あーあ、最近、コロナ鍋で疲れたなぁ。家にばかりいて「ステイホーム」で飽きてきたなぁ~
そんなあなたへのオススメ商品
(鍋じゃなくて禍 [わざわい] だから・・)

コロナ解消グッズ9選

スッキリ!夏の暑い時期に家で簡単に水風呂に入る方法?

エーゲ海 生活の知恵

こんばんは、シケポンです。
一人暮らし歴、約25年。
そんな経験から、一人暮らしの悩みや便利なことをご紹介していきます!

 

 夏の暑い時期は水風呂に入って、体をスッキリ、サッパリさせたいものです。それを家のお風呂でするのは、なかなか大変です。そこで今回は、ちょっとした工夫で、家のお風呂でも、簡単に水風呂に入る方法についてご紹介します。

 

 

夏の暑い時期に家で水風呂に入りたい!

水風呂

 季節のよい春や秋、冬場ならともかく、夏の暑い時期は、お風呂でほてった体を水風呂に入ってスッキリ、シャッキリしたいものです。

そんなとき「夏に家のお風呂でも簡単に水風呂に入る方法ないかなぁ~」と思っていました。

 

 

 -PR-

 

 

 

親戚のおじさんが教えてくれた

 もう数十年も昔に、自分がまだ水風呂という習慣がないときに、親戚のおじさんが家で簡単に水風呂に入る方法について教えてくれました。

といっても、正確には水風呂というよりも、夏の家での、お風呂場での、ほてった体をスッキリする方法についてですが・・・

 

 そのおじさんが教えてくれた水風呂に入ったような体がスッキリする方法とは・・・

お風呂場のシャワーの水を冷水だけにして、それを体全身に浴びることでした!
(もちろんこのとき、お湯の蛇口はひねりません。冷水だけです)

 

蛇口

 

おじさんは「シャワーの冷水の蛇口だけひねって、シャワーの水を浴びると冷たい水で体がクールダウンできて気持ちいいよ」と教えてくれました。

まあ、冷水シャワーというべきでしょうか。

 

自分は昔、おじさんが教えてくれたこの方法、家でのお風呂場での簡単な水風呂、体をクールダウンするにはちょうどよいと思いました。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

固定概念を捨てる

 水風呂というと、お風呂に水をはって、そこに体をつかることを思い浮かべます。

確かに施設が充実したスーパー銭湯などでは、これでよいです。でも、家のお風呂のときは手軽にやりたいものです。

 

水をはったお風呂に、体をつかるという水風呂の固定概念を捨てて、冷水シャワーにして体をクールダウンするのも水風呂と呼んでいいのではないかと自分は思います。

 

 

■イメージ画像

 

 

 

冷水シャワーの感想

はてな犬

 この親戚のおじさんから教えてもらった冷水シャワー、夏の暑い時期にやると体がひんやりして気持ちいいです。

スーパー銭湯の水風呂と同様に体を冷やすことができて気持ちいいです。

 

簡単にできるのもいいです。普段、お湯と水の蛇口をひねっているのを冷水の蛇口だけひねるだけでよいのですから。

冷水シャワーは、体全身に浴びるので効果的には水風呂とほとんど変わらないと自分は考えています。個人的にはオススメです。

 

 

冷水シャワーのタイミング

 冷水シャワーのタイミングですが自分の場合は、風呂場から出る直前に冷水シャワーをします。普通にお風呂に一通り入ります。

そして、最後に冷水シャワーをすると気持ちいいです。

 

お風呂上りの体をタオルで拭くときも、汗が多少引くのでよいです。自分の場合は、そんなタイミングで冷水シャワーをしています。

 

 

 

 

冷水シャワーの温度

 自分がよく行く、スーパー銭湯の水風呂の温度はだいたい、17~19度です。

一般家庭のお風呂場の水の蛇口をひねったときのシャワーから出る水の温度は、体感的にですが20度前後かと思います。

 

自分の感覚としては、自宅の冷水シャワーの温度もスーパー銭湯の水風呂の温度も、ほとんど一緒かなと思います。

それか、自宅の冷水シャワーのほうが若干温かく感じます。

 

でも、冷水シャワーも冷たい水が出るので、浴びると体がひんやりして気持ちいいです。

冷水シャワーの水の温度は、スーパー銭湯の水風呂の温度とほぼ一緒と考えてよいと考えます。

 

 

冷水シャワーのポイント

 冷水シャワーをするときのポイントは、お湯の蛇口は一切ひねらないことです。

 

ちょっとお湯の蛇口をひねって人肌くらいの水の温度にしたいですが、それを我慢して冷水の蛇口だけひねって、その水を体に浴びてください。

水風呂みたいな刺激が体感できます。

 

「冷水の蛇口だけひねって、お湯の蛇口は一切ひねらない!」。これが、冷水シャワーを浴びるときのポイントです。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

気温と冷水シャワー

 冷水シャワーをするときのマイルールとして、気温が30度以上のときは冷水シャワーをします。

また、気温が30度以下のときは冷水シャワーをしないようにしてます。

 

 気温が30度以上のときは、冷水シャワーをすると気持ちいいです。

しかし、気温が30度以下のときに冷水シャワーをすると、滝業をしているような感じになるので、冷水シャワーはしません。

 

滝業したことないけど・・・

 

 

 自分の気温と冷水シャワーの感想はこんな感じです。

 

 気温35度以上 : 冷水シャワー、超気持ちいい
 気温30度以上 : 冷水シャワー、適度に気持ちいい
 気温30度以下 : 冷水シャワー、滝業しているようで寒い
           (たぶん風邪引きます)

 

 なので、自分の目安としては、気温が30度以上になったとき、冷水シャワーをするようにしています。

 

 -PR-

 

冷水シャワーをする時期

 冷水シャワーをする時期は、7月~9月といったところです。7,8月は暑い日が続くので気持ちいいです。9月は初秋に入るので、気温の低い日に冷水シャワーをすると寒いです。

 だいたい、7月から9月にかけて冷水シャワーをするのがよいです。

 

 

冷水シャワーの注意

 サウナの水風呂と同様なのですが、温度差があるので、ご自分のおからだに合わせてするようにしてください。

(心臓発作などされたりしたら困りますから・・ 一応注意です。)

 

 

 

まとめ

 冷水シャワーは、夏の暑い時期にすると体がひんやりして大変気持ちいいです。

自宅のお風呂場で手軽に簡単にでき、しかも、水風呂と同様の感覚を味わえるので個人的には大変オススメです。

 

夏の暑い時期にお風呂上りにサッパリ感を味わいたい人は挑戦してみてください。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい