【家事】つけ置きのときの軽量な重石に便利!30ミリのビー玉を使うアイデア

(階層カテゴリ:生活の知恵/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 17/11/09   更新日 17/11/18
 
 
 家事での「つけ置き」のときや、家庭でのちょっとしたことで安全で使いやすい家庭用の重石がほしいと思ったことはありませんか。そこで今回は家庭の家事で使いやすい重石についてご紹介します。
 

プカプカ浮く/家事でのちょっとした悩み

 家事で水筒のプラスティック蓋をつけ置きしたい。また、プラスティック製の軽いものを塩素系漂白剤を薄めた水に浸してつけ置きしたい。

こういうときプラスティックなので、どうしてもプカプカ浮いてしっかりつけ置きできず困っていました。

 -PR-

よくやる失敗

 つけ置きのときにプカプカ浮いてしまうプラスティック製のものを沈めたい。そこで、思いつくのが鉄を重石にして沈めることです。

確かにものを沈めることはできるのですが、赤サビが発生します。そして赤サビがものに付着して、ものをダメにしたことが何度かありました。この方法はあまりよくないです。

参考記事 → 鉄をつけ置きの重石にするのはやめよう!家事でよくやる失敗

よい案はないか

 つけ置きのときにプラスティック製のものに重石をのせて沈めたい。そしてしっかりつけ置きしたい。また重石は使っていて安全なものにしたい。

家事で手軽に使えて、ある程度の重さがあり、しっかり重石として機能し、しかも安全な重石はないかと思いました。

そこで、日常生活でよく使っているもので安全な重石になるものはないか考えてみました。鉄はダメなので、それ以外で安全である程度の重さがあるものと考えました。

そこで思い浮かんだのが石でした。石は自然物ですし水の中に長時間つけても安全。また適度な重さもある。よいと思いました。

 自分が想像した石は川辺で研磨されて凹凸がない石です。こういうものを簡単に手に入れられないかなと思いました。

■イメージ画像

 でも自分が住んでいるところは、渓流と呼べるような川はない、ありふれた東京隣県の住宅街です。自分が想像する研磨されて凹凸がない石は手に入りません。残念です。

(自分の住んでいる近くに、大きな川が流れていて川辺で重石になりそうな石が手に入るようでしたら石を重石にするのがよいと思います。個人的な意見ですが・・・)

石がダメなら・・

 重石に石はあきらめました。そこで、石に似ていて重石になりそうな、日常でよく使うものはないか、また考えてみました。そこで思いついたのがビー玉でした。

ビー玉は子供のころ遊んだと思います。何となく石に似ていて重石としてある程度の重さがあり安全だと思いました。ビー玉をつけ置きのときの重石にしてみようと思いました。

ビー玉を通販サイトでネット検索

 普通、小さい頃に遊んだビー玉は17mmのビー玉だと思います。こういう奴。

 スポンサーリンク

でも、これを重石として使うには小さい・・・

そこで、もっと大きいビー玉はないか通販サイトで探してみました。そうしたら30mmという大きいビー玉があるそうです。「これなら家庭用の重石によいかも」と思いました。

 スポンサーリンク

30mmのビー玉を購入してテスト

 とりあえず30mmのビー玉を購入して、重石としてテストしてみました。最初にしたのは水筒の蓋、プラスティック製の蓋のつけ置きの重石としてテストしてみました。

■イメージ画像

 何個もビー玉を使い、プラスティック製の水筒の蓋を沈めることができました。でもこれだと、毎回、複数個のビー玉を拾い上げないといけません。

重石としての機能はしているのですが使いにくいと思いました。

重石袋というアイデア

 なんとなくビー玉を一塊にして、扱いやすい重石にできないかなと思いました。

そこで思い浮かんだのが、「チャック付き整理パックにビー玉を複数個詰め込んで一つの重石袋にしてみては」と思いました。これなら一塊で扱いやすいと考えました。

(整理パックは100円ショップで売っているもので十分です)

■整理パック写真

重石袋のテスト

 整理パックで重石袋を作り、再度、水筒の蓋を沈める重石としてテストしてみました。

今度は一塊になっているので扱いやすく、そこそこの重さがあるので重石としても十分機能して使いやすかったです。

個人的にはビー玉を整理パックに詰めた重石袋というアイデアはよいと思いました。

■イメージ画像

 また、塩素系漂白剤を薄めた水にプラスティック容器を沈めるのに重石袋を使ってテストしてみました。これも扱いやすく使いやすかったです。特に問題ありませんでした。

僕としては、ビー玉を使用した重石袋というアイデアは合格点です。

■イメージ画像

個人的な30mmビー玉の感想

 初め大きさ30mmのビー玉、40個を約1000円で購入するとき高いと思いました。また40個も必要かなと思いました。

 スポンサーリンク

 でも、重石袋というアイデアを思いついて複数個の重石袋を作ってみたら、ビー玉が40個くらいあってちょうどよいと思うようになりました。

今では30mmのビー玉、40個、約1000円は家庭用の重石として適度な個数と考えています。また大きさや値段も適度かなと思います。

 あえていうならビー玉なので鉄のような重さはありません。ちょっと重さ的に物足りなさを感じます。でも簡単なものなら沈められます。問題ないです。

30mmビー玉のご紹介

 僕が購入した30mmビー玉を自分なりに紹介したいと思います。最初、「ビー玉40個は多いな」と思いました。でも使っているうちに、ちょうどよい個数かなと思いました。

また30mmという大きさも適度かなと思いました。

 商品はラクダの絵柄が描かれた箱に入っています。デザインよいと思います。また箱の大きさは大きくもなく小さくもなくといったところです。(2Lのペットボトルと比較)

 自分は透明なビー玉を購入しました。シンプルでよいと思います。

 色つきのビー玉もあるそうなのでこちらもオシャレだと思います。

 スポンサーリンク

 僕の30mmビー玉についての簡単なご紹介でした。

まとめ

 30mmのビー玉を整理パックに詰めて重石袋を作ると家庭の家事で適度な重石になります。これが僕が考えた安くて安全、そして使いやすいオリジナルの家庭用重石です。

家庭のいろいろな場面で使えると思います。家庭用の重石で悩んでいる方の参考になればと思います。

●最後まで読んでいただきありがとうございました。

おしまい

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告