室内でシーツを干すのにとっておきの場所 (カーテン裏)

(階層カテゴリ:物干し/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 14/11/14   更新日 18/06/16
 
 
 一人暮らしのみなさん、シーツを干すとき、干し場所に困りませんか? そこで今回は、そんな課題を考えてみます。


 

シーツ干しの課題

 洗濯機でシーツを洗い外に干そうとするとき、いろいろな課題があります。そこで、主な課題を以下にあげてみます。

・シーツは面積が広く、干しにくい
・ベランダの物干し竿に、シーツを干すと場所を取ってしまい、他の洗濯物があまり干せない
・外にシーツを干すと強風のとき、風にあおられてしまう

シーツを物干し竿に干すと結構不満が残る・・・
いつも外の物干し竿にシーツを干していて不満を感じていました。

そこでよい方法はないか考えてみました!

-PR-

アイデア

シーツの大きさや形が、カーテンと似ているので、カーテンのように、吊るして干してみてはと考えました

 ↓

さらに

 ↓

カーテンレールは二つあり、カーテンは一枚しか使っていない。そのため、カーテンレールが一つ余っている。

そこに、シーツを吊るして干してみてはと考えました。

実行

 実際にやってみました。カーテンと窓ガラスの間に、シーツを吊るして干してみました。

また、吊るしヒモの先端には洗濯ばさみを付け、シーツの取り付け、取り外しがしやすいようにしました。

■画像1
(手前がカーテン、後ろがシーツの画像)

■画像2
(先端が洗濯ばさみの画像)

感想

 このカーテン裏の狭いスペースをうまく利用して、シーツを干すアイデア、一人暮らし者にとって、なかなかよいです。

 天気が晴れでも、風の強い日は、ベランダにシーツを干すと風にあおられて不安でした。その点、このアイデアは室内に干すので、外の風を意識せずに済むようになりました。

 また、ベランダの物干しざおにシーツを干すと、スペースを取ってしまいます。ほかの洗濯物が、まったく干せないという不満もありました。

 でも、カーテン裏にシーツを干すことにより、ベランダの物干し竿に、シーツとは別に、たくさんの洗濯物が干せるようになり、物干しが楽になりました。

このカーテン裏にシーツを干すアイデア、生活しやすくお気に入りのアイデアです。   (^_^)v

自分は、何年もこの方法でシーツを干してます。
場所も取らないし、楽チンです!

メリット

このカーテン裏にシーツを干すアイデアの主なメリットを上げてみます。

・カーテン裏に干すので場所を取らない
・ガラス越しなのでシーツに日光が当たる
・室内に干すので、外の天気を気にする必要がない
・外が強風でも部屋干しのため風にあおられない
・ベランダの物干し竿にシーツを干さないため、ベランダの物干し竿にたくさんの洗濯物が干せる
・何日も取り忘れても苦にならない
・先端を洗濯ばさみにしたので、シーツの取り付け、取り外しがしやすい
・生活していて違和感がない

 など

メリットばかりです。

 -PR-

ワンポイント

 シーツをカーテン裏に干したらすぐに、布製の除菌スプレーをかけましょう。そうすると生乾き対策になり効果的です。においもさわやかになります。

 (布製の除菌スプレーとはファ○リーズやリ○ッシュなどです)

 スポンサーリンク

 
 

まとめ

 大きくかさばるシーツを干すのに、よい場所としてカーテン裏があります。ここにちょっと工夫して、シーツを干すとたいへん便利です。

普段生活していてもほとんど気になりません。とても、よいアイデアだと自分は思っています。

【合わせて読みたい記事】

洗濯物関連の人気記事です。オススメです。

部屋の高い位置にある洗濯物に風をあて乾かす方法 (生乾き対策)
みなさん、部屋干しはしますか。そして、洗濯物が部屋の高い位置にある場合、風をあてるのに困りませんか。そこで今回は、部屋の高い位置にある洗濯物にうまく風をあてる方法をご紹介します。
生活サイクルを利用した洗濯物のつけ置き洗い
つけ置き洗いのタイミングで困ることはありませんか?今回は効率的なつけ置き洗いのタイミングについて考えてみます。

●一人暮らしには、手軽で便利なシーツの干し方です。参考にしてみてください。最後まで読んでいただき、有難うございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告