マイナンバーの恐怖!多額の税金支払いがやってくる

(階層カテゴリ:暮らしの知識/マイナンバー)
●おすすめ度:80%
投稿日 15/10/22   更新日 17/02/17
 
 
 今、倉庫でアルバイトをしている私。働いている人は様々。副業でしている人。年配の主婦の人。独身男性の人。雑誌などでマイナンバーにより多額の税金支払い請求がくると聞いたことはあるけど、本当にくるとは思わなかった。今回はそんなお話しです。
 
 
 
 

まず私から

 まず私ですが、個人で確定申告、またはアルバイト先の会社で確定申告を毎年、きちんとしていたので、私は問題ありません。ちなみに私は40代半ばの独身男性です。

今のアルバイト先

 私は今、倉庫でアルバイトしています。とりあえずこの倉庫ではA社とB社の二つのアルバイト会社が入っています。A社は福利厚生もきちんとしていて確定申告もしています。ちなみに私はA社です。B社はアルバイト料は払うから、国民年金や国民保健、確定申告などは個人でやってねという会社です。B社でも個人で年金や保健、確定申告をきちんとやっている人はいます。でもいい加減にやっている人も多いようです。アルバイトなので私も含めてみんなの年収は200万円台と低いです。

最近のアルバイト先の話題

 最近、倉庫のアルバイトの人達の話題になるのが、税金の支払いの話しです。マイナンバーにより、3年にさかのぼって収入を調べられ、申告していない人は税金の支払い請求がくるそうです。いろいろ話しが飛びかっています。その一例をご紹介します。

 スポンサーリンク

例1:Aさん

 Aさんは50代の男性。本業はトラックの運転手。週4,5日で毎日5,6時間くらい働いている。アルバイト料は月、8~12万といったところ。本業の方はしっかり税金やなんやら支払っているそうです。しかし、アルバイト料は申告していないそうです。そうしたら、3年分調べられ、25万くらい税金支払い請求がきたそうです。いきなり25万、税金支払えといわれたら痛いだろうなと思いました。本人もへこんでいました。

例2:Bさん

 Bさんは50代の男性。私と一緒に勤務している。月25日くらい、1日8~12時間くらい働いている。なので年収は200万円台。この人、年金、保健を一切払っていない。もちろん確定申告なんかしていない。病気したときどうするんだろう?
それはともかく、年金や保険、税金含めて50万くらい税金支払い請求がきたらしい。まあ、今まで何にも支払ってなかったんだから、そのくらい当然だろうと思った。本人は訳のわからない理屈で怒っていたけど。理解できません。

例3:Cさん

 Cさんは60代の女性で主婦。私と一緒に勤務している。月20日くらい、1日8~12時間くらい働いている。なので年収は150~200万円台。老夫婦なので旦那さんも、申告していなかったらしく、2人で70万くらい税金支払い請求がきたそうです。70万といったら軽自動車が買えるよと思いました。ひえ~と思いました。

その他にも、あちこちで税金支払い請求の話しを聞きました。中には大台の100万越えという人もいたそうです。

みんな、11月中に支払えと言われたそうです。

自分はきちんと税金支払っていてよかったと思いました。いやー、みなさんの話しを聞いて税金はつくづく怖いと思いました。ボブ・サップも税金が怖いといっていました。

当たり前ですが、税金はちゃんと払いましょう。そうでないと後で痛い目にあいます。
 
 
●最近話題のマイナンバーと税金支払い請求の話しについてでした。何かの参考になればと思います。
 
 
おしまい
 

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告