狭い部屋の収納術!夏場に大活躍する意外な冬物衣類入れ

(階層カテゴリ:一人暮らしの知恵/収納)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/07/08   更新日 18/01/31
 
 
 みなさん、冬物の衣類はがさばりませんか。そして夏の時期に冬物衣類の収納に困りませんか。そこで今回は冬物衣類の意外な収納ケースについてご紹介します。
 

 
 

冬物衣類収納の不満

 夏には冬物衣類を使わないので冬物を収納し、冬には夏物衣類を使わないので夏物を収納します。当たり前といえば当たり前です。

 夏物衣類は収納するとき、そんなにがさばらないのですが、冬物衣類は分厚いので収納するときどうしてもがさばり、収納スペースも結構とります。これが冬物衣類の不満です。

 -PR-

アイデア

 冬物衣類の収納はがさばり、収納スペースを取りやすい。そこで何かよい方法はないか考えてみました。

そこで、思いついたのが…
夏の定番商品の箱を利用することでした!

 夏の暑い時期に扇風機を箱から出して使う。夏の時期は、扇風機の箱の中は空っぽ。扇風機の箱が空っぽな期間だけちょうど使用しない衣類や布製品を収納してみてはと考えました。

冬物または春秋物をしまう

 扇風機はだいたい、6月から9月くらいまで使います。その期間だけ丁度よく収納したい衣類や布製品がないか考えてみました。

 まず、春秋物の衣類がよいと思いました。次に掛け布団のシーツがよいと思いました。主な例を上げると以下がよいと考えました。

・厚手のパジャマ
・ジャージ
・掛け布団のシーツ
 など

 ※簡単な例を上げてみましたが、収納するものは自分で考えてみてください

 これらは、ちょうど10月から5月くらいまで使います。また、6月から9月くらいまでは使いません。

要は、6月から9月まで使わない、または着ない衣類、布製品を扇風機の空箱に収納すればよいと考えました。

 こうすれば、扇風機を箱から出したタイミングで衣類や布製品を扇風機の箱に収納し、扇風機を箱にしまうタイミングで扇風機の箱から衣類や布製品を取り出して、すぐ使えて便利だと考えました。

(扇風機の空箱の期間だけ収納するのによい、衣類や布製品をうまく選ぶのがポイントです)

感想

 夏の時期になると一人暮らしの押入れは狭いため、冬物衣類または、春秋物衣類の収納には困っていました。このアイデアを思いつき、冬物衣類の収納が少し楽になりました。

まとめ

 扇風機を収納する箱は、夏の間は空っぽ。それを有効活用できないかと考えたのが夏場に着ない衣類の収納でした。

ちっとしたアイデアにより、夏には着ない冬物の衣類をうまく収納できるようになりました。狭い一人暮らし部屋の収納術の参考になればと思います。

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連ユニット広告A



スポンサーリンク
レクタングル(大)広告