周りと比較!一人暮らしの毎月の通信料の相場① (2015年11月版)

コイン 通信費・通信環境

(階層カテゴリ:通信費・通信環境/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 15/11/14   更新日 17/02/18
 
 
 一人暮らしをしている自分。そして毎月の通信料が高いと感じている。しかし、一人暮らしの通信料の相場が分からない。そこで今回は、一人暮らしの通信料の相場を考えてみます。
 
 
 
 

私の毎月の通信料

私の毎月の通信料は以下のようになっています。
・固定電話(フレッツ光)  /  約5,000円
・プロバイダー料      /  約1,000円
・スマホ(iPhone)     /  約9,000円
  ・ホワイトプラン (ソフトバンク)
  ・毎月の本体の分割を含む

毎月の通信料は約1万5000円くらい。これが高いのか安いのか分からない。

個人的には、あと2000~3000円安くしたい

 

自分の生活スタイル

 自分の生活スタイルは、家でインターネットをよく見るし、何かの時に固定電話は欠かせない。そして、ネットの速度を考えると光回線がよい。また、通話はたまにしかしないので電話が掛けられれば十分。固定電話は必要なので固定電話なしの生活は考えていない。
スマホはiPhoneにこだわっている。そして、スマホでのネット接続を重視している。スマホで通話は滅多にしないので、スマホでの通話にはこだわっていない。これが私の生活スタイルです。

そう考えると、今の通信環境や料金プランは無難で一般的だと思っています。

 

友達に聞いてみる

 1人暮らしで一般的なサラリーマンをしている友達2人に月々の通信料を聞いてみました。固定電話代、プロバイダ料、スマホ代込みで2人とも月々、2万円くらいといっていました。
 1人の友達はスマホでの通話は欠かせないので、そのタイプのプランで月々スマホ代が1万円以上するといってました。この話を聞いて、1人暮らしの一般サラリーマンの通信料は月々2万円くらいが相場なのかと思いました。一般的なサラリーマンといっても彼らは優秀な部類に入りますが。

 

姉夫婦に聞いてみる

 一般家庭の姉夫婦に一家族あたりの月々の通信料を聞いてみました。ちなみに姉夫婦には大学生と高校生の2人の子供がいます。家族みんなそれぞれiPhoneを持っています。月々の通信料は家族で4万くらいといってました。自分のアパート代とそんなに変わりません。人数で割ると1人1万円といったところでしょうか。毎月4万円とは高いと思いました。

 

総合的にみて

 自分は基本的にあまり通話はしません。なにか連絡があれば、メールやlineで済ませています。またそれで自分はこと足りてます。ただネット接続には固定電話、スマホ共に重視しています。そんな自分の生活スタイルに合わせて通信プランも設定しています。友達、姉夫婦に月々の通信料を聞いてみましたが、自分の生活スタイルと一般的な通信会社(NTTとソフトバンク)の利用で月々の通信料1万5000円は高くもなく安くもなく無難なのかなと思いました。

 スポンサーリンク

 

料金を削る案もあるが

 今、ネットで情報を集めながら月々の通信料金を削る案も考えてますが一長一短です。あくまでも個人的な考えですが。  (2015年11月時点の情報です)

■その1/ 固定電話とスマホを同一の会社にする

これ最近CMなどでも話題になっています。
自分の例でいうと、固定電話もスマホもソフトバンクに一本化してしまうという案です。
 表面的には月々2000~3000円安くなってお得な感じがします。でもこれよくよく考えてみるとそうかなと疑問が残ります。
 まず、固定電話をフレッツ光からソフトバンクに変更した場合、事務手数料で3000円取られます。そして、プロバイダも多分一旦解約しないといけないので5000円解約費用がかかります。何だかんだいって、固定電話の通信会社を変更すると初期費用に1万円はかかると思います。仮に初年度、月2000円得をしたとして年、2万4000円の得。しかし初期費用1万円を引くと1万4000円の得にしかなりません。月々1000円ちょっとの得。また、2年目以降から割引額が減り、月々500~1000円程度の割引。今の条件をトータル的にみると月々1000円くらいの値下がりにしかならないのかなと思います。
 たった月々1000円程度の割引のために、いろいろな書類を提出したり、いろいろな設定変更をしたり、修理業者に立ち会ったり、いろいろなところに問合せたりするのは面倒ですし、大きな時間損失です。いま安定している通信環境をそこまでして変更するメリットは現時点の条件ではうまみが少ないと思いました。
 そして、フレッツ光からソフトバンク光に変え、一本化して料金が安くなったのはよいが、光回線を使って不満が残りまたフレッツ光に変えたいということも考えられます。こうなるとまた面倒です。
 携帯会社もバカじゃないから、そう簡単に大幅な値引きはしないと思います。公式サイトやネット上の評判をよく見て自分で分析し判断したほうがよいと思います。現時点での条件ではうまみが少ないと感じているので一本化については保留です。
(例としてソフトバンクをあげましたが他社でも同様だと思います)

■その2/ simフリーのスマホにして格安データ通信会社を使う

これも世間で話題になっています。
これiPhoneをベースに自分なりに本体を自分で購入したり、月々の料金などを合わせて計算してみました。そうすると、月々のスマホ代が5000円程度になります。今と比較するとスマホ代、確かに2000~3000円くらいお得になります。また、格安データ通信といっても、評判もまあまあよい話を聞きます。ネット上の話ですが。
 ちょっと興味をそそられ魅力的なのですが、一つ問題があります。それは初期費用がかかることです。新機種のiPhoneを自分で購入するとなると、どうしても10万円はかかります。自分には10万円という初期費用がないのでそこがネックです。興味はあるのですが一歩踏み出せず保留です。

 

まとめ

 自分の例でいうと、固定電話はフレッツ光、スマホはiPhoneでソフトバンク。そして月々の通信料が約1万5000円。今の世の中の条件や周りの人と比較してみましたが、通信環境は一般的で月々の通信料も一般的なのかなと思いました。
固定電話はフレッツ光(NTT)で、携帯会社は大手3社であればサービスや品質の面で無難かと思いました。

今はこの状態で保留にしておこうと思いました。
 
 
●今の通信料にお悩みの方の参考になればと思います。最後まで、読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい