スターウォーズ8に登場するローズ役のアジア人がブサイクで萎えた

日常の雑記

 先日(2018年1月)、「スターウォーズ8/最後のジェダイ」を観賞しました。映画がよいとか悪いとかではなく、何となく納得できなかった部分があったので、その感想をまとめてみます。

 

 

スターウォーズの最新作8が公開していたので映画を見に行った

映画館

 今は2018年1月。師走の忙しさもなくなり時間の余裕もできてきた。

そして、上映してから1ヶ月ぐらい経ったので、「スターウォーズ8/最後のジェダイ」を見に行くことにしました。

(このときは2018年1月の話です)

 

 スポンサーリンク

 

スターウォーズのファーン?

 僕はスターウォーズのファーンかといえばそうでもない。ただちょっと流行りものにかじりたいだけの人です。

 

 

ネタバレ注意

 これから「スターウォーズ8/最後のジェダイ」についての個人的な感想を書きます。ネタバレになるので、まだ観ていない人は読まないでください。

といってもこのタイトルで検索し、この記事を読もうとしている人は、一度はスターウォーズ8を観ていると思いますが・・・

 

 

 -PR-

 

映画と男心

 男の子の僕としては、映画は夢見るもの・・。

できることであれば、主役の女性や、準主役の女性は、きれいだったり、かわいかったりしてほしいもの。

それはなぜか?

 

 それは映画だから・・。映画は夢見る世界だから・・。でも、今回のスターウォーズ8は、そんな男心を見事に裏切ってくれました。 (ToT)/

 

金返せ!

 

 -PR-

 

 

全体的な感想/うーん、ブスが出てきて萎えた

悩む外人

 スターウォーズ8を映画館で観ていて、途中からローズ役の東洋人の女性が出てきました。この人がブスでした。ブサイクでした。

この人、始めはチョイ役なのかなと思って見ていたけど、なかなか画面から消えない。

 

というかいつの間にか、一緒に活躍している。「あれ?この人なんなんだろう?」と思いました。

 

そして、映画を観ていると、見事に最後までいました。そして、映画が終わって気付きました。「このアジア人(東洋人)の女性、準主役級の人だったんだと」

顔のアップとかもときおりあり、萎えました。それが全体的な感想かな・・・

 

 

画像引用: yahoo

 

 

映画の時系列の感想

それでは、スターウォーズ8のストーリーを時系列で、ブスの感想を語ってみます。

 

その1/ ブス登場

 フィンが、脱出用のポッドで艦から出て行こうというシーンがありました。そのとき偶然、整備士と合いました。そう、そのとき合った人がブスです。ローズ役の女性でした。

自分はこのシーンを見ていて、「ブスだな。でもちょっとすれ違って消えていくチョイ役の人かな」と思って見てました。

 

(まあ、この前にもちょこちょこ出てはいますが、これをブス登場シーンとします)

 

 

その2/ いつの間にか仲間に加わっている

 フィンたちが、帝国軍に侵入して追跡レーダーみたいなのを破壊しようという話になりました。そこで、すったもんだしていました。

そして観ていると、いつの間にかブスも加わっていました。このときは「そうなんだ」くらいしか思っていませんでした。

 

 

その3/ カジノに潜入

 フィンとブスがカジノの星に潜入。そして目的の男を捜す。やっと目的の男を探し出したが、カジノの警備隊に追いかけまわされる。

そのとき、ブスのアップが時折あり、「萎えました。」

 

 

その4/ 帝国軍の艦に潜入

 追跡レーダーを破壊するために、フィン、ブス、ギャンブラーの3人が侵入。でも最終的に帝国軍につかまる。ここら辺のシーンはおとなしい。

 

 

その5/ 石の惑星で帝国軍と戦闘

 レジスタンス軍が石の惑星に追い詰められる。そして、帝国軍との一騎打ちとなる。

そのとき、レジスタンス軍が戦闘機で隊列を組み、戦いを挑む。

 

その戦闘機の一員として、フィンとブスも加わる。戦闘シーンで時折、「ブスのアップがあり気になる。萎える。」

 

 

その6/ キスシーン

 まあ最後にキスシーンがある。このキスシーンをみたとき「心が折れた」「終わったな」と思いました。

 

 

これがブスの感想かな。

 

 -PR-

 

