【生活の知恵】独立洗面台がない賃貸部屋でも快適に過ごす方法

(階層カテゴリ:生活の知恵/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/05/03   更新日 18/11/08
 
 
 普段の生活で、独立洗面台があると便利です。でも、安い賃貸部屋には、独立洗面台がないことがよくあります。そこで今回は、部屋に独立洗面台がなくても快適に過ごす方法について、ご紹介します。 
 

独立洗面台がある部屋

 独立洗面台がある部屋(アパート)は、ちょっとした身だしなみを整えるとき便利です。

例えば、歯を磨く、顔を洗う、ひげを剃る、顔や髪を整えるときなどです。

僕は独立洗面台がある部屋(アパート)にも住んだことがあるので、その便利さがわかります。

 -PR-

家賃が安いアパートの悩み

 一方、家賃が安い部屋には独立洗面台が付いていないことが多いです。このようなとき、どこで身だしなみを整えればよいのか、ちょっと困ります。

僕がオススメする解決策

 そんな独立洗面台がない部屋でも、ちょっとした身だしなみが簡単にできるようにしたい・・。そんな便利な場所が知りたい・・。

そこで、僕がオススメする独立洗面台の代わりとなる場所は、バスルームの洗面台を使うことです。そうすると便利です。

さらに、バスブーツという商品を使うとさらに、バスルームの洗面台が使いやすくなります。

バスブーツという商品を使い、一工夫するだけで、独立洗面台がない部屋でも、快適にちょっとした身だしなみをすることができます。

これが、独立洗面台がない部屋でも快適に過ごす秘訣と解決策です!。

■バスブーツ

一人暮らしの男性向け記事

 僕は賃貸アパートで一人暮らしをしています。そして、安い賃貸アパートなので独立洗面台が付いていません。

 なので、この記事の主な対象者は、僕と同様な人、主に賃貸アパートで一人暮らしをしている男性を対象とします。

でも、一人暮らしの女性の方でも、参考にできるところは参考にしてください。 (^ ^)v

順番に説明

 僕が独立洗面台がない部屋で、バスルームの洗面台とバスブーツを使って代用している方法について、これから順番に説明していきます。

ちょっと、話が長いかもしれませんが、最後までお付き合いください。

友だちとの世間話

 僕の周りの友だちは、独身貴族で、一人暮らしの人が多いです。

そんな独身仲間と、飲んだときに自宅の洗面台の話になったことがありました。

 友だちはみんな、自宅アパートの条件として独立洗面台がないと困る。独立洗面台がついていて、当たり前といっていました。

 僕は貧乏人だけど、友だちはみな、稼ぎのよいサラリーマン。当然、友だちの住んでいるアパートには、独立洗面台がついています。

僕は、ボロアパートに住んでいるので、独立洗面台が付いていません。

友達と飲んだとき、そんな話をして、独立洗面台はあったほうがよいけど、そんなものなのかなと思いました。

■アパートのイメージ写真

不便は感じない

 僕の住んでいるアパートには洗面台がありません。でも、僕はある方法をしていて、洗面台がなくても不便に感じたことはありませんでした。

知らないうちに、自然とこの方法をしていたので、気にもとめていませんでした。

でも、友だちと飲んで話しをしたときに、自分がしている方法は、ナイスなアイデアだったんだなと気づきました。

 スポンサーリンク

(洗面台といえば、歯ブラシスタンド)

ある方法とは?

 僕の住んでいるアパートに独立洗面台がなくても快適に過ごす方法・・・

そのある方法とは???

答えを教えちゃいましょう!

それは、バスブーツを使うことです!

 スポンサーリンク

「バスブーツ」と「洗面台がなくても快適に過ごす方法」とどう関係があるの?

