行きつけのスーパー銭湯での3つの習慣

(階層カテゴリ:日常の雑記/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/09/05   更新日 17/09/05
 
 
 シケポンです。リフレッシュのために1ヶ月に2,3回、近所のスーパー銭湯に行き、ゆっくり湯に浸かっています。そんな行きつけのスーパー銭湯で僕がする、3つの習慣についてご紹介します。
 

近所のスーパー銭湯

 自宅の近所にスーパー銭湯があります。近所といっても自転車で15分程度かかるけど。回数券を買えば1回の入浴料が600円程度で安く入れます。

お風呂も3種類くらい違ったお風呂があり、サウナと水風呂もあります。

そこは比較的、充実していて満足しているので、1ヶ月に2,3回、リフレッシュをかねて、そのスーパー銭湯を利用しています。

3つの習慣

 行きつけのスーパー銭湯なので、よく3つの習慣をしています。個人的なものですが、その習慣をご紹介します。

習慣1/サウナと水風呂に入る

 行きつけのスーパー銭湯に行ったら、必ずすることはサウナと水風呂には、最低1回は入ります。調子がよいときは2,3回サウナと水風呂に入ります。

 なぜ、サウナと水風呂に入るかといえば、前にテレビの健康番組を見ていたときに、サウナに入って、その後、水風呂に入ると毛細血管を刺激して体によいという情報を知ったからです。

 それを知ってから、行きつけのスーパー銭湯に行ったときは、必ず1回はサウナと水風呂に入るようにしています。サウナと水風呂は体によいみたいなのでオススメです。

でも、自分の体調に合わせて入るようにしてください。

 スポンサーリンク

習慣2/ナイロンタオルで体を洗ったあとはすぐしまう

 行きつけのスーパー銭湯に行くときは、ナイロンタオルを持っていき、ナイロンタオルで体を洗います。

以前、よくあったことは体をナイロンタオルで洗った後、浴室内にある棚にナイロンタオルを置く。そして、お風呂から上がったときにナイロンタオルをよく置き忘れすることでした。

これを何度もやってしまい失敗していました。

 そこで、浴室でナイロンタオルで体を洗ったあとはすぐに、一旦浴室を出て、脱衣場に行き、すぐナイロンタオルをしまうようにしました。

そしてまた浴室に戻ってお風呂に入るようにしました。この習慣をすることにより、浴室内の棚にナイロンタオルを置き忘れすることがなくなりました。

 一旦入浴中に浴室を出て、脱衣場に行くのは面倒ですが、このひと手間をすることによりナイロンタオルの置き忘れを防止することができます。

体を洗ったらすぐナイロンタオルをしまう。この習慣、オススメです。

 スポンサーリンク

習慣3/シャンプーで頭を2回洗う

 最近している習慣ですが、行きつけのスーパー銭湯に行ったときは2回、シャンプーで頭を洗うようにしています。家でお風呂に入るときは1回しかシャンプーはしていません。

なぜ2回シャンプーするかといえば、頭皮や頭の油をよく落とすためです。また、せっかくスーパー銭湯に来たのだから、無料で使える備品は使えるだけ使おうという貧乏人根性からです。

せっかくお金を払って無料で使えるのだから、シャンプーを2回使って節約したほうがよいと考えました。

こうすればスーパー銭湯に行ったときに、頭の頭皮や油もしっかり落とせるし節約にもなります。

自分は最近、行きつけのスーパー銭湯に行ったときは2回、シャンプーをするようにしています。

 スポンサーリンク

まとめ

 僕の行きつけのスーパー銭湯にいったときの3つの習慣についてでした。日常生活のちょっとした参考になればと思います。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告