40代男性が選ぶYouTubeで聴ける洋画音楽の名曲集15選

映画館 好きな無料洋楽PV

(階層カテゴリ:好きな無料洋楽PV)
●おすすめ度:80%
投稿日 16/03/08   更新日 19/01/04

 
映画館

 

 
 僕はだいたい1970年生まれ。そんな男性が前々から、自分の気に入った、洋画音楽の名曲集を作りたいと思っていました。

最近、youtubeのデータをパソコンに取り込む方法を知りました。そこで、youtubeで洋画音楽の名曲集を作ってみました。

洋画音楽の名曲集を、youtubeで作りたい人の参考になればと思います。

 

目次【本記事の内容】

  • この記事のターゲット
  • 僕の洋画音楽セレクト
    • No.01 アルマゲドン
    • No.02 卒業
    • No.03 タイタニック
    • No.04 トップガン
    • No.05 スタンド・バイ・ミー
    • No.06 ロッキー
    • No.07 ゴースト/ニューヨークの幻
    • No.08 禁じられた遊び
    • No.09 フラッシュダンス
    • No.10 ネバーエンディング・ストーリー
    • No.11 ニューシネマパラダイス
    • No.12 愛と青春の旅立ち
    • No.13 ホワイトナイツ/白夜
    • No.14 バック・トゥ・ザ・フューチャー
    • No.15 ボディガード
  • 個人的な映画の感想記事
  • まとめ

 

 

この記事のターゲット

 この記事のターゲットは、主に1960~1970年代の人を対象とします。少しアダルトな人を対象とします。

(まあ、おじさん、おばさんという言い方もあるけど・・)

 そして、ヨーロッパ、アメリカ映画の音楽が好きな人を対象とします。

 

 -PR-

 

 

僕の洋画音楽セレクト

 懐かしい映画音楽を、お楽しみください。

 

 

No.1 アルマゲドン

 

 スポンサーリンク

    

 

No.1
映画: アルマゲドン
曲名: I Don’t Want To Miss A Thing
歌手: エアロスミス(スティーヴン・タイラー)

おすすめyoutubeのurl:
 → 「I Don’t Want To Miss A Thing」 youtube1
 → 「I Don’t Want To Miss A Thing」 youtube2

 

感想:
 SFとロックが融合した素晴らしい映画です。映画のクライマックスシーンで、この曲がかかると何ともいえません。スティーヴン・タイラーのシャウトした声、しびれます。映画もいいですが曲も名曲です。
 

 

No.2 卒業

 

 スポンサーリンク

    

 

No.2
映画: 卒業
曲名: サウンド・オブ・サイレンス
歌手: サイモン&ガーファンクル

おすすめyoutubeのurl:
 → 「サウンド・オブ・サイレンス」 youtube

 

感想:
 1960年代のよきアメリカと、人間ドラマが描かれた作品です。この映画で有名なのは、やはりラストシーンではないでしょうか。澄みきった聡明な声とハーモニー、そして、この切ない曲調は心に刺さります。映画、音楽ともに名作であり名曲です。
 

 

 

No.3 タイタニック

 

 スポンサーリンク

    

 

No.3
映画: タイタニック
曲名: マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
歌手: セリーヌ・ディオン

おすすめyoutubeのurl:
 → 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 youtube1
 → 「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」 youtube2

 

感想:
 架空の男女の恋愛と、タイタニックの悲劇を描いた作品です。アカデミーをいくつも獲得している名作です。主題歌が流れると、イントロを聴いただけで、涙がでそうになります。そして、セリーヌ・ディオンの美しい声を聴くと胸が打たれます。誰もが知っている名曲です。
 

 

 

No.4 トップガン

 

  スポンサーリンク

    

 

No.4
映画: トップガン
曲名: デンジャゾーン
歌手: ケニー・ロギンス

おすすめyoutubeのurl:
 → 「デンジャゾーン」 youtube

 

感想:
 空軍パイロットを描いた青春映画。トム・クルーズがカッコいいです。この映画で、トム・クルーズは一躍有名になりました。この映画と、疾走感のある曲調は似合います。この曲を聴くと、トップガンの飛行シーンを思い出します。
 
 

 

No.5 スタンド・バイ・ミー

 

  スポンサーリンク

    

 

No.5
映画: スタンド・バイ・ミー
曲名: スタンド・バイ・ミー
歌手: ベン・E・キング

おすすめyoutubeのurl:
 → 「スタンド・バイ・ミー」 youtube

 

感想:
 少年達のひと夏の冒険を描いた映画。もう内容は、ほとんど忘れてしまいましたが、哀愁の漂う映画だった気がします。劇中に主題歌が流れると哀愁を感じます。レトロな感じの曲調ですが、印象に残る曲です。
 
 
 

 

No.6 ロッキー

 

  スポンサーリンク

    

 

No.6
映画: ロッキー
曲名: アイ・オブ・ザ・タイガー
歌手: サバイバー

おすすめyoutubeのurl:
 → 「アイ・オブ・ザ・タイガー」 youtube

 

感想:
 みなさんも、ご存知と思いますがボクシングの映画です。ロッキーといえば、やはり、この曲です。この曲がかかると、熱くなります。闘志を燃やすには、よい曲です。
 
 

 

No.7 ゴースト/ニューヨークの幻

 

 スポンサーリンク

    

 

No.7
映画: ゴースト/ニューヨークの幻
曲名: アンチェインド・メロディ
歌手: ライチャス・ブラザーズ

おすすめyoutubeのurl:
 → 「アンチェインド・メロディ」 youtube

 

感想:
 メルヘンチックな恋愛映画。個人的には、ろくろのシーンが好きです。切ないメロディーが、何ともいえません。甘く切ない男女の恋愛と、この曲がとてもマッチします。名曲です。
 
