ウォシュレットなし自宅アパートトイレでお尻をスッキリさせる方法

(階層カテゴリ:一人暮らしの知恵/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/11/13   更新日 18/06/14
 
 
 みなさん、安い一人暮らしアパートにはトイレにウォシュレットが付いていないことが多いです。でも、便利さからウォシュレットは使いたいものです。そこで今回は、自宅トイレにウォシュレット設置不要で、お金をかけずに、お尻をシャワーしてスッキリする方法を考えてみます。
 

 
 

この記事の対象者

この記事は以下の人を対象とします。

・自宅アパートのトイレにウォシュレットが付いていない人
・お金をかけずに自宅トイレでお尻シャワーがしたい人

 -PR-

ウォシュレットの便利さ

 洒落たオフィスビルや公共施設などの洋式トイレには、ウォシュレットが付いていて便利です。

肛門(お尻の穴)を人肌のお湯で洗うのは、気持ちがよいです。

長年の自宅トイレの悩み

 自宅は一人暮らしの安アパート。トイレは洋式ですがウォシュレットは付いていません。

いつも自宅トイレでウンコをした後、ウォシュレットをしたいと思っていました。

ウンコをした後にウォシュレットでお尻を洗うと、とても気持ちよいです。自宅トイレでもその気持ちよさが欲しいと長年思っていました。

お金はかけたくない

 賃貸のアパート。そこに、自費でお金をかけてまで、わざわざウォシュレットを付けたくはありません。

お金をかけず、お尻をシャワーする方法はないかと思っていました。

浴室でのお尻洗い

 ウンコをした後に、服を全部脱いでバスルームでお尻を洗ったことがあります。

バスルームのシャワーでお尻を洗うのは気持ちよいですが、お尻を洗うためだけに全部服を脱ぐのは面倒くさいです。

友達の話

 僕の友達はみな、どちらかというと独身貴族。立派な会社に勤めている人が多いです。そんな人達の一人暮らし自宅トイレはウォシュレットが付いているそうです。

うらやましい。家賃高いと思うけど。でも僕は貧乏人。彼らのようなリッチな暮らしはできません。ウォシュレットなしトイレで我慢しています。 (T_T)

 スポンサーリンク

アイデアの神が舞い降りる

 ある日、ウォシュレットのない自宅トイレでウンコをしていました。このときは切れが悪く、お尻がすごく汚れてしまいました。

紙で何度も何度も拭いてもきれいになりません。「ウォシュレットで洗えたらなぁ」と思いました。

まあ、こういう切れの悪いときってあるじゃないですか。

そんなとき、トイレの天井を見上げました。そうしたら、トイレ棚のところにマジッ○リンがあるのが見えました。

そこで、ひらめきました!

「霧吹きスプレー」でお尻をシャワーすればよいのではないかと…。これならお金もかからないし、お尻をソフトに水でぬらせるのでよいのではないかと考えました。

身近な霧吹きスプレー

 まあとりあえず、感触を実験してみようと思いました。そこで家の中にある霧吹きスプレー商品を集めてみました。

 うーん。本当は水を入れて試せばいいんだけど面倒くさい。そこでこの中から直接かけちゃえと思いました。

まず、マジッ○リンは脱落しました。

何となくお尻の穴にマジッ○リンはいけないと思ったので。残るは消臭剤か除菌アルコールに絞られました。

ちょっと試してみる

 何となく消臭剤で、お尻シャワーのテストをしてみるかと思いました。

面倒くさかったのでファブ○ーズの原液を直接、自宅トイレでお尻に吹きかけてみました。消臭剤の霧吹き容器で、お尻シャワーのテストをしてみました。

よい子のみなさんは、原液をかけるのはやめましょう。かけるなら水をかけましょう。(笑)

 スポンサーリンク

いい感じ

 テストした感想ですが、ウォシュレットのように、直接お尻の穴に命中させることはできませんが、お尻の穴周辺をほんのり水分で湿らすことができました。

その水分を紙に湿らせお尻を拭くとそこそこ気持ち良かったです。

もちろんウォシュレットのように完璧感はありませんが、一応水分でお尻を拭くことはできました。

紙のみでお尻を拭くよりかは、数段よくなったと思いました。あと服を全部脱がないでも、お尻を湿らせることができるのはよいと思いました。

 -PR-

何回かやってみた

 トイレに霧吹きスプレー容器を置き、その中に水を入れて、何回かウンコをした後、使ってみました。

霧吹きスプレーでの、お尻シャワーは、ウォシュレットほどの快感はありませんが、一応擬似的なお尻シャワーをしながらお尻をきれいにすることができました。

お金をかけずに一応お尻シャワーができるので個人的には満足しています。

僕のお尻シャワースタイル

 霧吹きスプレーを手にして、お尻シャワーするのに僕がよいと思うやり方を説明します。一応参考にしてください。

 便座に普通に座った状態で左手に霧吹きスプレーを持ち、そして左側の半ケツだけを少し持ち上げる。

その状態で霧吹きスプレーをベストな場所に持っていき、お尻の穴にめがけてスプレーをする。もちろん液体は水です。

そうするとお尻の穴周辺が水分でしめるので、紙で水分を吸収しながらお尻を拭き取る。(僕は左利きなので、右利きの人は右でしたほうが楽だと考えます)

 これが自分があまり疲れず、お尻シャワーをしやすい方法です。自分はこのスタイルでお尻シャワーをしています。

これは一例ですので、自分でベストなお尻シャワースタイルを考えてみてください。

まとめ

 一人暮らしのアパートトイレには、ウォシュレットが設置していないことが多いです。また、ウンコをした後、紙のみでお尻を拭くと肛門が痛いときがあります。

そこで考えたのが、霧吹きスプレーを使ってお尻を湿らせ、水分と紙でお尻を拭くアイデアでした。

ウォシュレットほどの快感はありませんが、一応お尻シャワーをしながらお尻を拭くよいアイデアだと考えます。

この方法はお金がかからないのがよいです。自宅トイレに霧吹きスプレーを置くだけで済みます。

ウォシュレットなしトイレでのお尻シャワーの参考にしてみてください。

【合わせて読みたい記事】

トイレ関連に人気記事です。オススメです。

賃貸アパートのトイレにウォシュレットがなくても快適にお尻の穴をきれいにする方法
僕が住んでいる賃貸アパートのトイレには、ウォシュレットがついていない・・。そんなことは、よくあることです。そこで今回は、自宅トイレにウォシュレットがなくても、お尻をスッキリさせるアイデアについて、ご紹介します。  
トイレ掃除を手短にしたい人にオススメの「男の座りション」
一人暮らしの男性のみなさん、自宅のトイレ掃除は手短かに済ませたくはありませんか。今回は、トイレ掃除を手短かにするアイデアをご紹介します。

https://blog01.shikepon.com/2017/04/18/1704f_toilet_souji_men/

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告