職場に持っていく手作りコーヒーの失敗例

悩み 生活課題

今回は今まで、自分が経験した、職場に持っていく手作りコーヒーの失敗例をあげてみます。

 

 

職場への手作りコーヒーを持参した失敗の数々

オフィス

 節約のため、職場に手作りコーヒーを持って行くようになりました。そこでの失敗の数々を上げてみます。

 

 

 -PR-

 

 

失敗1/入れ替えたコーヒー牛乳

ずうっと前に、250mlのペットボトルにコーヒー牛乳を入れ替えて職場に持って行き、飲んでいました。

6月の暑い時期くらいから、暑さでコーヒー牛乳がいたむようになってきた。味はおかしいけど、勿体無いので飲んでいました。

 

確かにクーラーもなく、西日がさす暑いロッカー室だった。室内は、軽く30度以上はあったと思う。1~2時間もおけば、コーヒー牛乳も腐る。

腐っているコーヒー牛乳を飲んでいたら、案の定、腹を壊した。それから、1ヶ月くらい腹の調子が悪い日が続いて治らなかった。

 

それがトラウマになり、4~5年は持参コーヒーを職場に持っていくのが、嫌になりました。高くても、自販機で飲み物を買うようにしていました。

 

 

 

 

 -PR-

 

 

失敗2/スープジャーで保冷する

4~5年経ち、トラウマもなくなってきたので、職場にまた、持参コーヒーを持って行くようになりました。

今度は、スープジャーにコーヒーと氷を入れ、それを職場に持って行き飲むようにしました。 
スープジャー、保冷もよいです。バッチリです。

スープジャー、機能的には問題ないのですが、二つ不満がありました。

それは…

フタを分解して洗うのが面倒くさいことです。これが毎日のことなので苦痛でなりません。

もう一つは、氷でコーヒーを冷やすとコーヒーが、薄まりすぎてコーヒーが美味しくなくなることです。

毎日、フタを分解して洗うのが嫌になり、スープジャーで持参コーヒーを職場に持って行くのはやめました。

 

 

 

 

 

氷で薄まってしまう手作りコーヒーの考え

そして、コーヒーが美味しく飲め、また、毎日の容器洗いが簡単で、取り扱いが楽な方法はないか考えました。

そして思いついたのが…
コーヒーの氷で冷やすことと、容器はコーヒー缶を使うことでした。

 

これにより、コーヒーが美味しく飲め、毎日の容器洗いや取り扱いが楽になりました。

 

詳しくはこちらのブログを見てください。

 → 夏の職場で冷たい持参コーヒーを飲むアイデア

 

 

まとめ

 夏は暑いため、飲み物が傷みやすいです。自分は昔、何も保冷しないコーヒー牛乳を職場で飲んで、職場で腹を壊しました。

 職場に持っていくコーヒー牛乳については、水筒に氷を入れて、冷たい状態をキープしたほうがよいです。

 

 読者は自分のような失敗はしないでください。水筒に氷を入れて、冷たい状態をキープするようになってからは、おなかを壊すことはなくなりました。

 

 

 

●以上が持参コーヒーの失敗についてでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

おしまい