という方もいると思うので、この後、じっくり説明していきます。

独立洗面台の利用場面

 まず、一人暮らしの人が独立洗面台をよく使う場面を考えてみます。僕が洗面台を使う場面はこんなときです。

・朝、顔を洗うとき
・朝晩の歯を磨くとき
・ひげを剃るとき
・お出かけ前の顔や髪をチェックするとき
 など

こうして考えてみると、独立洗面台を使う利用場面は、わりと限られています。

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

独立洗面台の代わりとなる場所

 独立洗面台を使う機会といえば、顔を洗う、歯を磨くときなどです。

それを独立洗面台がないアパートでしやすい場所といえば、バスルームではないかと思います。

なぜなら、独立洗面台に使う用具がバスルームにも全てあるからです。僕の場合は、バスルームにある台に歯磨き粉と歯ブラシを置いています。

また、バスルームには鏡があり、洗面器や水道(蛇口)もあります。

これらにより歯も磨けるし、顔も洗えます。また、バスルームには鏡があるのでひげも剃れるし、顔や髪のチェックもできます。

独立洗面台がなくても、バスルームの洗面台を利用すれば、独立洗面台と同じことがなんでもできます。

なので僕は、独立洗面台ですることをバスルームでいつもしています。

 ただし、バスルームには一つ問題があります。それは、バスルームの床がよくぬれていることです。

これは、お風呂に入れば、バスルームの床がぬれるのは当たり前なので、仕方のないことです。

バスブーツに至った経緯

 バスルームでも独立洗面台と同じことができます。ただ1点、足裏がぬれるのは困ります・・。

何か足のぬれないよい方法はないかと思うようになりました。

 そこで、バスルーム周りを見て思いついたのが、バスブーツでした。バスブーツは、お風呂場の掃除をするときのために、以前から家にありました。

 バスルームに入るときに、バスブーツをトイレのスリッパみたいに履く。

そうすれば、足もぬれずに、かつバスルームで歯を磨いたり、顔を洗ったり、ひげを剃ったりできて、とても便利ではないかと考えました。

 -PR-

ワンポイント/ バスブーツの置く場所

 ちなみに僕の場合ですが、バスルームに入るとき、バスブーツがすぐ履けるようにバスルームの入り口付近、にいつもバスブーツを置いています。

こうしておくと、すぐバスブーツが履けて便利です。

 

 バスブーツの収納についてですが、本や書類を収納するケースを使うと便利です。このアイデア、バスブーツを収納する自分のオススメ方法です。

 スポンサーリンク

このアイデアの感想

 バスルームの洗面台を独立洗面台代わりにする方法、および、バスブーツで足裏が濡れない方法ですが・・・

 バスブーツを履いてバスルームで歯を磨いたり、顔を洗ったり、いつもしていますが特に違和感はありません。

ネットでは、これらを台所でしている人もいるようですが、自分としては、バスルームでするほうが便利だと思います。

独立洗面台のないアパートでは、この方法、お手軽で便利です。

トイレに入るときスリッパを履くように、バスルームで簡単な身支度をしたいときにバスブーツを履く感覚なので、トイレのときと同じような感覚です。

 ポイントとしては、いつもバスブーツを履けるように、バスルームの入り口付近に、いつもバスブーツを収納しておくと便利です。

バスルームの洗面台を利用するメリット

バスルームの洗面台を利用するメリットを簡単に上げてみます。

・独立洗面台を掃除する必要がない(そもそもないけど)
・バスルームの洗面台を利用すると掃除個所が減る
・バスルームを掃除するだけデジカメ洗面台も掃除できる
・バスブーツを用意しておくとバスルームに入っても足が濡れないで快適
・バスブーツをバスルームの入り口に用意するだけで生活が快適になる
・台所で身支度をする場合の不快感がない
 (これは個人的かな?)

このように、独立洗面台の代わりにバスルームの洗面台を利用するメリットは多くあります。

個人的には台所よりもバスルーム

 ちょっとした身支度や身だしなみを整えるときに、台所でする人がいるそうです。ネットで調べた限りでは・・。

 でも、僕個人としては、ちょっとした身支度や身だしなみをするときは、台所よりもバスルームでしたほうが、何かとよいと考えます。

このアイデアの実績は10年以上

 僕はこの方法(アイデア)で10年以上、バスルームで身支度をしていますが、不便に感じたことは一度もありません。むしろ楽で便利です。

 独立洗面台が部屋(アパート)に付いてない人にとってはこの方法、大変よいです。

 -PR-

似たような一人暮らしの、もう一つの生活問題

 自分の住んでいるアパートに、独立洗面台がない。よくあることです。それと同様に、トイレにウォシュレットが付いていないということもよくあります。

 特に独立洗面台がないアパートは、トイレにウォシュレットが付いていない可能性が高いです。

これもアパートで一人暮らしをしている人の大きな生活問題です。

そこで、個人的に改善策を考えてみました。

 以下に、自宅アパートのトイレに、ウォシュレットが付いていないときの対処法のまとめた記事です。こちらの記事も、一人暮らしの生活向上の記事になります。

たいへん参考になります。オススメです。

【関連記事】

 → 賃貸アパートのトイレにウォシュレットがなくても快適にお尻の穴をきれいにする方法

一人暮らしにオススメの歯ブラシスタンド

 ついでに、一人暮らしの人で、おしゃれでシンプルな歯ブラシスタンドは欲しくありませんか?

 これが、ちょっとした日用品で代用することができます。こちらも一人暮らしのオススメ記事です。参考までに。

参考記事

 → 一人暮らし用のシンプルで使いやすい歯ブラシスタンド(垂直タイプ) 

まとめ

 アパートに独立洗面台がない人は、独立洗面台でやる身支度をバスルームでおこなうと便利です。

また、バスルームに入るときバスブーツを履くと足が濡れずにすみ快適です。

そして、バスルーム入り口付近に、バスブーツを収納しておくと、すぐにバスブーツが履けて便利です。

このアイデア、アパートに独立洗面台がない人にオススメの方法です。この記事がアパートに独立洗面台がなくて困っている人の参考になればと思います。
 

 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

【合わせて読みたい記事】

こちらの記事もオススメです。

昔からの疑問?「ユニットバス」とはトイレとバスが一体型のものをいうの?
【浴室】床下にある石鹸箱の中のせっけんが溶けないようにするアイデア
男の洗っても洗濯物がくさい、においが取れないを解決![熱湯つけ置き殺菌]

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告