男の洗っても洗濯物がくさい、においが取れないを解決![熱湯つけ置き殺菌]

洗濯

(階層カテゴリ:洗濯/全般)
●おすすめ度:90%
投稿日 14/11/07    更新日 18/06/06
 
 
 一回、洗濯したのに、洗濯物がくさい、においが取れない・・。そんな、お悩みを抱えている人も多いはず・・。僕も、その一人です。そこで今回は、そんな悩みを解決する方法を考えてみます。
 

 

洗濯物のニオイの不満

 下着やタオル、シャツなどの洗濯物を洗濯機で洗濯する。洗濯機で洗濯終了後、洗濯物のニオイをかいでみる。そうすると一回洗ったはずなのに、ニオイが取れずにくさい。

 

これ、なにかと不満です。でも、一人暮らし男にはよくあることです。

 

 

 -PR-

 

 

 

洗濯の不満

自分が普段、洗濯をしていての、主な不満を上げてみます。

 

・一回洗濯しても、洗濯物がくさい、においが取れない
・二回洗濯をすれば、くささやにおいがそれなりに取れるが時間が掛かりすぎる
・洗濯はなるべく短い時間で済ませたい

 

洗濯は1回で、短時間で効率よく済ませたいものです。

 

 

においの主な原因と対策

1回洗濯しても洗濯物がくさい。その、においの主な原因と考えられるものを上げてみます。

 

・雑菌が取りきれていない
・汚れが落ちきれていない
・洗剤の入れすぎ

 など

 

これらの問題をどうすればよいか?

 

とりあえず、ネット検索で情報を収集してみました。
その中で「お湯でつけ置き洗い」というものがありました。

 

つけ置き洗いなら、洗濯は1回で済むし、においへの効果もありそう。また、生活サイクルの中で、うまくつけ置き洗いをすれば効率的かと思いました。

 

 

 

ネット検索の事例と感想

ネット検索で得た「お湯でのつけ置き洗い」の事例と、その感想を上げてみます。

 

事例1/
 やかんでお湯(熱湯)を沸かし、それを水で割ってつけ置き洗いをする
   ←やかんでお湯を沸かすのが面倒だと思った

事例2/
 ぬるま湯でつけ置き洗いをする
   ←それなりに汚れやにおいが取れるが中途半端な気がする

事例3/
 ぬるま湯よりも熱湯でつけ置き洗いしたほうが効果的で、よく落ちる
   ←納得
 

 
-PR-


 

 

 

つけ置き洗いのお湯の温度はどれくらい?

つけ置き洗いをする場合、お湯の温度はどれくらいにすればよいかについて考えてみます。(私の推測です)

 

 ・ぬるま湯とは・・・
   ・30~40度くらい
   ・水に手を入れて気持ちよいと感じる温度

 ・熱湯とは・・・
   ・40~60度くらい
   ・水に手を入れて熱いと感じるくらいの温度

 

 

 

つけ置き洗いするときのお湯の温度を検証してみる

つけ置き洗いするときに、どれくらいの温度がよいか検証してみました。ぬるま湯と熱湯で、つけ置き洗いしたときの自分の感想です。

 

 【ぬるま湯】
   やり方: 洗濯機に水とお湯を半々に入れ、ぬるま湯にしてつけ置き洗いした
   温度 : 30~40度
   感想 : においや汚れがそこそこ落ちたと感じた

 

 【熱湯】
   やり方: 浴槽に熱湯を入れ、熱湯でつけ置き洗いした
   温度 : 40~60度
   感想 : においや汚れがよく落ちたと感じた

 

 ※自分の検証では熱湯なほど、汚れが落ち、雑菌が死滅しているように感じました。つけ置き洗いする際は、ぬるま湯よりも熱湯、水の温度が高いほうがよいと思いました。

 

 

 

私がオススメする熱湯の作り方

 つけ置き洗いをするときは、水の温度が高いほど効果的です。熱湯なほど、効率的といえます。その熱湯を作る、簡単な方法はないか、ちょっと考えてみました。

 

 (やかんで水を沸かして熱湯を作るのも面倒だし・・)

         ↓

 そこで、考えたのが・・・

         ↓

 水道の温水のハンドルをめいいっぱいひねって、熱湯を作る方法でした!

         ↓

 これだと・・・

         ↓

 手で触って丁度、「熱い!」と思うくらいの熱湯が作れます。めいいっぱいひねった熱湯の温度は50度くらいあるのかな?

 

 このくらいの熱湯が、洗濯物をつけ置き洗いするのに、丁度よい温度だと思いました。

 

 また、温水のハンドルをめいいっぱいひねるだけで、簡単に熱湯が作れるのが便利と感じました。

 

 

 注意) 温水のハンドルをめいいっぱいひねった熱湯は、体に浴びると火傷する恐れがあり危険です。熱湯の取り扱いには、十分注意してください。

 

 -PR-

 

備考1/ 蛇口?

 温水、冷水のひねる部分は何ていうのか気になりました。

蛇口? 蛇口は確か水が出る所だし・・ ひねる部分は何ていう?
yahoo知恵袋によい回答が載ってました。ご参考までに。

 

参考記事
  →蛇口とは

 

 まあ、参考記事によると、水がでる部位が蛇口、ひねる部位はハンドルと呼ぶそうです。勉強になりました。 m(_ _)m

 

 

 

備考2/ 温水ハンドルをひねったときのお湯の温度は?

 洗濯のつけ置きに、なるべく熱いお湯を使いたい。そう考えたとき、アパートの温水ハンドルをめいいっぱいひねったときの、お湯の最大温度はどれくらいなの?と思いました。

 

なので、ネットで調べてみました。そうしたら、yahoo!知恵袋でよい記事がありました。

 

参考記事

 → 蛇口から出るお湯は何度ですか?

 

 こちらの記事によると60度とのことです。お湯のハンドルを最大にひねって出たお湯は「熱い」と感じるので、たぶん60度だと思います。

 つけ置き洗いするときの、お湯の温度としてはちょうどよいです。

 

 また、お湯のハンドルのみをひねったときの温度を出湯温度というそうです。出湯温度という言葉、初めて聞きました。勉強になりました。 m(_ _)m

 

 

まとめ

今までのおさらいで、つけ置き洗いのポイントをまとめてみます。

 ・つけ置き洗いをするときは、ぬるま湯よりも熱湯でしたほうがよい
 ・熱湯でつけ置き洗いすると汚れや雑菌が落ちやすい。また、嫌なにおいも消えやすい
 ・熱湯は温水のハンドルをめいいっぱいひねった熱いお湯を使うと便利

 

 

●以上、つけ置き洗いについての個人的な感想とまとめでした。読者の参考になればと思います。最後まで読んでいただき有難うございました。

 

 

 

【合わせて読みたい記事】

洗濯関連の人気記事です。オススメです。

超便利!朝起きたと同時に洗濯が終わって完了している時間節約術
一人暮らし男のシケポンです。前々からの理想として朝起きたら、ちょうど洗濯が終わっている。そして、あとは干すだけ・・。こんな洗濯方法はないかと思っていました。そこで今回は、そんな理想の洗濯方法を考えてみます。

 

 

おしまい