【2017年版】今後のスマホ代の節約を考えたiphoneの賢い利用法

通信費・通信環境

(階層カテゴリ:通信費・通信環境/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/08/31   更新日 17/08/31
 
 
 どうも、シケポンです。毎月の大手携帯会社のスマホ料金は貧乏人にとっては高いです。そこで今回は、今後を考えたスマホ代の節約について考えてみます。
 

 

なくてはならないもの

 スマホは、現代ではなくてはならないものです。必需品です。

自分の場合、空いた時間にネットを見たり、路線検索で最短ルートと最短で行く方法を確認したり、googleマップを見て、知らない土地に行ったときに利用したりしています。

また、スマホのitunesで音楽を聴くこともあります。またメモ帳を使い、思いついたことを記したりもしています。もうスマホは生活の一部でかかせないものです。

 

でも毎月の料金が高い

 確かに現代では、必需品のスマホ。何らかの情報をその場で取得するときなどは便利です。

そして、生活の中でいろいろと使えます。利用度や便利さは分かるのですが、でも、月々9000円くらいの利用料は正直、高いです。もう少し安くしたいものです。

 

昔は選択肢が一つしかなかった

 昔のスマホはSIMロックがかけられ、事実上は大手3社の独占状態でした。なので大手3社は料金を横並びにして高い料金を設定していました。

消費者はこれに従うしかありませんでした。自分もその感覚に慣れてしまったので、「スマホ代は月々9000円くらいするけど便利だし、仕方ないよな」と思っていました。

 

2015年にSIMフリーになった

 ニュースで政府の行政指導により、「SIMロックが解除されSIMフリーになる。そして、このことによりスマホ料金が安くなるかも」というニュースを見た記憶があります。

 これネットで調べてみたら2015年の春の話し出そうです。今(2017年9月)から考えると約2年前の話だったんだなと思いました。

このときは、「そうなんだ」くらいしか思っていませんでした。

 

参考記事 → SIMフリーが義務化されたことで大きく変わったこととは?

 

月日は流れ

 SIMフリーになってから約2年の月日が流れました。あの頃は感心がなかったSIMフリーと格安料金。どうせ料金が安くなっても品質が悪いんだろくらいしか思っていませんでした。

それは、昔のツーカーの悪い印象があったからです。でも2年が経ち格安SIMはシェアーを拡大していきました。

そして、最近、格安SIMを使っている職場の同僚に使い勝手を聞いたら、品質面で大手とそんなに変わりないよという評価を聞きました。

これにより自分は「昔と違い、今は格安SIM会社でも、そんなに品質は悪くないんだな」と思いました。

昔のツーカーのような低品質でトラブルばっかりだったような不便さはなさそうだと思いました。

 

選択肢に入った

 今までは、格安SIM会社は「安かろう、悪かろう」と思っていました。でも職場の同僚の話を聞いてそんなことはないんだなと思いました。

その人はゲーム好きで、ゲームをスマホでしていても不満を漏らさなかったからです。それだけ品質は悪くないんだなと思いました。

そんなところから、今までは大手携帯会社でないと品質はよくないという固定概念がありましたが、今では格安SIM会社でも品質はそれなりのようなので、選択肢としては、ありなんだなと思いました。

 

昔と現代のすみわけ

 大手携帯会社(3社)と格安SIM会社のすみわけ。これは簡単にいってしまえば料金の価格帯ゾーンが違うと思います。昔と今のすみわけを図にしてみました。

 昔はSIMロックだったため、大手3社の高価格帯での独占状態でした。現代では高価格帯は大手携帯会社、低価格帯は格安SIM会社とすみわけがなされているようです。

価格帯のラインですが6000円がラインだと思います。

 

自分の場合

 自分の場合、月々の使うデータ量を調べてみたら1GBもありませんでした。スマホでゲームはまったくやらないし、メールとインターネットを軽くやるくらいです。

自分の場合は、データ量はそんなにいらないので格安SIMにしたほうがお得になると思いました。

 

