水筒のフタをつけ置き洗いするのに便利な方法と重り(重石)

(階層カテゴリ:水筒洗い・水筒除菌/全般)
●おすすめ度:80%
投稿日 15/12/17    更新日 17/02/18
 
 
 みなさん、水筒のフタを食器用洗剤で簡単に洗っているだけではすぐ臭くなりませんか? こんなときはつけ置き洗いをすると汚れやにおいがすぐ取れます。そこで今回は水筒のフタをつけ置き洗いするのに便利な方法と重りについてご紹介します。
 
 
 
 

水筒フタの苦痛

 節約のため、職場に水筒を持っていく人は多いと思います。私もその一人です。そこで気になるのが水筒のフタのにおいです。食器用洗剤で簡単に洗っているだけではすぐ臭くなります。これが悩みの種です。

 スポンサーリンク

浸け置き洗い

 水筒フタの除菌、および洗いには浸け置き洗いが効果的です。手間がかからず除菌できるので便利です。私のおすすめは酸素系漂白剤で浸けることです。
 

浸け置きの課題

 水筒の蓋(ふた)を浸け置きするとき、一つ不満があります。それは水筒のフタが軽いのでプカプカ浮くことです。これだと全体を浸けることができず不満です。水筒の蓋を全体的に沈めて全体を除菌したいものです。

フタを浸ける容器

 私がおすすめする、水筒フタを浸ける容器は100円ショップで売っている容器がよいと思います。値段もやすいし、いろいろなサイズの容器があるので、自分が気に入る容器を購入すればよいと思います。

フタ全体を浸け込む方法

 水筒の蓋はプラスチックなので、水に入れると浮いてしまいます。そこで、簡単に水に沈めて全体を浸ける方法を考えてみました。

◆私がやっている方法

①チャック付き整理パックに穴を開けたものをつくる (穴あけは穴あけパンチを使うと便利です)

 スポンサーリンク

②穴のあいているチャック付き整理パックに水筒のフタを入れる

③水で薄めた漂白剤の中に整理パックを沈め重り(重石)をのせる

この方法だと水筒フタのパーツが複数あってもひとかたまりにして沈めることができ、そして全体を浸け込みできるので便利です。

おすすめの重り(重石)

 水筒フタを底に沈めるのによい重り(重石)はないか少し考えました。また、家の中にあるもので重りの代用ができないか考えました。

そこで思いついたのが以下のものです。重り(重石)の参考にしてください。

①小瓶
②小鉢、小皿
③コップ

これらは比較的、家にあるものなので重りの代用品としてよいと思います。参考までに。 (お金がかからずよいと思います)

まとめ

 いつも水に入れるとプカプカ浮いてしまう水筒フタに不満を感じていました。そこで整理パックにフタのパーツを入れひとかたまりにして、その上に重りをのせれば、簡単に水筒フタを底に沈められると考えました。また、水筒フタを沈める重り(重石)は家の中によくある物で考えました。
 これらのアイデアはお金をそんなにかけず、簡単でよいアイデアだと思います。小さなアイデアですが参考になればと思います。
 
 
●最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告