足裏がピリッと痛い。なかなか治らず刹那くなった体験談⑤ 【足底筋膜炎】

健康管理

(階層カテゴリ:健康管理/足底筋膜炎)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/05/14   更新日 18/07/28
 
 
 足裏にピリッとする痛みが走るようになった。なかなか治らず精神的に落ち込んだ体験を今回は、お話しします。同じ体験をした方の参考になればと思います。
 

 
 

症状

 2016年2月くらいから、地面に足を着けると足裏にピリッとする神経的な痛みがはしるようになりました。

始めのうちは、しばらくすれば自然治癒するだろうと思っていました。

 

でも、2ヶ月経ってもピリッとした痛みが引かないし治らない。40歳半ばで一生この神経的なピリッとした痛みが続くのかと思ったら刹那くなりました。

1604e_2.JPG

 

 

 

整形外科で診察

 さすがに、2ヶ月経っても足裏の痛みが引かないので、病院に行くことに決めました。しかし、何科の病院に行ってよいかわからない。

このようなときは整形外科に行くのがよいというのが、ネットで調べて分かりました。

 

早速、ネットで近所の整形外科を調べて受診しました。

レントゲンなどいろいろ調べた結果、お医者さんから「疲労ですね」と言われました。多分、足を酷使して足裏に痛みが出たのだろうと言われました。

 

足裏に負担をかけないために、土踏まずのところにクッションをした方がよいとも言われました。そして「安静にしていれば治る」とお医者さんに言われました。

その言葉を聞いてほっとしました。この足裏のピリッとする痛みが一生続かないと思うと安心しました。

 

 

 -PR-

 

 

 

足裏の負担軽減対策と経過報告

 整形外科のお医者のアドバイスを受けてから、以下のことを毎日やりました。

 

① 足裏にサロンパスを貼る
② 土踏まず保護用のソールを入れた靴を履く
③ クッション性の高いソールを入れた靴を履く
④ 足首用のサポーターを付ける

 

そうしたら、2週間くらいで足裏のピリッとする痛みが和らいできました。1ヶ月くらいしたらほぼピリッとする痛みがなくなりました。

お医者さんのアドバイスを受け、対処して良かったと思います。

同サイト内にもこの時の経験をまとめたので参考にしてください。

 

 

その1
・足裏にピリッとくる謎の電気のような痛みとプラス足首体操 【足底筋膜炎】

その2
・足裏の謎の痛みとひざ下の凝りほぐし!そして整形外科の受診 【足底筋膜炎】

その3
・足裏の痛みと医師のアドバイス!また病名の特定と治療経過 【足底筋膜炎】

その4
・僕の足裏の痛みの総まとめ!病名と足裏知識と最終的な感想 【足底筋膜炎】

 

 

 スポンサーリンク

 

 

病名

 足裏が痛くなる病名、足裏がピリッと痛む病名は何だろうと思いネットで調べてみました。そして自分の症状に似ている病名は「足底筋膜炎」でした。

私と似たような症状の方は「足底筋膜炎」で検索してみると知識が深まります。

 

 

 -PR-

 

 

原因

そもそも何故、足裏が痛くなったのか。自分の場合、思い当たることがあります。

それは…

 

① 底の固い安全靴をクッション性の高いソールを入れずに毎日履いていた。
② 1ヶ月に1回、4時間程度のハイキングをしていたが、トレッキングシューズではなく普通のシューズでハイキングしていた。

 

正直、今まで足裏をいたわることをしていませんでした。これをきっかけに反省し足裏をいたわるようにしました。

 

 

 

対応策

自分がした主な対応策を以下に上げてみます。

 

① ハイキングするときはトレッキングシューズを履くようにした
② 靴底が固いときは、クッション性の高いソールを入れて履くようにした
③ 足首のサポーターをするようにした
④ 土踏まずクッション用のソールを使うようにした

 

自分なりの足裏の負担軽減対策をした方がよいと思います。

 

 

 

完治期間

 この病状になってから、ほぼ痛みがなくなるようになったのが6ヶ月、完治したのが1年でした。1年かかってやっと足底筋膜炎が完治しました。

 

 

 

まとめ

 足裏は本来は丈夫な部分だそうです。しかし、酷使すると足裏を痛めてしまいます。また、足裏は普段は気にしませんが、人が健康であるためには重要な部分です。

普段から足裏をいたわり足裏を痛めないように気をつけましょう。
   

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 

 
おしまい

 

 

こちらのボタンを押すと目次ページに戻ります。