冬の冷たい布団におさらば!少しの工夫で劇的に温かくなる毛布術

冬の部屋暖房対策

(階層カテゴリ:冬の部屋暖房対策/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/02/07   更新日 18/02/07
 
 
 真冬の布団はつめたい。そしてなかなか寝付けない・・。毎年、冬になると困っていました。そこで今回は、ちょっとの工夫で簡単に冷たい布団を解消する方法についてご紹介します。
 

 

僕は寝つきがよい

 自分は寝つきがよいタイプです。なので普段でしたら布団について3分もあれば眠りにつけます。

 

 

冬の布団は冷たくて眠れない

 真冬の布団はつめたい。寝ようとして布団にもぐりこむ。でも布団がひんやりして冷たく、身体が冷えて眠れない。

ひどいときには、冷たさが気になり30分くらい眠れない。普段は寝つきのよい僕ですが、真冬のつめたい布団には困ったものです。

 

-PR-

 

 

不要なものを買わずに対策できないか

 冬の時期になると、必ず困る冷たい布団問題。毎年、困っていました。そして何かよい方法はないかと思っていました。

自分は狭いアパート暮らしなので、無駄なものは置きたくありません。わざわざ電気毛布など買いたくありませんでした。

電気毛布を使ったことがあるのですが、電気毛布の変な温かさは自分はきらいです。とにかくシンプルな形で冷たい布団対策ができないかと思っていました。

 

 

お金をかけずに対策できないか

 冷たい布団対策のためにお金をかけたくありませんでした。

本当に効果があるなら多少のお金をかけてもよいのですが、シンプルで無駄な商品も増えずに、またお金もかけずに冬の冷たい布団の問題を改善できる方法はないかと思っていました。

 

 

ヒント

 冬の季節のあるとき、お昼の情報番組を見ていました。そうしたら、偶然、冬の冷たい布団対策みたいなのをやっていました。

それによると毛布を2枚使って毛布と毛布の間に寝るとよいといっていました。

また、敷布団の上に毛布をひいて寝ると、下からの冷たい冷気を遮断して温熱効果があるといっていました。このテレビ番組をたまたま見ていて「なるほど」と思いました。

自分がこのアイデアに納得したし、簡単にできるので実際にやってみることにしました。

 

 

普段から毛布を2枚使っていた

 自分の場合、冬になると毛布を2枚、普段から使っていました。なのでこのアイデア、特に何も用意せず簡単にできました。

 

 

トライしてみる

 最初は半信半疑でした。まあテレビのネタ程度と思い軽い気持ちでやってみました。敷布団の上に毛布をひく。そして、その上に自分が寝る。また、

自分の上に毛布と掛け布団を掛ける。そのようにして、寝てみました。

 

■イメージ図

       ↓↓↓

 

 

実際にやってみた感想

 最初はあまり期待していなかった僕。でもこの方法をすると温かさが、ぜんぜん違いました。今までの通常の寝方だと、敷布団からの冷たい冷気で身体が冷えてしまいました。

でも、この方法をすると体の下からくる冷気を遮断してくれます。

そして体の下にある毛布のおかげで、体からの熱も逃げにくくなります。また、毛布を体の下に引くと毛布自体がモコモコしていて少し温かい。

あと体の上下に毛布を引いているので保温効果がある。ちょっとの工夫ですが、温かさというか冷たさというか全然違いました。

それなりに温かい状態で、体が冷えずに快適に眠ることができました。

 

 

簡単にできる

 この方法、毛布一枚で寝ている人は毛布をもう一枚用意するだけ。毛布を普段から二枚使っている人は特に用意する必要はありません。

自分の場合は、寝る前にぐちゃぐちゃになっている毛布二枚と掛け布団を引きなおすだけ。30秒もあれば簡単にセットできます。

あとは、毛布と毛布の間にもぐりこめば、暖房器具もまったく使わず、体がそこそこ温かい状態で眠ることができます。大変便利です。

 

 

効果覿面

 冬の布団で寝るとき、体の下に毛布を引いて寝ると体の下からの冷気を押さえられ、体がそこそこ温かい状態で眠ることができます。

寝るときのほんのちょっとの工夫ですが、これがまた、効果的面です。

 

■イメージ画像

 

 

この方法でいちシーズン乗り切れそう

 12月くらいにこの方法を知りました。そしてそれから実際にやっています。この方法で布団にもぐり込んで体が冷えて眠れないということがなくなりました。

今は2月なので、いちシーズンこの方法で乗り切れそうです。

 

 

メリット

 毛布を体の下に引いて寝るメリットについて上げてみます。

・体の下からくる冷気を押さえることができる
・毛布の上で寝るので毛布のモコモコが温かい
・毛布と毛布の間で寝るので保温効果がある
・暖房器具がいらない
・体が冷たい敷布団で冷えることがない
・そこそこ温かい状態で寝ることができる

 

 

デメリット

 毛布を体の下に引いて寝るメリットについて上げてみます。

・特になし

 

 メリットが多く、特にデメリットはないと考えます。

 

 

プラスアルファー

 この方法にプラス、電気アンカを使うと冬の寒い時期でも、足元を温められ、さらに体を温かくして寝ることができます。この電気アンカ、個人的にオススメです。

■pr

 

まとめ

 毎年、冬の寒い時期の冷たい布団には頭を悩ませていました。

偶然、テレビ番組を見ていて、冬の冷たい布団対策として、体の下に毛布を引いて寝る方法を知りました。実際にやってみたら、すごい効果がありました。

この方法を知ったことにより、無駄なものはいらないし、お金もかからずに冬の冷たい布団対策ができました。さらに寝るときに体が冷えて眠れないということがなくなりました。

この記事が冬の冷たい布団に悩んでいる人の参考になればと思います。

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい