オシャレな手作り自転車タオル入れケースの作り方

(階層カテゴリ:自転車/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/11/27   更新日 18/04/12
 
 
 みなさん、オシャレな自転車タオル入れケースは欲しくありませんか? そこで今回は、見た目もカッコよくオシャレな自転車タオル入れケースの作り方をご紹介します。
 

 
 
 

きっかけ

 サドル下の空間にタオルを突っ込んでおくと、何かと便利だけど見た目が悪い。

そこでオシャレでカッコいいタオル入れホルダーを作っちゃえと思い、試行錯誤しながらこれを思いつきました。これから作り方などを説明します。

  
  
  

材料

オシャレな自転車タオル入れケースを作るために以下のものをご用意ください。

・ジュースホルダー
   → 100円ショップで販売しています

・粒ガムのボトルケース

・タイラップ

・黒板ペイント
   → 100円ショップで販売しています

・ニス(ブラック)
   → ホームセンターで販売しています

・はけ
   → 100円ショップで販売しています

・使い古した歯ブラシ

・厚さ1mmのゴム
   → ホームセンターで販売しています

■画像 材料の写真

 

費用

費用はだいたい2000~3000円といったところです。

作り方

オシャレな自転車タオル入れケースの作り方、手順についてご説明します。

(1) 粒ガムケースのラベルをはがす

(2) 粒ガムケースにタイラップを通す穴をあける

 ※塗る前に穴をあけておいた方が楽です
 ※穴はジュースホルダーに合うよう調整してください

(3) 粒ガムケースに黒板ペイントを塗る

 ※1~2日くらい乾かす

(4) 粒ガムケースにニス(ブラック)を塗る 

 ※ニスがコーティングになります
 ※1~2日くらい乾かす
 
 

 
(5) ジュースホルダーと黒く塗った粒ガムケースをタイラップで固定する

 

 
(6) 厚さ1mmのゴムを2cm四方に切り取る

(7) ジュースホルダーをサドル下に取り付ける
  (サドル下のポールとジュースホルダーの間には、緩み防止のためにゴムを挟みこむ)

(8) 完成
 
 

 
似たような記事でこちらも参考になります。

 参考記事 →  ブラックでカッコいい自転車用のタオル入れボックスの作り方

感想

 この自転車用のタオル入れケースは、とても使いやすいです。費用もお手頃です。自分としては見た目がオシャレでカッコいいので気に入っています。

ニスを塗ると水に強くなり状態が長持ちするので、ニスを塗ることをおすすめします。ちょっと作るのが面倒ですが、それを除いてはとても便利な手作りの自転車タオルケースです。

 
 

おまけ

 100円ショップでジュースホルダーを探していたら白いジュースホルダーを見つけました。これなら色を塗らなくて楽かも。参考までに。

 
 

まとめ

 自分はオシャレな自転車用のタオル入れケースがほしいと思っていました。

そこで、普段捨てていた粒ガムボトルケースと自転車のドリンクホルダーを使って自転車のタオル入れケースを作ってみることを思いつきました。

自分のなかなかの自信作です。興味がある方は、参考にしてみてください。

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告