エヴァンゲリオン的に言えば・・

鐘と十字架

 最後のキスシーンをみて、心が砕けました。何かが終わりました。

それは、まるでエヴァンゲリオンで例えるなら、アニメ版のシーンで冬月が「終わったな」というセリフがあるのですが、まさにそれでした。

 

 

 ラストのほうで、ローズのキスシーンを見て「終わったな」という言葉が、僕の心の中でこだましました。まるで冬月の言葉のように・・・

 

 

世の男性はみな同じ感想だと思う

 まあ、スターウォーズは宇宙戦争だから、それを主体にして観にはいったんだけど、このブスがどうしても気になりました。映画に集中できませんでした。

世の男性も、同じ意見だと思います。

 

 

 

 

こんな映画初めて

 ブスが気になり感情移入できない映画・・。こんな映画みたの初めてです。こんなに集中できなかった映画、初めてです。ある意味、新鮮だったかも?

 

 スポンサーリンク

 

俺だけ?世間の評判は?

虫メガネ

 どうしても、スターウォーズのブスが気になりました。そして、この思いは俺だけなの?と思いました。なのでネットで検索してみました。

やっぱり世の男性は、僕と同じ意見の人が多いみたいです。いくつかブログ記事がありました。みなやっぱり、僕と同じ意見を持っている人が多いと感じました。

 

下記の検索ワードで調べてみるとわかります。

 

検索ワード
 → 「スターウォーズ」 「ブサイク」

 

 

スターウォーズのポスター

 映画を観終わった後、スターウォーズのポスターを見ました。そこにローズ役の人も写っていました。ここからも、準主役級ということを初めて知りました。

 

 

戦闘隊員はかっこいい

指をさす人

 別のブログ記事の感想で、戦闘隊員はみなかっこよかったり、きれいだったりするのに、なぜこの人だけブスなの?というコメントがありました。

確かに僕も、その通りだと思いました。

 

 

 スポンサーリンク

 

何でこの配役?

 ハリウッドといえばアメリカ。準主役に東洋人起用はいいけど、そこらへんの絡みがあるのかなと僕は思いました。

まあ詳しくは言及しないけど・・。

 

 

昔聞いた話

 昔、ハリウッドの映画で気になる話を聞いたことがあります。それは、映画で善人が乗る車はBMWやベンツなのに、悪役が乗る車はトヨ○車というのを聞いたことがあります。

確かにハリウッド映画を観ているとその傾向が強い気がします。まあ、余談話です。

 

 

映画は夢見る世界

 映画はやっぱり夢見る世界なのだから、現実離れしていても、たとえ多少嘘でも、やっぱりそれなりにかっこよかったり、きれいな人が演じるべきと思いました。

別にチョイ役や悪役、脇役などはかっこよくなかったり、きれいでなくてもいいけど。そうでないと映画に感情移入できません。この映画をみていてそう思いました。

 

 スポンサーリンク

 

 

別にこの女優さんが悪いわけではない

 今まで、この女優さんをブスだブスだといい続けてきました。でもこの女優さんは悪くないと思います。

一生懸命、演じていたと思います。別にこの女優さんが悪いとは言いません。

 

責める気はありません。ただもう少し、キレイな人が演じていれば違和感なく、この映画を楽しめたのかなと思います。

 

 

ローズ役の女優さんのプロフィール

 まあ、ローズ役の女優さんのプロフィールを簡単にまとめてみます。この記事を読めばいいかなぁ~。

 

参考記事  → スターウォーズのローズ役の女優はだれ?画像や嫌われる理由も考察

 

 ローズ役の方は、ケリー・マリー・トランというそうです。うーん、確かに「天童よしみ」に似ているなぁ~ まあ、このくらいでいいかなぁ~

 

 

まとめ

 スターウォーズ8を観ていて、どうしてもブサイクな人が気になりました。

この人のおかげで感情移入できませんでした。まあ女優さんが悪いわけではないのですが・・・。

 

映画って、改めてカッコイイ人やきれいな人がするべきだと思いました。それは夢の世界だから。現実を忘れさせてくれる非現実的な世界だから。

スターウォーズ8で夢を見たかった。残念です。また、僕と同意見の男性も多いようでホッとしました。

 

今回は、そんな映画の感想でした。男性の共感があればと思います。僕が世の男性に代わって、代弁しました。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい