足裏にピリッとくる謎の電気のような痛みとプラス足首体操① 【足底筋膜炎】

健康管理

(階層カテゴリ:健康管理/足底筋膜炎)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/04/14   更新日 18/07/28
 
 
 左足の土踏まず、または、くるぶし下あたりがピリッと痛い。特に怪我とか捻挫をしたわけではないがとにかく痛い。そこで今回は、そんな謎の痛みがあるときの対処法について考えてみます。私の体験が足裏や土踏まずに痛みがある人の参考になればと思います。
 

 
 

症状

 今から、約2か月前の2月上旬に左足の土踏まず、もしくは、くるぶし下あたりピリッとくる痛みがはしるようになった。なんとなく神経的な痛みがする。

特に捻挫や怪我はした覚えがない。

 

立ち仕事をしているとき、軽いジョギングをしているとき、ハイキングをしているとき、地面に足を着けると時折、左足裏にピリッとした痛みがはしる。

生活はできるけど、時折ピリッときてイライラする。何もしなければそのうち治ると思ったけど2か月経っても治らない。

 

 

 -PR-

 

 

 

病状者情報

 40代半ばの男性。

 

■画像1 足の痛い部分の画像

 

 

痛みが始まった時期

 真冬の2月上旬くらいから、足裏にピリッとする痛みがはしるようになりました。今、4月の上旬ですがまだ痛みが消えません。

真冬の時期に発症したので、足の冷えや筋肉が硬くなっているのかもしれません。

 

 

 

真剣に考える

 そのうち放っておけば自然治癒して治るだろうと思っていました。でも、2か月経っても左足裏のピリッとした痛みは治まらないし、なおらない。

生活はできるけど、時折くるピリッとした痛みはイライラする。また、一生この神経的なピリッとする痛みが続くと思うと気がめげてきました。

 

さすがに2か月経って治らないので真剣に考えるようになりました。

 

 

 

痛風?

 ます初めに考えたのが痛風。自分は痩せているけど尿酸値が高い。痛風は足の先端に痛みが出ると聞いたことがある。くるぶしも出っ張っているので痛風かもと考えてみました。

しかし、左足くるぶし下はピリッと痛いけど、右足は全然痛くない。もし痛風だったら両足の先端とかが痛くなると思うので、痛風ではないと思いました。

 

また、ちょっと痛風との症状が違うと感じました。

 

 

 

坐骨神経痛もどき?

 この足裏の痛みがあるときに、とあることから坐骨神経痛の症状を知りました。

坐骨神経痛とは、腰椎椎間板ヘルニアにより下半身にビリッとした痛みがはしる病気です。椎間板ヘルニアや高齢の人がなりやすいと言われています。

 

この病気は痛い部分(下半身)ではなく、その上の椎間板(脊骨)が悪くて起こる病気です。

 自分は椎間板ヘルニアの病状を知り、「足裏のピリッとくる痛みは足裏ではなく、その上のどこかが悪くて痛みがはしるのではないか」と思うようになりました。

 

 -PR-

 

 

左足の上部を調べる

 坐骨神経痛の例にならい、足裏ではなく、足上を調べてみました。そうしたら2ヶ所、悪い部分を発見しました。それは左足首左膝下の筋肉です。

 

■画像2 左足首と左膝下の筋肉

 まず、左足首。よくストレッチ体操でやる、足の先端を地面に着け、かかとを浮かせて足首を回すストレッチをしてみました。そうしたら左足首を回すだけで足首が痛い。

そして明らかに足首の柔軟性がない。試しに右足首を回してみるが全然痛くない。そして柔軟性がある。右足と左足で全然、足首の状態が違う。

 

左足首は柔軟性がなく筋肉がこっていると思いました。

 次に左膝下の筋肉。ここを揉んでみる。揉むと痛い。明らかに左足首に続き、左膝下の筋肉がこっている。試しに右膝下の筋肉を揉んでみる。

 

ちょっと痛いが右膝下の筋肉はそれなりにほぐれているよう。これも右足と左足で違う。左膝下の筋肉がこっていると思いました。

いずれにしても、左脚のこの2ヶ所は悪いので治そうと思いました。

 

  スポンサーリンク

 

 

 

足首体操

 左足首が不調で柔軟性がなく痛い。そこで自分なりに足首体操を考えてみました。

 

●その1/足首を前に反らす
普段の生活ですと足首を前に反るということはありません。そこで足首を前にそってみました。足裏と足首前を刺激して、足首前の柔軟になるのでよいです。

 

■足首前のストレッチ
 
 

 
●その2/土踏まずを床につける
普段の生活ですと土踏まずを床につけるということはありません。

そこで土踏まずを床につけ、足の外側を浮かしてみました。足首の外側を刺激して、足首外側の柔軟になるのでよいです。

 

■足首外側のストレッチ

 

●その3/足の外側を床につける
普段の生活ですと足の外側だけを床につけるということはありません。そこで足の外側を床につけ、足の内側を浮かしてみました。

足首の内側を刺激して、足首内側の柔軟になるのでよいです。

 

■足首内側のストレッチ

 

●その4/足首を回す
普段よくやる足首を回すストレッチをやります。足首の筋肉がほぐれて気持ちよいです。

 

 上記の4つの足首ストレッチを毎日していたら、3,4日後には左足首が柔軟になり足首の痛みがなくなりました。足首の柔軟にはオススメです。でも足裏の痛みは消えませんでした。

 

 → 「対処法2」に続く

 

 

こちらを押すと目次ページに戻ります。