台所掃除で付着したクレンザーを簡単に拭き取る方法

(階層カテゴリ:台所掃除/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 18/01/17   更新日 18/01/17
 
 
 どうもシケポンです。一人暮らしの台所掃除は、簡単に短時間でキレイにしたいものです。そこで今回は、僕がオリジナルで考えた短時間でできて効率的な台所掃除方法についてご紹介します。
 

この掃除の所要時間

 この台所掃除の所要時間は、約40分です。インターバルを15分含みます。実質の台所掃除時間は25分といったところです。

 -PR-

付着したクレンザーの拭き取り

 台所掃除をしていて、クレンザーで台所のいたる所をゴシゴシ。そして、最後に付着したクレンザーを拭き取らないといけません。

これがいつもよい方法はないかと困っていました。そこで思いついたのが濡れた手袋で、付着したクレンザーを拭き取るというアイデアでした。

実際にこれをしてみましたがなかなかよかったです。以下が詳細記事です。

参考記事
 → 短時間拭き取り!一人暮らし男の台所掃除テクニック

 スポンサーリンク

 スポンサーリンク

濡れた手袋

 これから濡れた手袋でクレンザーを拭き取ることを前提としてお話を進めていきます。

オススメの濡れた手袋を使った台所掃除手順

 まず先に、自分が楽で便利だと思う台所掃除手順についてご説明します。

台所掃除手順

台所掃除の手順を説明します。

① たわしにクレンザーをつけて、台所のいたるところ(シンクや壁、コンロなど)をクレンザーでこする。

② 濡れた手袋をはめ濡れた手袋で、台所の付着したクレンザーを全て拭き取る。(近くにバケツを置いておくと便利です) 【濡れ拭き】

③ 15分のインターバルを置く。

④ 乾いた手袋をはめ、乾いた手袋と雑巾で台所全体をふきあげる。水を拭き取る。 【乾拭き】

⑤ 完了

※ インターバルとは、間隔、合間ということです。

各所要時間

各所要時間はだいたいこのくらいです。

① クレンザーこすり   (5分)
② 濡れ手袋での水拭き  (10分)
③ インターバル     (15分)
④ 乾拭き        (10分)

合計で約40分くらいです。

 

この台所掃除方法のポイント

掃除手順の次に、この台所掃除方法のポイントを説明していきます。

① クレンザーの拭き取り(濡れ手袋)

 台所掃除でいつも一番困っていたのがクレンザーの拭き取りでした。なぜ濡れた手袋で拭き取るのかというとこれが今まで試した中で一番楽だったからです。

クレンザーの拭き取りは濡れた手袋で拭き取るのがよいです。

② 常に手袋をはめる

 台所は場所によっては尖ったところもあります。掃除中に手を怪我することもあります。なので台所掃除をするときは常に、手袋をはめておいたほうが安全です。

③ 濡れ手袋と乾いた手袋を別にする

 濡れ手袋と乾いた手袋は別にしておくと掃除作業がしやすいです。

■イメージ画像

④ インターバルを置く

 濡れ拭きと乾拭きの間にインターバルを置くと水の拭き取りが楽になります。台所はステンレスなので15分くらい放置しておくと、ほとんど水が乾きます。

濡れ拭き直後に乾拭きするよりも15分程度インターバルを置いてから乾拭きすると水の拭き取りが楽です。

上記の4点が台所掃除の主なポイントです。

インターバル中は何を?

 インターバル中は何をすればよい?。これは人それぞれですが、洗濯物を畳んだり、部屋を整理したりすればよいと思います。インターバル中に家事をすると一石二鳥になります。

まとめ

 この台所掃除のアイデアを思いついてから、一人暮らしの台所掃除が短時間でキレイにできるようになりました。クレンザーの拭き取りも楽になりました。

一人暮らしの人で台所掃除を簡単でキレイにしたい人にはオススメの台所掃除法です。参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告