2017年12月に放送された内村航平選手の特集番組の感想について

日常の雑記

(階層カテゴリ:日常の雑記/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/12/28   更新日 18/06/16
 
 
 2017年12月に、何気なくテレビを見ていたら、内村航平選手の特集番組をしていました。その番組を見ていて、感じたものがあったので感想をまとめてみます。
 

 

内村航平選手とは

 日本人なら誰もが知っている、体操界の天才です。器械体操をしない人でも、誰もが彼の名前を知っています。有名人です。僕が語るまでもありません。

 

 

画像引用:yahoo

 

 

テレビを見ていたら特集していた

 夜、テレビを何気なく見ていてチャンネルを回していたら、「アナザースカイ」という番組で内村航平選手の特集番組をしていました。

途中からでしたが、気になったので番組を見ることにしました。

 

 -PR-

 

 

内村選手のイメージ

 僕が抱く、内村選手のイメージはこんな感じです。

あまり器械体操に興味がない僕ですが、この人の演技は人を魅了するし、一つ一つの技がキレがあり、きれいだなと思っていました。

 

また、最後の着地にもこだわっているそうで、ぴたっと止まる着地は、見ていてすごいなと思っていました。他の一流選手よりも、一歩抜け出していると感じていました。

スポーツ界の天才は、どの競技にもよらず頂点を極めている選手は、演技や技が美しいものです。内村選手もまさにそのような人だと思っていました。

 

 

 

アクシデント

 今は2017年12月です。皆さんもご存知だと思いますが、10月におこなわれた体操の世界選手権のあん馬で、着地のときに足を痛めて途中棄権をしました。

このニュースは、そのとき話題になりました。

 

 

 

番組内容

 番組を途中から、パッと見ただけなので、印象に残ったとこだけをまとめてみます。正確ではないかも知れませんが、僕の印象で番組内容をまとめてみます。

 

 

内容1/ロンドン

 ロンドンオリンピックで金メダルを獲得したこともあり、思い出の地、ロンドンでの取材がありました。

ロンドンでの取材では、当時泊まったオリンピック村を訪ねたり、食事は1日1回しかとらないことなどを語っていました。

 

また、ポール・スミスというスーツのオーダーメイドをする有名店で、スーツを作るところも紹介していました。

有名人なので、これくらいのことをしてもよいと思ってみていました。

 

内村選手はハリーポッターが好きらしく、ハリーポッターのロケ地も訪れていました。

 

 

内容2/着地の衝撃

 先日、世界選手権で大怪我にあいリハビリ中の内村選手。その内村選手が「着地の衝撃は1トンくらいある」と語っていました。

自分もちょっと経験があるので、この表現、何となくわかります。

 

 

内容3/世界一美しい倒立

 内村選手は「世界一、美しい倒立」といわれているそうです。その美しい倒立を本人が実際にしていました。

最初は美しい倒立からして、その後、一般の人がする美しくない倒立をしていました。

 

この倒立映像をみて、美しい倒立は本当にまっすぐ体が一本になり美しいと思いみてました。さすが世界一は違うなと思いみてました。

 

 

内容4/東京オリンピックについて

 今から2,3年後におこなわれる2020年の東京オリンピックについても語っていました。そのとき内村選手は31歳だそうです。

肉体や体力、精神面の限界からリオオリンピックで引退を考えていたそうです。しかし、次のオリンピックが東京と決まり、現役を続行したそうです。

 

東京オリンピックについての意気込みをいろいろ語っていましたが、プロは違うなと思ってみていました。

 

 

内容5/プロについて

 体操のプロについても語っていました。現役を退いたら子供たちに体操の楽しさを教えたいと語っていました。

凡人と違い、こういう人は意識が高いと思ってみてました。

 

 

内容6/天才について

 内村選手は体操界ではキングであり天才です。一般人からみればそうみえます。でも内村選手本人は「自分は天才ではない」と言ってました。

できないことや未熟なことがあるから人よりも練習するといっていました。この話を聞いて天才は「努力の上に努力をするんだなぁ」と感心しました。

 

 

内容7/リハビリについて

 番組でリハビリの風景を流していました。痛めた足をかばいながらでしたが、一般人には「これリハビリというの?」というくらい筋トレをしていました。

そのくらいしないと全体の筋力が落ちてしまうそうです。すごいリハビリ風景だなと思ってみてました。

 

 

内容8/自信について

 内村選手を見ているといつも堂々とした雰囲気があります。司会者が「試合で緊張しないんですか?」みたいなことを聞きました。

それに対し内村選手は「練習をするだけ積み重ねているので、後は本番ではそれを演技するだけなのであまり緊張しない」、みたいなことを言ってました。

 

これを見て僕は、努力をするだけ努力をしているから、その下地があるから緊張しないということにすごいと思いました。

また一流のアスリートとして堂々とした気構えはないといけないと思いました。

 

努力の下地があるから本番のときに緊張しないし、一流のアスリートだからメンタル面で堂々としているのだなと思いました。

一般人にはマネできないなと思いながら見てました。とりあえず、こんなところが僕が内村選手の特集番組を見ていての感想でした。

 

番組自体、とても良い構成の良い番組だなと思って見てました。勉強になりました。

 

 

 

足にくる衝撃について

 個人的にですが、足にくる衝撃について語ってみます。自分はスキーをします。スキー場にいったとき、ゲレンデにスノボー用のジャンプ台がありました。

遊び半分で、そのジャンプ台をスキーで飛びました。地面から3メートルくらい浮いて着地しました。足を地面に着いたとき、強い衝撃が足に走り足が折れるかなと思いました。

 

とても痛かったです。スキー選手とかスノボー選手とか高いエアーをして着地します。こういう演技を見ていて着地で痛くないのかなと思っていました。

見た目は3メートルくらいからの着地くらいしか見えないかもしれないですけど、すごい衝撃が走ります。自分はスノボーのジャンプ台で経験しました。

 

実際はすごい衝撃が走ります。プロは練習しているので大丈夫なのだと思います。なので内村選手が言った「1トンの衝撃が走る」は本当です。そのくらい着地は痛いです。

一般の人は3メートルくらいの高さから地面に落ちることは、まずないと思うので、この衝撃はわからないと思います。見た目以上に実際は衝撃が走ります。

 

一般人はこれをするとまず怪我すると思います。一応、参考までに。

 

 -PR-

 

 

まとめ

 何気なく夜にチャンネルを回していたら、内村選手の特集をしていました。一般人の僕からみて、一歩、内村選手の内面に入り込んだよい番組だと思ってみてました。

また内村選手について、少し知識が深まりました。感じたものがあったのでまとめブログを書いてみました。以上、雑記ブログについてでした。

 

 

 

【合わせて読みたい記事】

メンタル的な記事です。オススメです。

昔からの疑問?天才が語ったことで感じた「天才と凡人の違い」
昔からの素朴な疑問。天才と凡人はどう違うのだろうと思っていました。先日、体操の内村選手がテレビの取材で天才について語っていました。そこで今回はこの話を交えながら天才と凡人について考えてみます。

 

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

 
おしまい