうが心理的にも傘泥棒に影響、ダメージを与えやすいからです。

2つの心理

 ビニール傘の生地に落書きをして傘泥棒を撃退するようになってから、2つの心理があると感じました。それをまとめてみます。

① 自分の心理

 ビニール傘を盗まれないようにするために、生地に落書きをするアイデアを思いつきました。実際にしてみて、その効果として以下の効果があると感じました。

 (1) 傘泥棒に対し、傘を盗みたくなくなる予防効果がある
 (2) 万一、落書きした傘が盗まれても精神的な苛立ちが少ない

 だいたい新品の傘でも、落書きしてあると盗人も盗みたくなくなります。自分もそうですが傘泥棒も同じ心理のようです。

また、落書きした傘が見つからず「盗まれたかな」と思ったときもありましたが、「別にいいや。あんな適当に落書きした傘。盗みたければ盗めば」

と別に苛立ちもありませんでした。自分にとっての心理的効果も大きいです。

② 傘泥棒の心理

 傘泥棒はせこい人間ですから新品の傘を盗みたがる。当たり前ですが落書きすると新品の傘でも相手は嫌がります。盗まれなくなります。

また落書きした傘が盗まれても、「町中に傘泥棒が落書きを宣伝している」、「恥をかかせてやってる」という自分の思いがあるので、個人的な苛立ちは少ないです。

まず傘泥棒には落書き傘は、予防効果、撃退効果があるし、盗まれても恥をかかせてやっているという心理的負担があります。

 自分は落書きビニール傘を使うようになってから、このような2つの心理的効果があると感じました。

まとめ

 ビニール傘を絶対に盗まれたくなかったら、生地に落書きをしましょう。そうすればビニール傘が盗まれなくなります。傘が盗まれる確率が断然下がります。

ちょっと恥ずかしいけど気にしないことが大切です。この記事がビニール傘を盗まれ腹立たしい気持ちでいる人の参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告