水筒フタのつけ置き洗いをするのに便利な重石と手順方法

舟 水筒洗い・水筒除菌

 水筒のフタを食器用洗剤で、簡単に洗っただけでは、すぐ臭くなりませんか? そんなとき、つけ置き洗いをすると汚れやにおいがすぐ取れます。そこで今回は、水筒のフタを、つけ置き洗いするのに便利な方法と重りについて、ご紹介します。

 

 

水筒フタのニオイの苦痛

 節約のため、職場に水筒を持っていく人は多いと思います。私もその一人です。そこで気になるのが、水筒のフタのにおいです。

食器用洗剤で、簡単に洗っているだけではすぐ臭くなります。これが悩みの種でした。

 

 スポンサーリンク

 

 

 -PR-

 

 

水筒フタのつけ置き洗い

 水筒を使い続けていると、どうしても水筒のフタが臭くなります。そこで、おすすめなのが水筒フタのつけ置き洗いです。

 水筒フタの除菌、および、洗いには浸け置き洗いするのが効果的です。手間がかからず、除菌ができて便利です。

 

私のおすすめは、酸素系漂白剤で浸けることです。
 

 

 スポンサーリンク

 

 

 

水筒フタのつけ置き洗いの課題

子供

 水筒の蓋(ふた)を浸け置きするとき、一つ不満があります。それは、水筒のフタが軽いのでプカプカ浮くことです。

これだと、全体を浸けることができず不満です。水筒の蓋を全体的に沈めて、全体を除菌したいものです。

 

 

 

 

 

水筒フタを浸ける容器

 私がおすすめする、水筒フタを浸ける容器は、100円ショップで売っている容器がよいです。

値段もやすいし、いろいろなサイズの容器があるので、自分が気に入る、容器を購入すればよいと考えます。

 

 

 -PR-

 

 

水筒フタ全体を浸け込む方法

 水筒の蓋はプラスチックなので、水に入れると浮いてしまいます。そこで、簡単に水に沈められて、全体を浸ける方法を考えてみました。

 

 

僕がしている方法

 

① チャック付き整理パックに穴を開けたものをつくる (穴あけは、穴あけパンチを使うと便利です)


 
 
 
② 穴のあいているチャック付き整理パックに、水筒のフタのパーツをすべて入れる

 

③ 酸素系漂白剤を薄めた水の中に、整理パックを沈め、重り(重石)をのせる

 この方法だと、水筒フタのパーツが複数あっても、ひとかたまりにして沈めることができます。そして、全体を浸け込みできるので便利です。

 

 

おすすめの水筒フタを沈める重石①

クマ

 水筒フタを、底に沈めるのに、よい重石(おもし)はないか、少し考えました。また、家の中にあるもので、重石の代用が、できるものはないか考えてみました。

そこで、思いついたのが以下のものでした。水筒フタを沈める重石の参考にしてください。

 

① 小瓶
② 小鉢、小皿
③ コップ

 

これらは比較的、家にあるものなので、水筒フタを沈める重りの代用品としてよいです。参考までに。 (お金がかからずよいです)

 

 

 

 

おすすめの水筒フタを沈める重石②

 以前は、コップや小さい食器を水筒フタの重石に使っていました。でも今は、30mmのビー玉を入れた、整理パックを水筒フタを沈める重石に使っています。

これも便利です。

 

■イメージ画像

 

 

水筒フタの重石に便利なビー玉

 整理パックに30mmのビー玉を詰めると、ちょっとした重石になり便利です。簡単なものを沈めることができます。

水筒フタを沈める重石としては、使いやすくおしゃれなので、個人的には気に入っています。

 

 

そこで、オススメなビー玉がこちらです。

 

 

 スポンサーリンク

 

 ラムネの瓶に入っているビー玉は17mmのものです。17mmのビー玉だと少し小さく扱いにくいです。

 ちょっとしたことに使うなら、30mmのビー玉を購入したほうが、大きさもそれなりで、お手頃価格なので使いやすいです。

 

個人的には、17mmのビー玉より30mmのビー玉のほうがおすすめです。

 

 

まとめ

 いつも、水に入れるとプカプカ浮いてしまう、水筒フタに不満を感じていました。

そこで、整理パックにフタのパーツを入れ、ひとかたまりにして、その上に重りをのせれば、簡単に水筒フタを、底に沈められると考えました。

 

また、水筒フタを沈める重石は、家の中によくある物で考えました。最終的には、30mmのビー玉と整理パックで、水筒フタ用の重石としました。

 これらのアイデアは、お金がそんなにかからず、簡単でよいアイデアです。また、水筒フタの除菌についても安全で、たいへん効果があります。

 

小さなアイデアですが、参考になればと思います。

 

 

 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。

 
 
おしまい