参考記事 → 【要点】節約のためのSBのホワイトプランとYmobileのプラン比較

 

僕はiphoneユーザー

 僕はiphone4からiphoneを使い続けています。もうパソコンといったらOSはwindowsのようなものです。スマホといえば僕はiphoneです。

料金が安くなるからアンドロイドとかいう選択肢もあるかも知れませんが、僕の中ではiphoneは譲れません。

 

iphoneを考慮した格安SIM会社

 簡単にパッと調べてみたのですが、iphoneが使える格安SIM会社でよいのは、Ymobileだと思います。CMもソフトバンクの系列会社なので力を入れています。

 Ymobileだとiphone SEなら格安で利用できるようです。具体的な話は、Ymobileのホームページで確認してみてください。

 最新機種でなくスペックダウンという印象は受けますが、とりあえずiphoneが使えて、月々のスマホ料金を安くしたいなら、Ymobileでiphone SEという選択が自分はオススメです。

 

参考記事 → 【2017年度版】節約のためソフトバンクからYmobileへの切り替えを思案する

 

現在の状況とスマホ切り替えタイミング

 自分は現在(2017年9月)、ソフトバンクでiphone6sを使っています。月々のスマホ代は約9000円といったところです。

 ほぼ最新機種で料金が高くてもこのまま使うべきか、それともスペックダウン(iphone SE)しても月々のスマホ代が安くなるのを取るべきか悩みました。

 そして僕が出した結論は、「とりあえずiphone6sは月々の料金が高くても、最新機種のほうだし使い続けよう。そしてiphone6sが壊れたタイミングでYmobileに切り替えよう。

または、iphone6sが4年目になったときにYmobileに切り替えよう」と思いました。それが一番ベストかと思いました。

 自分はiphone6sが新発売した2015年9月に新規契約をしました。そして今(2017年9月現在)、約2年、iphone6sを使っています。

自分の場合、今まで4年、iphoneが持ったことがありません。なのであと1,2年もすればiphone6sが壊れると思います。別に自分は一つのiphoneを長く使う気はありません。

2,3年で壊れたら、そのつど最新機種に切り替えればいいだけのことですし。iphoneは精密機械だし、2,3年で壊れたつどに、最新のiphoneに切り替えれば十分かなと思っています。

そのほうが常にiphoneの最新機種が使えてよいかなと思っています。

 なので、今度はiphone6sが壊れたタイミングでYmobileに切り替えようと考えています。ソフトバンクは6,7年、長く使っていますがさよならしようと考えています。

 そうすれば、現在のiphone6sは使えるだけ使えて、そのあとは料金が安くなるほうを選択できるからです。

もしくは、4年iphone6sが持たないと思いますが、iphone6sが4年目になったときに切り替えようかと考えています。これは2年しばりの違約金がないからです。

4年もiphoneを使えば、その後、すぐ壊れるのは分かっているので、そのタイミングで切り替えようかと考えています。

このようにすれば、現在の高い大手携帯会社のスマホ料金から、安い格安SIM会社の切り替えがスムーズにいくと考えています。

 

ポイント

 現在の大手携帯会社の高いスマホ料金から、格安SIM会社の安いスマホ料金に切り替えたい人は、今使っているiphoneが壊れてから、格安SIM会社に切り替えるのが、なにかとベストだと思います。

 

まとめ

 品質がよいのは分かるけど、大手携帯会社のスマホ料金が高いと悩んでいる人、不満に思っている人は多いと思います。自分もその一人です。

最近は格安SIM会社もシェアーを広げつつあります。そして品質もまあまあのようです。自分は今使っているiphoneが壊れたら、格安SIM会社に切り替えようと考えています。

自分は格安SIM会社の情報を集めてそう思いました。この記事が自分と同じように月々のスマホ料金が高くて悩んでいる人、不満に思っている人の参考になればと思います。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい