洗う食器を減らす賢いレトルトカレーの食べ方!一人暮らしの知恵

一人暮らしの知恵

 どうも、一人暮らしをしているシケポンです。一人暮らしの人にとってレトルトカレーは、とても便利です。なので、僕はよくレトルトカレーを食べています。最近、効率的なレトルトカレーの食べ方を思いついたのでご紹介します。

 

 

最近のレトルトカレーはおいしい

最近のレトルトカレーは、昔と違いおいしいです。

レトルトカレーとレトルトライスがあれば、簡単に電子レンジで温めて食べることができます。

 

 -PR-

 

 

一人暮らしとレトルトカレー

 一人暮らしの人にとって、レトルトライスとレトルトカレーを家にストックしておくと、

いつでも、電子レンジで温めて、簡単にカレーが食べられるので便利です。

 

 

 スポンサーリンク

 

 スポンサーリンク

 

僕はよく、レトルトカレーとレトルトライスを電子レンジで温めて、カレーライスを家で食べています。

 

 

レトルトカレーの食べ方

 自分のレトルトカレーの食べ方は、こんな感じです。まず、レトルトのライスを電子レンジで温めます。

次に、レトルトカレーを耐熱容器に移して、レトルトカレーを電子レンジで温めます。

 

そして最後に、お皿にライスをのせ、温めたレトルトカレーをご飯にかけて食べます。まあ、一般的な食べ方だと思います。

 

 

■カレー温め

画像1

 

 

■カレーライス お皿もり

カレー画像1

 

 

 

 

一般的な食べ方の不満

考える犬

 この食べ方的には不満はないのですが、食べ終わった後の食器の量が多いのが不満です。

なんか、レトルトカレーを食べるときの食器の量を減らせないかと思っていました。

 

 

■一般的な食べ方をしたときの食器の量

食器画像1

 

 

 

レトルトカレーを食べるときの食器の量を減らすアイデア

 あるとき、いつものように、レトルトカレーを温めてカレーを食べていました。そして、そのとき、ふとよいアイデアが浮かびました。

 

それは、

「別にお皿にライスとカレーを盛らないで、温めた耐熱容器のカレーの中にライスを入れてもいいんじゃない。

そうすればカレーを食べるためのお皿も必要ないし・・。こうすれば、使う食器の量が減り、食器洗いも楽になるんじゃないかなぁ」

と思いました。

 

 別にレトルトカレーを食べるときは、一人暮らしの簡単な食事をしたいときだけなので、見た目にこだわる必要はないと思いました。

わざわざ、お皿にあける必要はないと考えました。

 

そこでさっそく、このアイデアをやってみました。

 

 

■耐熱容器とレトルトカレーライス

カレー画像2

 

 

このアイデアをした感想

 レトルトカレーを温めた耐熱容器の中に、ライスを入れてカレーを食べてみました。感想としては、特に問題ありませんでした。

別に、普通にカレーをおいしく食べられました。

 

自分の場合、オシャレな耐熱容器を使っているので、見た目もバッチリです。

 食べ終わった後の食器洗いも、食器の量が減ったので効率的になってよかったです。全体的に満足しました。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

オシャレな耐熱容器

 前に、お昼の番組をみていて、この商品を紹介していて、気になったので購入してみました。

数年使っていますが、見た目もオシャレで、耐熱容器としても、しっかり使えます。

 

電子レンジでの温めのときにはいろいろな用途に使えて便利です。一人暮らしの人は、ぜひ1つあってもよい商品だと思います。

この耐熱容器、使いやすく見た目もオシャレなので、私のオススメ商品です。

 

ちなみに一人用の容器ですけどね。

 

 

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

 

食器洗いの比較

 画像で食器洗いの比較をしてみます。アイデア前はお皿も洗わないといけませんでしたが、アイデア後はお皿が不要になりました。

その分、食器の洗う量が減って食器洗いが楽になりました。

 

■食器の量

食器画像2

 

さらに、食器洗い不要でレトルトカレーを食べるアイデアを思いつきました。そんなアイデアを知りたい方はこちらの記事をどうぞ

 

 

 -PR-

 

 

ワンポイントアドバイス

 この耐熱容器で、食べるときのポイントがあるので、説明しておきます。

自分の場合、オシャレな耐熱容器でカレーを食べるのはよいのですが、一つ問題があります。

 

この耐熱容器は陶器でできているため、鉄のスプーンで食べると「カチン、カチン」と金属音がします。

これが食べているときにカンにさわります。

 

なので、自分は、この耐熱容器でカレーを食べるときは、プラスティックのスプーンで食べるようにしています。

そうすると、金属音がしないので、普通に落ち着いて食べられます。

 

プラスティックのスプーンは、コンビニの弁当などについている、プラスティックのスプーンで十分です。

まあ、耐熱容器でカレーを食べるときの注意点であり、ポイントです。

 

 

■耐熱容器とプラスティックのスプーン

食器画像3

 

 

まとめ

 ふとしたことから、温めたカレーの耐熱容器の中にライスを入れれば、カレーを食べるときのお皿が不要になるのではないかと思いました。

実際にこれをしたら、お皿がいらなくなり、食器洗いの量が減り楽ができるようになりました。

 

一人暮らしのちょっとした生活アイデアになり、参考になればと思います。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

おしまい