 

 

No.8 禁じられた遊び

 

  スポンサーリンク

    

 

No.8
映画: 禁じられた遊び
曲名: 愛のロマンス
歌手: ---

おすすめyoutubeのurl:
 → 「愛のロマンス」 youtube

 

感想:
 子供の頃に、この映画を見た記憶があります。内容は、ほとんど忘れました。でも、この曲の寂しげで切ない曲調は、印象に残っています。心に残る名曲です。
 

 

 

No.9 フラッシュダンス

 

  スポンサーリンク

    

 

No.9
映画: フラッシュダンス
曲名: ホワット・ア・フィーリング
歌手: アイリーン・キャラ

おすすめyoutubeのurl:
 → 「ホワット・ア・フィーリング」 youtube

 

感想:
 この映画は、思春期の頃にやっていた映画です。多分、映画は見ていません。ダンサーを夢見る女性の映画だったと思います。でも、このアップテンポな曲は、印象に残っています。映画にマッチした、よい曲です。
 
 

 

No.10 ネバーエンディング・ストーリー

 

  スポンサーリンク

    

 

No.10
映画: ネバーエンディング・ストーリー
曲名: ネバーエンディング・ストーリーのテーマ
歌手: リマール

おすすめyoutubeのurl:
 → 「ネバーエンディング・ストーリー」 youtube

 

感想:
 ファンタジー映画。思春期の頃、見ましたが、その当時のSFXを駆使した、よい映画でした。明るい曲調は、この映画にマッチしています。
 

 

 

No.11 ニューシネマパラダイス

 

  スポンサーリンク

    

 

No.11
映画: ニューシネマパラダイス
曲名: シネマパラダイス
歌手: ---

おすすめyoutubeのurl:
 → 「シネマパラダイス」 youtube

 

感想:
 イタリア映画。人生の機微を感じさせられる映画。アメリカ映画と違い、いかにも、ヨーロッパの映画という感じで、情緒を感じます。自分的には、主人公が少年のころのシーンが、印象的です。優しいメロディーが、この映画によく似合います。ニューシネマパラダイスを感じさせられる名曲です。
 

 

 

No.12 愛と青春の旅立ち

 

  スポンサーリンク

    

 

No.12
映画: 愛と青春の旅立ち
曲名: Up Where We Belong
歌手: ジョー・コッカーとジェニファー・ウォーンズ

おすすめyoutubeのurl:
 → 「Up Where We Belong」 youtube

 

感想:
 軍の士官学校を舞台にした青春映画。オープニングで、主人公の屈折感をかもし出したシーンが印象に残っています。映画も青春映画らしく、しっとりしていて爽やかです。この映画といえばやはり、主人公のリチャード・ギアだと思います。重厚感ある主題歌と、この映画がマッチしています。
 
 

 

No.13 ホワイトナイツ/白夜

 

  スポンサーリンク

    

 

No.13
映画: ホワイトナイツ/白夜
曲名: セイ・ユー・セイ・ミー
歌手: ライオネル・リッチ

おすすめyoutubeのurl:
 → 「セイ・ユー・セイ・ミー」 youtube

 

感想:
 映画は、バレリーナの男性を主人公とした映画です。多分、私は、この映画を見ていません。しかし、思春期の頃に公開した映画で、その当時は、この曲を耳にしました。思い出のある映画音楽です。しっとりした、よい曲だと思います。
 

 

 

No.14 バック・トゥ・ザ・フューチャー

 

 スポンサーリンク

    

 

No.14
映画: バック・トゥ・ザ・フューチャー
曲名: パワー・オブ・ラヴ
歌手: ヒューイ・ルイス

おすすめyoutubeのurl:
 → 「パワー・オブ・ラヴ」 youtube

 

感想:
 タイトルどおり、過去から未来に戻るSF映画。この映画といえば、主役のマイケル・J・フォックスを思い出します。思春期のころは、かっこいいなあと思って見てました。この映画の印象に残る曲は「パワー・オブ・ラヴ」を思い出します。SF映画にあった、アップテンポな曲だと思います。
 
 

 

No.15 ボディガード

 

  スポンサーリンク

    

 

No.15
映画: ボディガード
曲名: I Will Always Love You
歌手: ホイットニー・ヒューストン

おすすめyoutubeのurl:
 → 「I Will Always Love You」 youtube

 

感想:
 有名な歌手をボディガードする映画? 録画ビデオを見ていて、途中で寝てしまったので内容は、よく分かりません。当時は、ケビン・コスナーが、かっこいいと話題になりました。伸びのある歌声が、印象に残ります。名曲だと思います。
 

 

 -PR-

 

 

個人的な映画の感想記事

 映画の感想記事も書いています。よろしければどうぞ。

 

[関連記事]
 → スターウォーズ8に登場するローズ役のアジア人がブサイクで萎えた
 → 映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観ての感想と初めて知ったこと

 

 

まとめ

 以上が、私が選ぶ洋画音楽の名曲集でした。40代の人には、ここら辺がツボに入るのではないでしょうか?

 もちろん、まだまだよい曲もありますが、自分が印象に残った洋画音楽をピックアップしてみました。主に、1960~1970年代の方の、洋画音楽名曲集の参考にしてみてください。

 

 

 

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

おしまい

 

 

 

【合わせて読みたい記事】

音楽に関する人気記事です。オススメです。

ヘッドホンを引っかけるハンガータイプの商品があるの知ってる?
スマホでyoutube音楽を聴くのに便利!そんなclipboxアプリのご紹介
お金をかけずに昔の懐かしいヒット曲を集めて現代版のオリジナルテープを作る方法