東京三菱UFJ銀行の通知メール設定の失敗

(階層カテゴリ:暮らしの知識/通知メール設定)
●おすすめ度:80%
投稿日 15/11/06   更新日 17/02/18
 
 
 今回は、東京三菱UFJ銀行のインターネットバンキング、スマホの銀行アプリ、そして通知メール設定について考えたいと思います。


  
 

対象者

 東京三菱UFJ銀行のインターネットバンキング、およびスマホの銀行アプリを利用している人

インターネットバンキング

 今の世の中、自宅にパソコンがある人はインターネットバンキングが便利です。昔でしたら、わざわざ銀行に行き、混雑しているCD機に並び入金しないと行けませんでした。しかし今の時代はインターネットバンキングの普及により、自宅で好きな時間に入金ができて便利です。

スマホの銀行アプリ

 スマホの銀行アプリも便利です。今はワンタイムパスワードはスマホの銀行アプリで確認しないといけません。スマホの銀行アプリでも入金程度なら簡単にできます。

通知メール

 インターネットバンキングをしていると、銀行から通知メールがきます。通知メールは、スマホ銀行アプリの6桁暗証番号通知メール、入出金確認通知メール、銀行からのお知らせメールなど様々です。また、通知メール設定はインターネットバンキング上で設定できます。

万一を考えていなかった

 通知メールはパソコンのEメールしか設定していませんでした。図にするとこんな感じです。

■図1

この状態だと、パソコンとスマホの両方が正常なときはよいのですが…
パソコンが故障などで使えなくなったとき困ります。

■図2

実際、パソコンが数日使えなくなってしまったことがありました。このとき、通知メールを見ることができず、スマホ用の6桁の暗証番号通知メールを見ることができませんでした。そのため、スマホの銀行アプリのログインができず困りました。

そこで、万一パソコンが使えなくなったときのことを考え、以下の対策を取りました。

■図3

銀行からの通知メールはパソコンとスマホの両方で受信できるように設定変更しました。こうしておけば万一、パソコンが使えなくなっても、スマホで通知メールの受信が可能です。

こうしておけば、万一パソコンが故障してインターネットバンキングが使えなくなっても、スマホのメールでスマホ用の6桁の暗証番号通知メールが受信でき、スマホの銀行アプリのログインが可能です。そして、スマホの銀行アプリで入金程度なら簡単にできます。スマホのみでなんとか銀行決済ができます。

■図4

教訓

銀行の通知メールの受信は、パソコンとスマホの両方を設定しておきましょう。その方が万一のときに対応しやすいです。
 
 
●銀行の通知メール設定の失敗についてでした。最後まで読んでいただきありがとうございました。
 
 
おしまい
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告