数種類の洗濯ピンチハンガーを使った感想と課題

(階層カテゴリ:生活課題/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/04/08   更新日 18/05/12
 
 
 洗濯ピンチハンガーをベランダに放置しておくと、直射日光の影響ですぐ壊れてしまいます。そこで何種類かの洗濯ピンチハンガーを使ってみました。今回は、その感想を書いてみます。 
 

一般的な洗濯ピンチハンガーの感想

 市販の洗濯ピンチハンガーはプラスチック製(樹脂)のものが多いです。軽くてそこそこ丈夫で使いやすいです。

しかし、個人的な感想として、洗濯ピンチハンガーをベランダに放置しておくと、樹脂は直射日光に弱いので劣化しやすく2,3年で壊れてしまうのが難点です。

その点を踏まえて、数種類の洗濯ピンチハンガーを使った感想を述べてみます。

 -PR-

① 一般的な大きめの洗濯ピンチハンガー

 ホームセンターなどで、よく売られている大きめの洗濯ピンチハンガーです。個人的にはこれがたくさん洗濯物を干せて一番使いやすいです。

軽くて大きく使いやすいです。でも、ベランダに放置しておくと直射日光の影響で2,3年で壊れてしまうのが難点です。

 
 スポンサーリンク

② 吊るし部分が鉄の洗濯ピンチハンガー

 吊るし部分が鉄のため、日光の影響を受けにくいです。使い勝手もそこそこよいです。日光を受けてもある程度、長持ちします。

しかし、大き目の洗濯ピンチハンガーに慣れた自分にとっては、大きさがちょっと小さく、あまり洗濯物が干せないのが残念です。全体的には、そこそこ使いやすいです。

 
 スポンサーリンク

③ ステンレスの洗濯ピンチハンガー

 ステンレスなので軽いのかなと思っていたら、結構重量感がありました。よくよく考えてみたらアルミではなくステンレスでした。

鉄なので日光の影響を受けにくく、これが直射日光を受けても一番壊れにくいです。この中では一番長持ちします。

でも、個人的な感想としてはちょっと小さいので、洗濯物があまり干せないのが残念です。また、重量感が使っていてとても気になりました。

よい商品だと思うのですが、一丁一旦な感じがします。

 
 スポンサーリンク

3種類の商品の大きさ

 右側が、よく市販されている大きめの洗濯ピンチハンガーです。大きさはそれと比較してみてください。参考までに。

課題/ 5,6年は持ってほしい

 一人暮らし男の自分にとって、洗濯ピンチハンガーは5,6年は持ってほしいと思います。2,3年おきに買い替えは面倒くさいからです。

それにランニングコストからいっても2,3年では効率が悪いと考えます。とはいえ自分がベランダに放置している使い方が悪いのですが・・・。

 手狭な一人男のアパート暮らしなので、室内には洗濯ピンチハンガーを収納するスペースがありません。

洗濯ピンチハンガーは、ベランダに置いておいても5,6年は持ってほしいと考えます。

参考記事 

洗濯ピンチハンガーがすぐ壊れて腹が立つ!その改善方法(工夫して長持ちさせる方法)
一人暮らし男の生活課題・・・。それはプラスチック製(樹脂)の洗濯ピンチハンガーをベランダに放置しておくと、直射日光ですぐ劣化してすぐ壊れてしまうことです。今回はこの問題について考えてみます。

評価

 使いやすさから言えば①②③の順で使いやすいです。ただし、劣化から考えると③②①の順がよいと思います。正直なんともいえません。

一番よいのは、①の洗濯ピンチハンガーで5,6年は持つのが理想です。個人的な使い勝手をマトリックスにまとめてみました。参考にしてみてください。

まとめ

 数種類の洗濯ピンチハンガーを使った感想をまとめてみました。洗濯ピンチハンガーで悩んでいる人の参考になればと思います。

 

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告